古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/23
性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」 © KADOKAWA CORPORATION 提供 性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」

 ゲームを遊ぶ上で最高の環境を考えてみると、欲しくなるのがゲーミングチェア。各社からさまざまな製品が出ているが、新たにサーマルテイクのゲーミング向けブランド「Tt eSPORTS」から登場したのが、この「X Comfort」だ。 Tt eSPORTSのゲーミングチェア「X Comfort」。実売価格は4万8500円前後 Tt eSPORTSのゲーミングチェア「X Comfort」。実売価格は4万8500円前後  ゲーミングチェアといえば、ほとんどの製品が自動車レースのバケットシートを彷彿とさせるレーシーなイメージを強く打ち出してくる。レーサーのバケットシートとゲーミングチェアは「勝つための機能が最優先、しっかり体を固定できるデザイン」という共通項があるためだ。  そんな速さや強さをイメージさせる製品がひしめく中で、本製品の名前は「X Comfort」である。コンフォート、つまり「快適」さを打ち出しているのである。周りはレーサーばかりだから、同じようにクルマ路線だけど本製品は高級セダンみたいな感じなのかな? と、製品ネーミングから勝手に想像してしまうところだ。  そんな想像はさておき、実際に本製品の各部をみていこう。 背面のリクライニングの可動域は85度~160度。めいっぱい倒しこむと背面から座面までほぼ平らになるので、背筋を伸ばしたイス寝りも快適 背面のリクライニングの可動域は85度~160度。めいっぱい倒しこむと背面から座面までほぼ平らになるので、背筋を伸ばしたイス寝りも快適 座面の高さはガスシリンダー式で無段階調整が可能。安全基準ランク最高のクラス4ガスシリンダーを採用し、耐荷重120㎏の高耐久仕様だ 座面の高さはガスシリンダー式で無段階調整が可能。安全基準ランク最高のクラス4ガスシリンダーを採用し、耐荷重120㎏の高耐久仕様だ 椅子の内部は直径22ミリのスチールフレームで構成される 椅子の内部は直径22ミリのスチールフレームで構成される ひじ掛けは高さ、前後、左右、回転の4項目を調整できる4Dアジャスタブルアームレストを採用。ひじ掛け部の幅は広くてしっかり体重分散ができ、体重をかけても痛くならない ひじ掛けは高さ、前後、左右、回転の4項目を調整できる4Dアジャスタブルアームレストを採用。ひじ掛け部の幅は広くてしっかり体重分散ができ、体重をかけても痛くならない キャスターベースはアルミ製で、キャスターは直径75ミリの大径サイズ。静かで滑らかな動作感を持つ キャスターベースはアルミ製で、キャスターは直径75ミリの大径サイズ。静かで滑らかな動作感を持つ 大径キャスターとアルミベースが耐久性と安定性を生むという 大径キャスターとアルミベースが耐久性と安定性を生むという  組み立てはとても簡単。工程の半分は工具を使わずに差し込んでいくだけで済み、工具を使う場面も付属の六角レンチだけで事足りる。  椅子を固定するボルトとワッシャーは出荷時に椅子側の取り付ける位置にあるので、ボルトを間違えて取り付けてしまったり、バラバラにして紛失してしまうという失敗をしにくい。 ボルトがあらかじめ取り付けられているため、説明書とにらめっこしながらネジを探す必要がない。ボルトは付属の六角レンチですぐに外れる ボルトがあらかじめ取り付けられているため、説明書とにらめっこしながらネジを探す必要がない。ボルトは付属の六角レンチですぐに外れる 幅広さと、サポート感のメリハリ加減に感動できる座り心地  組み立てた「X Comfort」に座ってみて、まず最初に感じたのは「ゲーミングチェアなのに広さをすごく感じるなあ!」という、ユッタリとしたくつろぎ感だった。ゲーミングチェアは「姿勢を強く固定してくれる半面、窮屈に感じる部分があるもの」という経験則が、本製品ではまったく当てはまらない。座った瞬間に「広っ!」と声が出てしまうほどだ。  外見をよく見てもらうと解ると思うが、背中やお尻が直接当たる部分は姿勢を調整する凹凸形状のない、とてもフラットな形状なのだ。なので座ってみると特に姿勢を矯正されずに座れる、幅広くて深く座れる大きい椅子といった座り心地なのだ。 表皮はブラックカーボン調のPVCレザー、座面や背面の内部クッションは高密度のウレタンフォームを採用する 表皮はブラックカーボン調のPVCレザー、座面や背面の内部クッションは高密度のウレタンフォームを採用する 広々とした座面と背もたれ。窮屈さを感じない 広々とした座面と背もたれ。窮屈さを感じない  背もたれや座面の大きく盛り上がったサポート部も「単純に座っただけ」でいえば、かるーく身体を支えているのを感じるかな? という具合で、椅子側が強く主張することはほとんどない。椅子に座りながら姿勢を変えるとようやく「サポートが張り出してる部分は体を支えてくれてるね」と気付く程度のもなので、普段使いならゲーミングチェアだというのを忘れてしまえるくらい、サポートや形状による違和感は感じられない。  なお、ゲーミングチェアの表皮は湿度に弱く、汗をかいたまま放置したり、風呂上がりに裸で座ったりして吸湿すると、皮が固くなってボロボロと剥がれ落ちてしまう製品が多い。Tt eSPORTSによると、それを防ぐために湿気を吸っても固くなりにくい表皮を採用しているという。 水に強く剥がれにくい上質PVCレザーを採用する。湿度が多い日本では重要な要素 水に強く剥がれにくい上質PVCレザーを採用する。湿度が多い日本では重要な要素  高密度ウレタンフォームを採用したというクッションは、手で押し込むとやや硬めとも感じるコシの強さのある、しっかりした感触だ。少なくとも「フンワリフワフワしてる」とか「ドカッと深く座ると体が埋まりそうかも」といった、柔らさを連想させる形容詞や感想はまったく出てくる気配がないほどのシッカリ感だ。 手で押し込むとやや硬めとも感じるコシの強さのある、しっかりした感触 スポンジ密度は75kgにのぼり、体をしっかりと支える 手で押し込むとやや硬めとも感じるコシの強さのある、しっかりした感触 スポンジ密度は75kgにのぼり、体をしっかりと支える  だが、実際に座ってみるとクッションが硬いという感触はまったく感じないのだ。体全体の体重を受け止めてるのに、ウレタンフォームはコシが強いため腰砕けにならず、反発力でしっかり支えてくれているなあと感じられるのだ。このシッカリ感のおかげで、柔らかすぎて体が埋もれたり一部分だけに体重がかかることがないので、長時間座ってもお尻や背中が痛くなるようなことがなかった。  単純に座っただけだと「幅広の椅子だなあ」という感覚だが、これがゲームや仕事などでデスクと向き合って作業する状態になると、上記に挙げていた感じていた感覚は一変する。  ゲームで遊んでいる時の自分の姿勢をみてみると、マウスを前後左右に振り回したり、視線の変化で腰上の体重移動もあり、体全体の姿勢も前のめりや後ろに反れたりもする。また、ゲームプレイ中は激しく動くけれども、インターバルではゆっくりした動作だったりと、操作中は緩急があるものの連続して動いている事が多く、ただ単純にボンヤリと座っていることはなかった。  こうしたゲーミングプレイ状況になると、主張のなかったサポート類がしっかりと仕事をしているのをハッキリ感られるのだ。ゲームプレイ中で大きな動きをしても、肩回り、腰回り、大腿部の左右のサポートがあり支えてくれるれているため、姿勢変化の踏ん張りがきく。踏ん張れるとそれだけプレイに集中できる、操作が安定するのを実感できる。  通常時はあまり主張しないのに、肝心なときはさりげなく手を添えてくれる。擬人化した変な例えになるが「普段は自由にさせてくれるけど、いざピンチになると陰でささえてくれる執事」といった雰囲気だ。 サポート類が出っ張りすぎず、ゆったりしているのでくつろげる PCで作業している最中は、サポート類が支えてくれるので踏ん張りがきく サポート類が出っ張りすぎず、ゆったりしているのでくつろげる PCで作業している最中は、サポート類が支えてくれるので踏ん張りがきく 「X Comfort」は座面に隙間がないためゴミが入り込まない。これは衛生的で非常にいい 他社製の多くは指がすっぽり収まるくらいの隙間が空いている 「X Comfort」は座面に隙間がないためゴミが入り込まない。これは衛生的で非常にいい 他社製の多くは指がすっぽり収まるくらいの隙間が空いている 他社製のゲーミングチェアは、座面にあるこの隙間にお菓子のカスやホコリがよく入り込む 他社製のゲーミングチェアは、座面にあるこの隙間にお菓子のカスやホコリがよく入り込む 普段使いでも快適性能をいかんなく発揮寝られるゲーミングチェア!  ゲーミング向けデバイスはゲーム用途に特化しているものの「ゲーム専用」ではない。むしろ、ゲーミング向けデバイスは高性能なので、せっかく買ったら普段使いにも積極的に使っていきたい製品が多い。ゲーミングチェアもまた然りだ。ゲーム用途以外、普段使いの椅子としてのくつろぎ度を見てみよう。  リクライニングは160度、体感的にほぼフルフラットになるまで倒しこめるので、座ったまま寝られる。クルマや電車、飛行機で移動する人なら理解しやすいと思うが、リクライニング角度は快適さに直結する機能だ。 フルリクライニングするとほぼ平らになる。これで足置きがあればもうベットすら不要になるのでは? と思えるほどだ フルリクライニングするとほぼ平らになる。これで足置きがあればもうベットすら不要になるのでは? と思えるほどだ  ランバーサポートが容易に取り外せて凹凸がないフラットな座面なので、仰向けでまっすぐ寝るも良し、涅槃仏スタイルで横向き寝るも良しの、フリースタイル感覚で寝れるいい。また、フレームが強固なので、寝返りをうっても座面がぐらついたりフニャフニャしないので、寝る姿勢を変化をさせても不安を感じさせなかった。 体感的にほぼフルフラットに感じるくらいに倒しこめるので、座ったまま寝られる 体感的にほぼフルフラットに感じるくらいに倒しこめるので、座ったまま寝られる 横向きに寝ても余裕の安定感。背もたれと座面がゆったりしているので寝返りをうつのもラク 横向きに寝ても余裕の安定感。背もたれと座面がゆったりしているので寝返りをうつのもラク 個人的にはテレビを見たりするならこのスタイルがベスト 個人的にはテレビを見たりするならこのスタイルがベスト  リクライニングを最大まで倒した状態でロッキング機能もフリーにすると、足の先が水平よりも上にあがった態勢になるまで倒しこめる。気分はシットアップベンチ(腹筋を鍛えるベンチ)な状態だ。この姿勢ができるのは安定感が高い証明でもある。  安定感が悪いゲーミングチェア製品で同じようなリクライニング最大にすると、バランスが崩れて後ろにゴロンと転倒してしまうのだ。 フルリクライニング+ロッキングフリーで全力で倒すと、足が上がるほど傾けられる。こんな状態でも安定感があり転倒しない フルリクライニング+ロッキングフリーで全力で倒すと、足が上がるほど傾けられる。こんな状態でも安定感があり転倒しない フルリクライニングにしても転倒しないのは、独自の「Zサポートマルチファンクション」を採用しているから。このZ型の台座が安定感を高めている フルリクライニングにしても転倒しないのは、独自の「Zサポートマルチファンクション」を採用しているから。このZ型の台座が安定感を高めている 同じ価格帯の他社製チェアはT字型。これだとフルリクライニング時にふんぞりかえって転倒してしまう 同じ価格帯の他社製チェアはT字型。これだとフルリクライニング時にふんぞりかえって転倒してしまう  座面サポート部の盛り上がりが激しくないため、あぐら姿勢をしてもサポート部が邪魔にならない。オフィスでそんな座り方はしないけど、家の中ならあぐら姿勢で座ったほうがくつろげる場面も多いはずだ。 好みの差かな…とは思うものの気になる点も挙げてみる  ユーザーの好みによっては、本製品は物足りなさを感じる部分が出てくる。幅広い座面でゆったり座れるということは、逆を言えばカッチカチのホールド感はない。また、ランバーサポートの位置がベルトで固定できないので、腰をクッションでしっかり支えて背骨をS字に反らす姿勢を好むユーザーには、少しもどかしい部分がありそうだ。  仕様面で唯一気になったのは、リクライニング調整レバーだ。リクライニングは右手側にあるレバーで操作するのだが、レバーと座面のプラスチックカバー部のクリアランスが狭く、指をはさんでしまう可能性がある。強くはさむと痛い思いをするので、レバー調整時は乱雑に操作しないほうがいい。 500 500 ゲームプレイアビリティの追及と、普段使いの優しさ 両方の「快適さ」をイイとこ取り!  ゲームプレイ用途だけに注目すれば、しっかりと体を固定して態勢が踏ん張れて、体格や好みに合わせてキメ細かく設定できるタイプのゲーミングチェアが最高だ。ゲーミング特化したものを求めるユーザーには、本製品はヌルさを感じるかもしれない。しかし、ゲーミングに特化した椅子は、普段使いにも兼用したい椅子としては最強仕様ではない。  普段使いも考慮すると「ゲーム中の姿勢はしっかりサポートして欲しいけど、ゲームばかりする訳ではないので常にガチガチに固定されたり窮屈なのはイヤ」という、ワガママな要求ではあるが、こう思うのが当然だ。  激しく動くときは締める、でも普段はユックリくつろげる、椅子本来の家具的な優しさも求めたいというユーザーには「快適さ」を強く打ち出した本製品は、いいとこどりの最適解といえそうだ。 ゲームだけではなく、普段使いとしても快適さを求める人に「X Comfort」は最適だ ゲームだけではなく、普段使いとしても快適さを求める人に「X Comfort」は最適だ 【関連サイト】 Tt esports 製品情報 【機材協力】 アスク

性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」

性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon