古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

惜しいあと1人 ダルビッシュ無安打無得点逃す

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/10 12:55 毎日新聞

 【ミルウォーキー田中義郎】米大リーグ、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)が9日(日本時間10日)、テキサス州アーリントンの本拠地で、昨年ワールドシリーズを制したボストン・レッドソックスとの試合に先発登板。九回2死まで無安打無得点の快投を続けたが、ワールドシリーズで最優秀選手を獲得したオルティス選手(38)に右前打を浴びて、目前で快挙を逃した。ここでダルビッシュは降板して完封もならなかったが、試合は8−0で勝った。

 ダルビッシュは2013年4月のヒューストン・アストロズ戦でも九回2死まで完全試合の快投をしたが、27人目の打者にヒットを打たれたことがある。

 日本投手では野茂英雄氏がドジャース時代の1996年9月17日と、レッドソックス時代の01年4月4日にノーヒット・ノーランを達成したことがある。

 ◇「毎回こういう投球ができれば…」

 ダルビッシュ (投球中は)ノーヒット・ノーランやなと思っていた。毎回こういう投球ができれば、チームもファンも安心できると思う。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon