古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

待望の Windows 向けアプリ「Kindle for PC」がついに登場!!

マイクロソフト のロゴマイクロソフト 2015/02/10 12:23

スマホなどと比べて画面が大きく、持ち運びに便利な Windows タブレット。大定番 Microsoft Office をそのまま使えることや、多彩な周辺機器を利用できるなど、多くのメリットを兼ね備えています。また、タブレットの高精細ディスプレイやスタミナバッテリーを活かして、電子書籍リーダーとして利用している人も多いことでしょう。

そんな中、2015 年 1 月に、待ちに待った Windows 専用の Kindle リーダーアプリ「Kindle for PC」がリリースされました。これまでも Web ブラウザ上で Kindle の電子書籍を閲覧できる「Kindle Cloud Reader (以下、KCR)」という選択肢がありましたが、コミック、雑誌、洋書のみの対応で、和書は閲覧できませんでした。しかし、今回の新しい「Kindle for PC」なら、KCR で非対応だった和書、小説なども読むことができます。対応する電子書籍タイトルは、小説からコミック、雑誌など幅広く、なんと全 320 万冊!

もちろん、表示サイズ/文字サイズの変更や、本文検索、辞書参照、オフライン読書など、リーダーとして必要なフル機能を用意。Kindle の売りの一つである、複数リーダー間でのしおり同期機能にももちろん対応しているので、PC で閲覧していた書籍や雑誌の続きを、移動中にタブレットで読むこともできます。

なお、電子書籍リーダーとしてタブレットを使う際は、本体重量と画面解像度のスペックに要注目。長時間手に持っていても疲れない軽さと、文字などを滑らかに表示してくれる画面のきめ細やかさは重要なポイントです。重量の点で優秀なのは ASUS の「VivoTab 8 M81C」。8 型ディスプレイ搭載で約 330 g とこのクラスの製品では最も軽量となります。文字表示の滑らかさを重視するなら NEC「LaVie Tab W TW708/T1S」もおすすめ。なんと、このクラスでは珍しいフル HD 解像度 (1920 × 1200 ドット) のディスプレイを搭載しています。重量も約 370 g に抑えられているので (多くの 8 型タブレット PC が 400 g 台) 、長時間の読書でもストレスに感じることはないでしょう。タブレットを購入する際には自分の読書スタイルに合ったものを選んでみるのもよいかもしれませんね。

「Kindle for PC」は、Kindle の特設 Web サイトにて無償配信中。対応 OS は Windows 7 以降となっています。

■関連リンク

Amazon.co.jp:Kindle for PC
http://www.amazon.co.jp/kindleforpc

<<パソコン&タブレット トップへ戻る

image beaconimage beaconimage beacon