古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

復興取り組む店主の言葉を…展示・販売始まる

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/10 毎日新聞
Photo: 感謝の言葉などがハンカチにデザインされ、展示される「被災地からのことばのハンカチ展」=大阪市北区で2014年5月10日午前10時すぎ、望月亮一撮影 © 毎日新聞 感謝の言葉などがハンカチにデザインされ、展示される「被災地からのことばのハンカチ展」=大阪市北区で2014年5月10日午前10時すぎ、望月亮一撮影

 「いっぱい愛をありがとう」「じーちゃん」「がんばっていくべ!」−−。東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で復興に取り組む商店街の店主らが寄せた言葉をデザインしたハンカチを展示・販売する「被災地からのことばのハンカチ展」が10日、大阪市北区天神橋3の天神橋筋商店街にあるフリースペース「天三おかげ館」で始まった。収益は被災地支援のため、3県の商店街に贈られる。11日まで。

 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が復興支援のため、2011年から全国各地で手掛ける。高田大隅つどいの丘商店街(岩手県陸前高田市)▽陸前高田未来商店街(同)▽七の市商店街(宮城県七ケ浜町)▽夜明け市場・白銀商店街(福島県いわき市)の商店主や地元住民らが寄せたメッセージの入ったハンカチ約220点が並ぶ。

 近くの文具店主、築部健二さん(64)は「こうした被災地支援はずっと続いてほしい」と話し、購入していた。入場無料。1枚1200円。午前10時〜午後8時(11日は午後6時まで)。【山本健太】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon