古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

広田レオナ、小嶋陽菜を「ブス」呼ばわりで大炎上! 謝罪するもAKBファンからの批判止まず

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/23 Cyzo

 女優の広田レオナ(51)が22日、自身のTwitterでAKB48・小嶋陽菜(26)について「すげーブスだった」などとツイートし、大炎上する事態になっている。広田といえば、かつては美形の個性派女優として活躍し、元バレリーナという細身のスタイルでありながら112センチ・Iカップの超絶爆乳の持ち主でもある。最近はバラエティーにも進出し、50代を迎えても衰えない美貌で若い世代にも人気があるが、その彼女がなぜ小嶋批判を繰り広げることになったのか。

 広田は「一瞬だけツブヤクシリーズ!すぐ消す!」と投稿。続けて「コジハル…すげーブスだったのに『私ぃ~美形担当なんです~』って…どのつらで言ってんだよと思った。すぐ消すからね!内緒だよ」と書き込んだ。広田と小嶋は08年にドラマ『メンドル~イケメンアイドル~』(テレビ東京系)で共演しており、その際のエピソードを思い出したようだ。程なく、宣言通りにツイートは削除されたが、Twitter上で拡散されて各ニュースサイトでも報じられてしまった。

 炎上を察知したのか、広田は「ま~た酔っぱらって変な事ツブヤイてしまったん。今はきれいになったなと思ってるけど6年前は…そう思ったって事です」と微妙なフォローをしたが、これが余計に火に油を注ぐことになった。

 その後、広田は「泥酔していたとはいえ何てひどい事を。昔から自分の事可愛いと思っている子にブスって言ってしまう。自分の顔が嫌いだからだろうか…醜いばあさんの嫉妬なのかな。日頃から人の悪口はいけません何て言ってるのに…彼女は現場でもいい子で嫌いじゃないし、むしろ好きなのに…最低な自分で、ごめんなさい」と謝罪。さらに「何言うかわかったもんじゃないので暫らく禁酒します」と、酒が原因であることを強調した。

 これでも騒動は全く収まらず、広田のTwitterには以下のような批判が殺到している。

「醜い言い訳するくらいなら最初から書くな」「酒を呑む奴は何でも酒のせいにするのが最低」「言い訳とかいいんでとりあえず垢消せ、それと小嶋陽菜さんに土下座しろ」「51歳でこんなことやって恥ずかしいと思わないんですか」「ネットで悪口書いて一瞬で消すって陰湿すぎます」

 数々の批判に反省した様子の広田は、一般ユーザーからのコメントに返信する形で以下のように釈明した。

「ごめんね。私も彼女のこと嫌いじゃないよ。メンドル見てもらえればわかると思うんだけど。ビューティ担当ってどのツラさげて言ってるんだブス!と言って、『ブス』の愛称でドラマの撮影中、可愛いがっていたんだよ。酔っ払ってたまたま彼女がテレビに出でるの観て昔の事思い出してツィートしちゃったんだね。でも悪意ととられて当然だったね。私も朝見てビックリしたよ。自分の犬にもブスって名前つけるほど可愛いの裏返しなんだけどね。ファンの子達を怒らせちゃって騒がせちゃって、いい歳して面目ない。彼女にも謝るね」

 かなり不思議な言い訳ではあるが、信頼関係があった上での「ブス」ならば愛称として成立しなくもないだろう。実際、同ドラマのメイキング映像を確認すると、広田が愛情を持って「ブス」と小嶋をイジっているのが分かる。しかし、そんな事情を知らない小嶋ファンにしてみれば完全に「悪口」にしか映らず、炎上もやむなしといったところだ。本題と関係ないが「ブス」と名付けられたワンちゃんもちょっと可哀想である…。

 大先輩から突然disられるという不運に見舞われた小嶋だが、一部では「自分がやってきたことが返ってきただけ」との厳しい意見も上がっている。

「AKBの派生ユニット『ノースリーブス』のメンバーである高橋みなみと峯岸みなみに対し、かつて小嶋は『私の引き立て役』と公言していました。今年1月のイベントでも、HKT48のメンバーに『HKTはブスばっか』『来世がんばってください』などと言いたい放題だった。もちろん、愛情表現を含んだネタともとれますが、それは広田の言い分と大差ない。また先日、小嶋は元メンバーの篠田麻里子とのツーショットをネット上にアップしましたが、小嶋はキレイに写っているものの、篠田は『超絶劣化した』『老婆見たい』とネットで話題になるほど写りの悪い一枚でした。篠田本人からも『ちょ!わたしブサ○く』とツッコミが入りましたが、小嶋は画像を消すそぶりなし。自分さえキレイに写っていればいいというスタンスに『悪意がある』『性格の悪さがにじみ出てる』といった批判も起きました」(芸能関係者)

 美女といわれる女性ほど、自分の容姿にも他人の容姿にも厳しいもの。カン違いしている女性に意地悪したくなるのは、20代の小嶋も50代の広田も変わらないのかもしれない。(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

※イメージ画像:『小嶋陽菜1stフォトブック こじはる』講談社

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon