古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンに見た活動量計の可能性

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/10
心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンに見た活動量計の可能性 © KADOKAWA CORPORATION 提供 心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンに見た活動量計の可能性

 Jabraのトゥルーワイヤレスイヤフォン「Elite Sports」は、心拍センサー付きの高級スポーツモデル。音は大したことはないだろうと高をくくっていたら、1万円台後半の売れ筋機種と互角に渡り合える実力を持っていたのが驚きだった。  機能的にもほぼ満点。1mの水中に30分間没しても平気なIP67の防塵防水性能、イヤフォンを外さずマイク経由で外の音が聞ける「ヒアスルー」、最後に接続したポイントを地図に表示する「ヘッドホンを探す」、ヘッドセット利用時に自分の声をモニターする「側音」、そして単純操作で望みのEQカーブが得られる強力な音楽用イコライザーなどなど。  本格的スポーツモデルとしての機能を持ちつつ、音質的にも言うことなしという完璧に近いイヤフォンだが、問題は価格。e☆イヤホンで3万2800円。はっきり言って、ちょっと高い。  が、このエクストラチャージは他社製品にはない心拍センサーを内蔵している点にある。その心拍センサー周りの機能がどうなのか。前回に続いて、今回は重点的にご報告したい。 耳に装着する活動量センサー  Elite Sportsは心拍センサーに加えて、まるでライフログデバイスのように加速度センサーも内蔵している。これで運動強度と運動量を計測する。  各センサーは右ユニットに内蔵され、心拍センサーはエンクロージャーの下にあるので、計測は右ユニットのみでも使える。その場合、左ユニットはケースの中に収めたままにしておけばいい。 心拍センサーは右ユニット下部に。側面を覆うシリコン製スタビライザーにも、センサー部を露出させるため右には切り欠きがある 心拍センサーは右ユニット下部に。側面を覆うシリコン製スタビライザーにも、センサー部を露出させるため右には切り欠きがある シリコン製スタビライザーを外した様子。センサーのない左ユニット下部はブランクになっている シリコン製スタビライザーを外した様子。センサーのない左ユニット下部はブランクになっている  耳に装着して正しく心拍が検出できると「心拍数を検出できました」という音声が再生され、検出に失敗するとイヤフォンの位置を調整するよう、これも音声でうながされる。トレーニング中にデータの欠測が起きても、やはり同様に調整するようアナウンスがあるので安心だ。  というのも、一般的な心拍センサーは長い間欠測状態にあっても、スマートフォンなどでデータ表示を見るまで気が付かない。音声ですぐにチェックできれば、計測の失敗も減る。  音声ガイドは、トレーニング中のコーチの役割も果たす。走行距離、経過時間、消費カロリー、心拍数、心拍数ゾーン、速度などの運動状態を一定時間ごとに読み上げてくれる。これも、いちいちディスプレーに目を落とす必要がないので、とてもありがたい。  そして、なにより腕時計型のセンサーより素晴らしいのはトレーニング中に好きな音楽が聴けること。しかも、かなりイケてる音で。 フィッティングはスポーツモデル流  ただスポーツモデルだけあって、オーディオ用イヤフォンに比べて、より高い装着安定性が要求される。特に、このイヤフォンは心拍センサーを内蔵しているので、その位置にも留意しなければならない。これはイヤーピースとスタビライザーを交換しながら、最適な組み合わせを見つけていくことになる。  スタビライザーはフィン付き大、フィン付き小、フィンなしの3種が付属。イヤーピースは、通常のシリコンチップと、より遮音性の高いフォームチップがそれぞれ3サイズ付属する。 付属するスタビライザー。左からL(大フィン付き)、M(小フィン付き)、S(フィンなし) 付属するスタビライザー。左からL(大フィン付き)、M(小フィン付き)、S(フィンなし) 付属のイヤーピース。右2列がシリコンチップ。左2列がフォームチップ 付属のイヤーピース。右2列がシリコンチップ。左2列がフォームチップ フォームチップは表面がラバーコートされ、通常のフォームチップより耐久性、装着性の面で優れる フォームチップは表面がラバーコートされ、通常のフォームチップより耐久性、装着性の面で優れる  音楽を聴くだけならフィンなしのスタビライザーと、フォームチップの組み合わせで十分に安定する。音質的にも低域の厚みが適度にあって、私はこの組み合わせが好みだ。しかし、トレーニングのために走り始めると、イヤフォンがバウンドして耳孔の内圧が変化し、音をズンズンと感じるだけでなく、耳の奥に痛みを感じるようになった。  そこで、まずフィン付きのスタビライザーを試し、それでも耳に痛みを感じたので、あえてシリコンチップで気密性を落とすという手を使った。装着感や音質の良し悪しだけでなく、トレーニングの内容次第で、どのレベルでフィットさせるかは違ってくるかもしれない。 腕立て伏せやスクワットの回数もカウント  トレーニングに使う場合は、Jabraが提供する無料アプリの「Jabra Sport Life」が必須となる。心拍データの表示、記録、解析には、このアプリが必要だ。  使い方は、一般的な心拍計のアプリと同じ。最初に身長、体重、年齢といったユーザーのプロファイルを入力し、安静時心拍数を計測。そして最大酸素摂取量のVo2Maxを計測して、フィットネスレベルを計測する。  Vo2Maxの計測というと、心拍の上限ギリギリまで追い込まなければならないハードなイメージだが、このアプリでは、最大心拍数の70%程度で15分間走るだけ。心拍数が足りなければ、スピードを上げるよう音声ガイドが入るので、従えばいい。15分ワンセットのランニングデータを3回取れば初回計測は終わる。 Vo2Max3回計測した最後の結果 Vo2Max3回計測した最後の結果  走ったルートはマップ上に運動強度ごとに色分けして表示される。あとで「あの坂がきつかったんだなあ」とか「このへんでもうへたれちゃってるなあ」というようにコースの地形と時間帯から振り返ることもできる。  ランニングやウォーキングに、クロストレーニングのメニューも豊富にある。難易度の低いところでは、腕立て伏せとスクワットの組み合わせなど。これもトレーニングを始めると音声ガイドが入り、内蔵の加速度センサーで、スクワットや腕立て伏せの回数を自動でカウントしてくれる。 他社製アプリでもバッチリ使える  イヤフォン型の活動量センサーとして考えると、Elite Sportsを使うメリットは明白だ。音楽を聴きながらトレーニングする場合、イヤフォンと心拍センサーを別々に用意する必要がないこと。そして音声で運動状態がわかるので、運動しながら小さなモニターを注視する必要がないこと。  単純なことながら、実際に使ってみると相当に便利だ。ならば普段使っているトレーニング用のアプリでもぜひ使いたいと思うのは当然のことだが、他社のフィットネスアプリでも使えるようだ。たとえばパッケージの裏には「MapMyFitness」や「RunKeeper」など、主要なアプリの名前が並んでいる。  そこで私が普段使っているサイクリング/ランニング用アプリ「Strava」を起動してみたところ、Bluetoothデバイスとして心拍センサーと加速度センサーの両方が認識された(加速度センサーはフッドポッドの扱い)。これは素晴らしい。  これでサイクリングに使えたら最高なのだが、自治体などによっては使うのが難しい。  またElite Sportsは遮音性の高いカナル型とはいえ、ヒアスルー機能で外の音が聞けるのがウリなのだが、残念ながらマイクの風切音が大きい。仮に速度の高い自転車の場合は、おのずとノイズを聞き続けながら走ることになるだろう。逆にヒアスルーを切って右ユニットだけで使うとしても、片耳を高性能な耳栓で塞ぐことになる。仮にイヤフォン装着が取締の対象でなくても、個人的には使いたくない。 Stravaで計測したウォーキング時の心拍数 Stravaで計測したウォーキング時の心拍数  もうひとつ惜しいのは、スマートフォンとBluetoothで接続していなければデータが記録できないこと。データはイヤフォン本体には記録されない。だから必ずスマートフォンのお供が必要になる。そもそもがスマートフォンとの併用を前提にしたBluetoothイヤフォンなので当然なのだが、センサー側にメモリーが載っている、一般的なライフログセンサーのような感覚では使えない。  そして、これも問題とは言えないかもしれないが、Jabra Sport Lifeで記録したデータはスマートフォンのローカルストレージに保存される。ほかのライフログセンサーのように、ネット経由でクラウドに保存するスタイルを採っていない。だからアプリを削除するとデータも消えてしまうので、昔ながらの要領でバックアップを取る必要がある。  それ以外はイヤフォンとしての完成度、心拍計としての成熟度は最初から高く、イヤフォンというよりは高機能なウェアラブルデバイスと言った方が正しいように思えた。外部との接続をワイヤレス化し、ほかのセンサーやアプリを組み合わせることで、イヤフォンはまったく別のものに化ける。そのひとつの方向性を示した製品としても興味深かった。 ■関連サイト Jabra Elite Sport 著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)  1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ

心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンに見た活動量計の可能性

心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンに見た活動量計の可能性
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon