古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

年末も「LINEモバイル」と「mopera U」が“二強”か――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較(ドコモ回線12月編)

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/01/20
年末も「LINEモバイル」と「mopera U」が“二強”か――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較(ドコモ回線12月編): ドコモ回線を使う通信サービスの速度を比較 © ITmedia Mobile 提供 ドコモ回線を使う通信サービスの速度を比較

 MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大225Mbps」「下り最大375Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。

 そこで、2015年7月から各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は2016年12月編として、先月のドコモ系MVNOサービス(格安SIM)の通信速度をリポートしたい。au系MVNOサービスやY!mobileについても同時に調査したので、別途記事化する。本企画が格安SIMを選択する際の一助になると幸いだ。

●通信速度の調査方法

 今回、テストを行ったのは以下の19サービスだ。

・IIJmio

・OCN モバイル ONE

・BIGLOBE LTE・3G

・b-mobile(おかわりSIM)

・LINEモバイル

・楽天モバイル

・NifMo

・ロケットモバイル

・FREETEL SIM

・DMM mobile

・U-mobile PREMIUM

・Wonderlink(LTE Iシリーズ)

・Wonderlink(LTE Fシリーズ)

・mineo(Dプラン)

・DTI SIM

・0 SIM

・イオンモバイル

・エキサイトモバイル

・ドコモ(mopera U)

 ドコモ純正回線用の接続サービス「mopera U」を除いたMVNOサービスは計18。いずれのSIMも、LTEの高速通信に対応したものを使っている。その他の調査条件は以下の通り。

・計測端末:ZenFone 3×2台

・計測アプリ:RBB TODAY SPEEDTEST

・計測時間帯:平日午前(8時50分〜)、午後(12時20分〜)、夕方(18時〜)の3時間帯

・計測場所:JR横浜駅西口(午前、午後、夕方)

・計測回数:各時間帯・場所で1サービス、上下3回ずつ(平均値を掲載)

 auやY!mobile回線の速度測定を同じ端末で測定した影響で、ドコモ系MVNOの測定時間に従来より若干遅れが出ている。人力のテストなので、全てのサービスを同時に測定しているわけではないことはご理解いただきたい。

 通信測定のエラー、明らかにありえない速度(理論値超え)が表示された場合は再測定としている。各サービスの測定を開始した時刻は、以降の各時間帯の表を見てほしい。

●午前:おおむね高速! 「mineo」と「イオンモバイル」がトップ争いに

 今回の測定は全て12月27日(火)に行った。この日の天候は「くもり時々雨」。寒冷前線の通過で、天気がコロコロ変わる1日だった。

 午前中は生温かい風が吹いていた。学生は冬休みに入っており、横浜駅前の人出はやや少なめの印象だ。年末年始はさまざまなイベントがあるため、通信トラフィックが急増し、ネットワークも混雑し、通信速度は遅くなりがちな傾向にある。

 さて、午前中の計測結果はどのようなものだろうか。

 結論から言うと、午前中に関してはおおむね問題なかった。

 下り平均速度は、前月4位の「mineo(Dプラン)」が1位を奪取した。下り平均で75.46Mbpsと絶好調だ。ちなみに前月も63Mbps台と速かったが、さらにそれを上回った。

 続く2位は、午前中は好調な傾向にある「イオンモバイル」で、下り平均75.07Mbpsとこちらも見事な速度が出ている。3位には、前月は30Mbps台だった「エキサイトモバイル」がランクイン。下り68.58Mbpsと、速度は前月の倍近くになっている。

 以下、「IIJmio」「BIGLOBE LTE・3G」「b-mobile(おかわりSIM)」「NifMo」「Wonderlink(LTE I)」の5サービスが下り平均で50Mbps台となった。b-mobile(おかわりSIM)は、前回下り平均速度でワーストワンだったが、大きく改善している。

 「LINEモバイル」「楽天モバイル」は平均40Mbps台、「DMM mobile」「mopera U」は下り平均30Mbps台となった。ドコモ純正のmopera Uは、前月は平均75Mbps台で1位だったが、今回は速度が抑えめだ。とはいえ、スマホで使うには十分過ぎる速度だ。

 下り平均で10Mbpsを切ったのは3サービスのみ。うち、「0 SIM」で平均0.8Mbpsと、1Mbps未満の速度となった。人気のMVNOだけに混雑しやすいのだろうか……。同じく知名度の高い「OCNモバイルONE」も、平均6.77Mbpsと振わない。パナソニック系のMVNO「Wonderlink(LTE F)」は、平均9.79Mbpsとなった。これらのサービスがワースト3ということになるが、0 SIM以外はSNSの閲覧・投稿やWebサーフィン程度であれば十分快適に使えるだろう。

 一方、上りの平均速度は下りほどのバラつきはない。1位の「DTI SIM」、2位の「FREETEL SIM」、3位におかわりSIMが、平均20Mbps以上を記録した。前月は上り平均速度でもワースト1だったおかわりSIMが、下り平均速度と同じくトップ3入りを果たした。

 ワーストでも、上り平均速度については6Mbps台を確保。アップロード主体のサービスを使っている場合は、午前中はスマホを使う上でのストレスを感じることは少なそうだ。

●午後:「mopera U」が突出! 2位以下を大きく引き離す

 続いて、ランチタイムの横浜駅前での測定。天候は急変し、テスト前まで強風が吹き荒れる。傘が折れるほどの強風だ。しかし、測定を開始する時には穏やかになり、晴れ間も見えた。一方で、気温は急激に低下した。気温の急低下は、人出に影響するかもしれないがどうか。

 周辺の状況を見渡すと、午前中とはうって変わって冬休みの若者が多い。また、旅行や帰省のためだろうか、大きな荷物を持つ人も目立つ。当然、連絡を取り合う人も多い。もしかすると、いつも以上にネットワークに負荷がかかっているかもしれない……。結果やいかに。

 下り平均速度のトップは、2カ月連続でmopera U。前回とほぼ同じ65.61Mbps(前回は67.19Mbps)を記録し、朝よりも速くなっている。混雑時に強い大手キャリア純正サービス、という構図はかわりそうにない。

 2位も、前回と同じく「LINEモバイル」。MVNOサービスとしては非常に健闘しているものの、下り平均15.42Mbpsと、mopera Uには大差を付けられている。また、前月は下り平均で約57Mbpsを記録したことを考えると、速度がだいぶ落ちているともいえる。今のところ実用上は気にならないレベルだが、MVNOサービスは契約者が増えると速度が落ちる傾向にあることを考えると、今後の速度の動向が非常に気になるところだ。

 3位は、前月4位のFREETEL SIMで下り平均4.96Mbps。前回は下り平均5Mbpsだったので、速度はキープこそできているが、LINEモバイルの方が速い状況が固定化しつつある。4位は、Wonderlink(LTE F)の下り平均4.1Mbps。順位的にはFREETEL SIMに「逆転」された格好だが、結果的には「五十歩百歩」だ。

 5位は「楽天モバイル」の下り平均3.26Mbps。下り平均2Mbps台のサービスはなく、おかわりSIM、DTI SIM、イオンモバイル、エキサイトモバイルが下り平均1Mbps台となった。

 残りのサービスは下り平均1Mbps未満。ワーストワンは平均0.33MbpsのNifMoで、僅差のワーストツーは平均0.34Mbpsの0 SIMだった。ワーストスリーは平均0.5Mbpsの「U-mobile PREMIUM」となった。午前中に引き続き、0 SIMは辛い結果となった。また0 SIMとU-mobile PREMIUMについては、3カ月連続でランチタイムのワーストスリーに入るという不名誉な結果が続いている。もっとも、MVNOの多くも同様に低速なのだが……。

 前回同様に、10サービスが下り平均1Mbps未満と厳しい結果になっている。天候も人出もあまり影響しないのだろうか……? 結局、ランチタイムはMVNOは一部を除いてボロボロになるだけなのか。この編の動向も見逃せない。

 下りとは打って変わり、上りの平均速度はどのサービスも好調だった。トップはやはりmopera Uで、26.11Mbpsを記録した。2位には、上り平均17.1MbpsでNifMoが付けた。下りではワーストワンになってしまったが、上りでは挽回した格好だ。3位は、NifMoとほぼ同じ17.07Mbpsを記録したBIGLOBE LTE・3Gが入った。

 上りの平均速度のワーストワン・ワーストツーは前月と同じく「FREETEL SIM」「エキサイトモバイル」で、速度もやはり前月とほぼ同じ5Mbps台となった。

●夕方:「LINEモバイル」「楽天モバイル」が健闘!

 最後に、18時からの測定結果を見てみよう。

 雨はやんだが、風が強くなり、寒さも増している。しかし、横浜駅周辺の人出は最高潮に達している。なにしろ忘年会シーズンで、そこかしこで謎の歓声が上がる。人混みもすごい。当然、待ち合わせでケータイを使う様子があちこちで見られる。一見するとランチタイム以上に通信が混雑していそうな雰囲気だが……。

 下り平均速度の1位は、LINEモバイルの37.19Mbps。前月も夕方で1位だったが、その時の約46Mbpsより若干落ち込んでいる。とはいえ、十分すぎる速度を確保している。

 2位も前月と同じくmopera Uとなった。速度は下り平均28.27Mbpsで、前月と比べると落ち込んでいる。LINEモバイルにそれと比べると離されたか。

 3位には平均25.88Mbpsの楽天モバイルが浮上。上々の速度といえるだろう。4位は平均13.19MbpsでU-mobile PREMIUMが入った。ここまでが下り平均10Mbps以上を記録したサービスだ。

 5位のFREETEL SIMは平均9.44Mbps、6位のWonderlink(LTE I)は平均7.45Mbps、7位のIIJmioは平均5.74Mbpsと続き、残りは1〜4Mbps台が連なる。

 ワーストワンはまたも0 SIMで、平均0.51Mbpsだった。ワーストツーはロケットモバイルで平均0.95Mbps。ワーストスリーは平均1.12Mbpsの「OCNモバイルONE」となった。

 夕方の計測において下り平均速度が1Mbps未満となったのは、2サービスのみ。前月は1サービスだけだったことを考えると「悪化した」ともいえなくもないが、ランチタイムと比べると速度的な苦しさはそこまで感じられない。夕方の混雑時はランチタイムと比べて大したことがないのか、それとも各社ともに年末に向けて回線や設備の増強をした結果なのだろうか。いずれにしても、今後の計測でも注視していきたい。

 上りの平均速度はについては、多くが10Mbps以上の速度を記録した。トップはLINEモバイルの平均14.5Mbpsで上下ともに好調だ。2位は平均13.24Mbpsでmineo。3位は僅差の平均13.23Mbpsで楽天モバイル。4位には平均12.36MbpsでDMM mobileが入った。

 上りの平均速度のワーストワンは、意外なことにドコモ純正のmopera Uで、平均でたったの1.63Mbps。ワーストツーは平均3.89MbpsのおかわりSIM、ワーストスリーは平均4.44MbpsのIIJmioと、意外な名前が並んだ。午前中やランチタイムと比べると、ワースト勢の結果は良くないものの、上り通信についてはおおむねストレスなく使える傾向にありそうだ。

●まとめ:「LINEモバイル」が依然“主役” 混雑時もそこそこなサービス増加

 毎度のことではあるが、ドコモ純正のmopera Uは混雑時に強い結果を残した。ただし、12月については午前中の速度がそれほど速くなく、夕方の計測では上りのワーストになるなど、「常に最強」とは言いきれない面があることがあるところが難しいところだ。

 10月に加わったLINEモバイルは、3カ月連続でMVNO勢の主役となっている。12月については「いつもより通信速度が抑えめかな?」と感じるものの、通信速度面では「最有力」候補には変わりない。上りの速度を含めると、最も安定して速いサービスだ。

 12月は、他にも活躍するサービスが目立った。午前中はmineo、イオンモバイル、エキサイトモバイルが3強。ランチタイム・夕方という混雑時にはFREETEL SIM、楽天モバイルが健闘した。MVNE(MVNOを支援する事業者)が別の2サービスを同時にテストしているWonderlinkも上位には来るが、LTE IかLTE Fのどちらかがランクインするという状況であり、両サービスを通して安定しているわけではない。

 各サービスの傾向をまとめると以下の通り。

・IIJmio……午前と夕方に期待

・OCN モバイル ONE……速度伸び悩み

・BIGLOBE LTE・3G……午前と夕方、上りに期待

・b-mobile(おかわりSIM)……混雑時も底堅い

・LINEモバイル……安定して高速!

・楽天モバイル……混雑時にも速度期待

・NifMo……午前は強い、昼どきはダメ

・FREETEL SIM……混雑時にも速度期待

・ロケットモバイル……午前のみ速い

・U-mobile PREMIUM……午前と夕方は速い!

・DMM mobile……午前と夕方に期待

・Wonderlink(LTE Iシリーズ)……午前と夕方は速い!

・mineo(Dプラン)……午前と夕方に期待

・Wonderlink(LTE Fシリーズ)……底堅さが魅力

・0 SIM……下りの速度は諦めて

・DTI SIM……底堅さが魅力

・イオンモバイル……朝は良好 混雑時も底堅い

・エキサイトモバイル……朝は良好 混雑時も底堅い

・ドコモ(mopera U)……下りは安定、夕方上りに注意

 終わってみれば、年末という通信条件が悪くなろう時期のテストでも、速度は極端に遅くなることはなく、いつもと変わらない面々が相変わらず強く、そして遅いところはやはり遅いまま、という結果であった。

 ただ、混雑時に低速になりつつも下り平均1Mbps以上を維持している「底堅い」サービスが多かったという印象だ。さすがに大みそかや元旦は通信量が膨大になり低速になるとは思うが、多忙な年末に極端な変化がなかったことはむしろありがたい。

 年が明け、春に近付くにつれMVNOサービスの新規契約も増えるはず。今後の速度の変化、また新たなサービス提供などに注目したい。

 今回の測定結果はあくまで参考データの1つとして役立てていただき、他のさまざまな情報も踏まえて、より良いMVNOを選んでほしい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon