古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

念願の1回戦突破なるか、チームLEVEL∞がWoTメーカー対抗トーナメントで激闘!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/23
念願の1回戦突破なるか、チームLEVEL∞がWoTメーカー対抗トーナメントで激闘! © KADOKAWA CORPORATION 提供 念願の1回戦突破なるか、チームLEVEL∞がWoTメーカー対抗トーナメントで激闘!

今年こそ念願の1回戦突破なるか、ユニットコムのチームLEVEL∞が「World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント」に参戦! 今年こそ念願の1回戦突破なるか、ユニットコムのチームLEVEL∞が「World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント」に参戦!  9月21日から24日まで開催中の東京ゲームショウ2017。ビジネスデー2日となる9月22日に、今年も熱い戦いが繰り広げられた。ウォーゲーミングジャパンのブースで開催された「World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント」だ。 「World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント」は9月23日にウォーゲーミングジャパンのブースで開催された 「World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント」は9月23日にウォーゲーミングジャパンのブースで開催された World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント World of Tanks 第3次PCメーカー対抗トーナメント  オンラインタンクバトル「World of Tanks」の推奨パソコンを販売している各メーカーが頂点を目指す本大会では、デル(ALIENWARE)、ツクモ(G-GEAR)、HP(OMEN)、日本エイサー(PREDETOR)、マウスコンピューター(G-Tune)、ドスパラ(GALLERIA)、そしてユニットコム(LEVEL∞)の7メーカーが参加。なお、今回は第1回、第2回を制覇したドスパラを除く6チームがまず争い、優勝したメーカーがドスパラと激突するという方式になった。 司会は鉄平氏が担当 ゲスト司会にはさもさんが登場 司会は鉄平氏が担当 ゲスト司会にはさもさんが登場 トーナメント表 大会ルール トーナメント表 大会ルール 前日深夜まで特訓したチームLEVEL∞がチームPREDETORと激突! チームLEVEL∞のチームリーダーのイイヤマンレッド チームLEVEL∞のチームリーダーのイイヤマンレッド  2016年の大会では1回戦負けとなってしまったチームLEVEL∞。今年はその雪辱を果たすべく、チームリーダーのイイヤマンレッドは、昨年と同じくテクニカルライターの高橋 敏也氏、テクニカルライターの加藤 勝明氏、NVIDIAの高橋 一則氏を招集。リベンジに燃えていた。  なんと昨日の深夜1時ごろまで猛練習をしていたというチームLEVEL∞は、1回戦でチームPREDETORと激突。登場したときはニコニコ(ニヤニヤ?)していたイイヤママンレッドも、席につくと真剣な表情で準備。緊張感漂う中、第1回戦の幕が切って落とされた。 じゃんけんはイイヤマンレッドの勝利。このままバトルにも勝利するのか じゃんけんはイイヤマンレッドの勝利。このままバトルにも勝利するのか 舞台裏では和気あいあいとしていたが、席につくと全員目つきが変わる 舞台裏では和気あいあいとしていたが、席につくと全員目つきが変わる イイヤマンレッドも真剣な表情 イイヤマンレッドも真剣な表情  チームLEVEL∞の車輛は、Maus、E 100、IS-7、T110E3、121、Object 140、T-100LTという編成。対するチームPREDETORは、Maus、IS-7、T57 Heavy、AMX 50 B、T110E-4、Object 140、T-110LTという編成。どちらも軽戦車を織り交ぜた編成で、敵の位置を把握しつつ戦う戦略だった。 両者とも軽戦車を織り交ぜた似た編成 両者とも軽戦車を織り交ぜた似た編成  1回戦のマップは鉱山。守備が若干有利なマップで、攻撃側はどう守備を崩してキャプチャーエリアに入るかがカギとなる。1試合目はチームLEVEL∞が攻撃で、チームPREDETORが守備。チームLEVEL∞は西側に集まり一点突破を図るが、なかなか車輛を2台をキャプチャーエリアに入れることができず、惜しくも敗れてしまった。 最初は半々に分かれて攻めるチームLVEL∞ 最初は半々に分かれて攻めるチームLVEL∞ 途中から西側に集合して一点突破を図る 途中から西側に集合して一点突破を図る キャプチャーエリアに入り、一瞬、いけるか? と思われた キャプチャーエリアに入り、一瞬、いけるか? と思われた 時間が足りない! 時間が足りない!  後がなくなったチームLEVEL∞だが、2試合目は攻守交替。チームPREDETORはスピーディーな展開で勝負を決めにこようとするが、ここはチームLEVEL∞がガッチリガード。また、キャプチャーエリアに入ったチームPREDETOR側の車輛に榴弾を当ててポイントをリセットさせる好プレーで、しっかりと守り切り、2試合目はチームLEVEL∞が勝利した。 幸先よくチームPREDETORの車輛を撃破! 幸先よくチームPREDETORの車輛を撃破! キャプチャーエリアに入ったチームPREDETOR側の車輛に榴弾を当ててポイントをリセットさせる キャプチャーエリアに入ったチームPREDETOR側の車輛に榴弾を当ててポイントをリセットさせる 見事勝利! 見事勝利!  勝敗が決する3戦目は、マップが変わりゴーストタウンに。再び攻撃側となったLEVEL∞は、1台をキャプチャーエリアに入れたり、守備側の車輛を撃破するなど、ついに勝利となるか!? と期待して観ていたが、かなりな接戦となり、チームPREDETORが守り切った。 マップはゴーストタウン。多い遮蔽物をいかに使うかがカギとなる マップはゴーストタウン。多い遮蔽物をいかに使うかがカギとなる キャプチャーエリアへの侵入を試みるも、撃破されてしまう キャプチャーエリアへの侵入を試みるも、撃破されてしまう かなり熱い接戦だったが、惜しくも敗れてしまった かなり熱い接戦だったが、惜しくも敗れてしまった  今年こそは1回戦突破となるかとワクワクしながらみていたが、残念ながら接戦で敗れてしまったLEVEL∞。来年こそは、念願の1回戦突破、そしてメーカーの頂点を目指してほしい。 最後にLEVE∞の推奨パソコン「LEVEL-M022-i5-LNR-WoT」をプレゼント用として贈呈! 最後にLEVE∞の推奨パソコン「LEVEL-M022-i5-LNR-WoT」をプレゼント用として贈呈! 抽選用のカプセルを入れるイイヤマンレッド 抽選用のカプセルを入れるイイヤマンレッド 来年こそは1回戦突破! 来年こそは1回戦突破! ■関連サイト ウォーゲーミングジャパン パソコン工房

念願の1回戦突破なるか、チームLEVEL∞がWoTメーカー対抗トーナメントで激闘!

念願の1回戦突破なるか、チームLEVEL∞がWoTメーカー対抗トーナメントで激闘!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon