古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

忘れた頃に「キリン淡麗」がゆっくり届くボタン 「Amazon Dash Button」と逆の発想

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/05/08
忘れた頃に「キリン淡麗」がゆっくり届くボタン 「Amazon Dash Button」と逆の発想: ボタンを押すと忘れた頃に「淡麗グリーンラベル」が届くスローボタン © ITmedia NEWS 提供 ボタンを押すと忘れた頃に「淡麗グリーンラベル」が届くスローボタン

 キリンビールは5月4日、ボタンを押すと忘れたころに「淡麗グリーンラベル」の350ミリリットル缶6本パックを無料で届ける「スローボタン」を開発したと発表した。5月21日まで実施している「淡麗グリーンラベル スローボタン プレゼントキャンペーン」の賞品で、抽選で5人に当たる。

 スローボタンは「たまにはスローにいきましょう」をコンセプトにした配送ボタンだ。近年、ボタン1つで日用品が届く「Amazon Dash Button」のように、簡単に注文でき、すぐに宅配が完了する仕組みが登場している。それらは便利な一方、日常生活を慌ただしくしているという見方もできる。そこで、「慌ただしい日常から離れ、たまにはゆっくりしながら豊かな時間を過ごしてもらいたい」という思いでスローボタンを開発したという。

 「いつ来るか分からない手紙を待っていたころのような、ゆっくりとした時間の流れ方を楽しんでいただきたい」(担当者)

 ボタンの利用期間は6月1日から7月31日まで。5回まで「忘れてしまったころに」淡麗グリーンラベルの6本パックが無料で届く仕組みだ。利用するには、本体とiOS 10以降の端末をBluetoothでペアリングし、家庭のWi-Fiに接続すればOK。対応端末を持っていない場合はスローボタン配送時に貸し出すという(利用期間後に返却が必要)。

 なぜ「たまにはスローに」をコンセプトにする商品をゴールデンウイーク中(5月4日)に発表したのか。広報担当者は「グリーンラベルですから、『緑の日』である4日に合わせたいという思いがありました。私のスケジュールが全くスローではなく大変でした」と苦笑していた。

 スローボタンなしでもゆっくり届く「スローな24本セット」もキャンペーンサイトから購入可能だ。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon