古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

広告収益モデルのフリーWi-Fiでコスト負担減 渋谷駅でトライアル提供 NTT東日本ら

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/12/26
広告収益モデルのフリーWi-Fiでコスト負担減 渋谷駅でトライアル提供 NTT東日本ら: アクセスポイントマーク © ITmedia ニュース 提供 アクセスポイントマーク

 NTT東日本は12月26日、渋谷区観光協会、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTT BP)、マーベリックと共同で、広告収益モデル運営による公衆無線LANサービス「PLAY SHIBUYA Free Wi-Fi」を27日から渋谷駅前周辺でトライアル提供すると発表した。エリアオーナーが負担する導入・運営コストを広告収益で補う事業モデルを目指すという。

 利用可能エリアはJR渋谷駅周辺(ハチ公前広場・青ガエル観光案内所付近)で、SSIDは「-play-shibuya-free」。接続可能時間は1回60分間、接続回数の制限はなし。原宿駅前にも設置を検討しているという。

 NTT東日本とNTT BPが提供する公衆無線LANサービスを活用し、渋谷区観光協会が提供する地域情報、マーベリックが取り扱う各種広告などを、接続時に広告や位置情報連動型情報提供サービスとして表示。その収益で公衆無線LANの運営費用を補う。

 年々増加する訪日外国人が旅行中に困ったこととして、「公衆無線LAN環境の不足」が最も高い比率を占めているという(同社ら)。自治体や商業施設などのオーナーが負担している設置・運用のコストを軽減させる狙い。

 同社らは、今後もサービスエリア拡大を目指し、本サービスを活用した地域活性化やプロモーション、サービス開発に取り組むとしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon