古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

指原莉乃、号泣で“クラブ潜入”ロケ中止! 「企画者が悪い」「話題づくりの嘘泣き」と物議

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/07/11
© Cyzo 提供

 7月9日深夜、バラエティ番組『真夜中』(フジテレビ系)のロケでHTK48・指原莉乃が人生で初めてクラブを訪れる様子が放送された。しかし指原が号泣してロケが中止になってしまい、視聴者からは「くっだらない企画」「仕事なんだから泣いて済ますな!」といったさまざまな意見が上がっている。

 『真夜中』は、指原とリリー・フランキーが深夜の街をロケするロードムービー的ドキュメンタリー・バラエティ。同放送では、指原とリリー、ヒップホップミュージシャン・高木完、DJ・田中知之が渋谷のクラブに潜入する様子が放送された。

「大音量で音楽が流れるクラブに入った4人は中を少し散策した後、ステージ上でダンスを披露していた女性グループに個室でインタビューを敢行しました。しかし、そのあと映像は突然リリーが1人で話す場面に切り変わることに。リリーは『予定ではクラブに何軒か行った後、“フォーチュンクッキー”を流してもらって、みんなで踊ることを計画していた』『指原が酔っ払いの人に絡まれて泣いてしまいロケが中止になった』と明かしました。このニュースがネット上に拡散されると、『酔っ払ったパリピは確かにこわいよね』『絡まれるくらいで済んでよかったと思うよ』『クラブに行かせた企画者が悪い』と指原に同情する声が上がった一方、『クラブの雰囲気が怖いのはわかるけど、そんな弱い精神の持ち主だっけ!?』『なんか嘘くさい』といった批判的な声も出ています」(芸能ライター)

 以前、指原は『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際にも涙を流し、視聴者をザワつかせたことがある。

「同番組では、“指原はブスなのか? ブスじゃないのか?”というテーマの企画を実施。くりぃむしちゅーの上田晋也が“ブス派”と“ブスじゃない派”の2チームにメンバーを独断で分けました。その後、討論を繰り広げようとしたところ、ネプチューン・堀内健が、指原に『こっち向くなブス!』と執拗に攻撃すると号泣。この放送を見た視聴者からは『指原のことは好きじゃないけど、これはやりすぎ』『芸人枠でもないのに可哀想』といった声、一方で『自虐ネタに使うのに、こういう時だけ泣いてあざとい』『ブスキャラで売ってたのは自分じゃん。何泣いてんの?』といった声が上がり、こちらにも波紋を呼びました。AKBを陰で牛耳る存在というイメージも強い指原だけに、こうして折々に涙を見せるのは、『好感度アップや話題づくりのための計算では』ともささやかれているようですね」(同)

 先月18日に開票が行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で史上初の3連覇を達成し、バラエティ番組にも引っ張りだこの指原。果たして彼女の“涙”は本物なのだろうか?

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon