古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

据え置きWiMAX 2+ルーターを2週間ほど“固定回線代わり”に使ってみた

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/04 13:55
据え置きWiMAX 2+ルーターを2週間ほど“固定回線代わり”に使ってみた: 今回紹介する「Speed Wi-Fi HOME L01」(Huawei製) © ITmedia Mobile 提供 今回紹介する「Speed Wi-Fi HOME L01」(Huawei製)

 UQコミュニケーションズ(以下「UQ」)の「WiMAX 2+」に対応するルーターには、バッテリーを内蔵した「モバイルタイプ」と、バッテリーを内蔵せずコンセントからの常時給電で稼働する「据え置きタイプ」の大きく2種類があります。

 普段、5分で知る最近のモバイルデータ通信事情では名前通りモバイルタイプのルーターを中心に取り上げていますが、今回は据え置きタイプの最新モデル「Speed Wi-Fi HOME L01」に注目してみました。

 L01の前から、UQはWiMAX 2+対応の据え置きルーターを発売してきました。しかし、モバイルルーターよりも発売が遅かったり、「キャリアアグリゲーション(CA)」「4×4 MIMO」といった新しい高速化技術への対応が遅れたりと、若干不遇な扱いを受けていました。例えば、下り220Mbps対応ルーターの発売時期を見てみると、モバイルタイプが2015年12月だったのに対し、据え置きタイプは2016年10月でした。

 しかし、L01はモバイルルーターとほぼ同じ時期に「下り最大440Mbps」「上り最大30Mbps」という最新仕様に対応して発売されました。さらに、据え置きタイプとしては初めて「au 4G LTE」に対応し、WiMAX 2+エリア外でもデータ通信できるようになりました。ただし、4G LTEに対応する「ハイスピードプラスエリアモード」で月間7GB以上の通信をすると、WiMAX 2+単独の「ハイスピードモード」を含めて通信速度制限(上下最大128kbps)の対象となるので注意しましょう。

●モバイルタイプの最新モデルと比較

 ここで、同世代のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」「Speed Wi-Fi NEXT WX03」(以下それぞれ「W04」「WX03」)とL01の主なスペックを比較してみましょう。

 上の表を見ると、L01はモバイルルーターと比べて仕様面で特に優れている、という訳ではありません。むしろ、下りの最大通信速度に関しては、ソフトウェア更新適用後のW04の方が勝ります。

 果たして、L01よりもW04の方が“スペック通り”高速に通信できるのでしょうか。筆者は両機種を用意して実測してみました。PCから「Sppedtest.net」に接続し、3回測った平均値を以下に載せます。ルーターの置く位置は窓際固定です。

 表を見れば一目瞭然ですが、下り・上りともにL01の方が高速です。特に、au 4G LTEを併用するハイスピードプラスエリアモードでの下り速度の差は顕著です。一方で、WiMAX 2+単独のハイスピードモードではそこまで大きな差は出ませんでした。

●L01を固定インターネット回線代わりに使ってみる

 若干前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

 L01は据え置きタイプのルーターですが、据え置きということは屋内において使うことが前提です。となると、自宅の固定インターネット回線代わりに使えるのかどうかということが気になります。

 そこで、筆者は約2週間ほどL01で自宅のインターネット接続を賄ってみることにしました。とりあえずした設定は、月間容量制限を回避するための「ハイスピードモード固定」ぐらいです。

 若干とりとめないですが、使ってみて気付いたことを書いていこうと思います。

結論:おおむね問題ない

 先に結論を言ってしまうと、通常のネット利用に関しては何ら問題がありませんでした。自宅のWiMAX 2+の電波状況は良いとはいえない状況でしたが、下りは40Mbps前後、上りは10Mbps台の通信速度が出たので「速度不足で実用的でない」「速度不足でストレスを感じる」といったことはありません。

しかし「3日10GB制限」は“こたえる”

 UQのWiMAX 2+サービスには直近3日間の通信量に基づく通信速度制限があります。直近3日間の通信量が10GBを超えると、超えた翌日の18時頃から翌々日の2時頃まで通信速度が上下最大1Mbps程度に制限されてしまうのです。

 筆者の普段のPC・スマートフォンの使い方では、このしきい値を超えることはありません。従って、L01を固定インターネット回線代わりにしても十分に快適です。

 しかし、ふと以下のようなことをするとしきい値を超えて、実際に速度制限がかかってしまいました。

・「Amazon プライム・ビデオ」で映画を視聴

・PCやスマホのOSをアップデート

・しばらく使っていなかったPCのデータをクラウドサービスと同期

 速度制限が適用された状態でのデータ通信は、とても「快適」とはいえません。Webサイトの閲覧や、TwitterなどのSNS利用も「ややもたつく」感じで、通信を利用するあらゆるサービスの利用が少なからず“こたえ”ます。

 データ通信量が「3日10GB」を超えてしまうことに対する根本的な対策としては、「データ通信量を減らす」「速度制限の対象とならない時間帯に利用する」といったものが考えられます。しかし、仕事から帰ってきた後に自宅で使うことを想定すると、後者はあまり現実的ではありません。極力データ通信量を減らすことが「王道」の解決策になりそうです。

「オフ」にしたつもりなのに光るLED その理由は……

 L01には最近のモバイルルーターのような画面がありません。代わりに、本体のステータス表示用のLEDを備えています。寝室など明かりが気になる場所への設置に配慮して、L01のLEDは設定でオフ(非点灯)にできます。

 ……が、しばらくL01を使っていると、消えたはずのLEDが点滅することがありました。

 その原因を調べてみると、「データ通信量カウンター」で設定していた通信量(直近3日間で10GB)を超えたことが理由であることが分かりました。LEDを消すためには、管理画面でカウンターをクリアする必要があります。

 筆者はデータ通信量カウンターで「直近3日間の通信量を10GB」に設定していたので、LEDが点滅した時点で、通信速度制限の対象となってしまっていました……。「速度制限対象になることを予防する」という目的では効果がありませんでしたが、設定のしきい値を「直近3日間で9GB」といった感じに設定すれば、「無駄なデータ通信を防ごう!」という意識が働くようになります。ただし、もろもろの仕様を正しく理解する必要がありますが……。

設置場所を検討する「手がかり」がもう少しほしい

 L01を固定インターネット回線代わりに使うにあたり、今回は電波が良く入るであろう幅150cmほどある窓のそばに端末を設置しました。そこに至るまでに家の中のいろいろな場所に置いてみましたが、置く場所によって通信速度が大きく変わりました。

 このこと自体は、今までのWiMAX/WiMAX 2+ルーターでも同じです。しかし、L01については「通信品質が良い場所に端末を設置すること」を手助けするツール類は用意されていません。

 一応、L01の正面LEDや管理画面で確認できる「電波強度」を手かがりとすることはできますが、設置場所やPC・スマホとの位置関係を少し変えるだけで通信品質・速度に大きな差が出ることを踏まえると、WX03の「電波インジケータ」に類似する機能がほしくなります。これさえあれば、電波状況の良いところが見つけやすくなり、より快適に使うための手助けになるはずです。

据え置きタイプだからこそ便利な「同時接続最大40台」

 冒頭のスペック比較でも触れましたが、L01のWi-Fi(無線LAN)は2.4GHz帯と5GHz帯でそれぞれ最大20台の計40台の同時接続が可能です。

 普段、モバイルルーターでは同時接続台数をそれほど意識することはありませんが、据え置きタイプではスマホやPCだけではなくタブレットやゲーム機などさまざまなWi-Fi機器を接続することになりますから重要な意味を持ちます。筆者の自宅では、ネットワークカメラ、Amazon Dash Button、Wi-Fi体重計……などなど、最大で同時に20台のWi-Fiデバイスが同時にL01につながっていました。

 Amazon Dash Buttonなど、比較的安価なWi-Fiデバイスは2.4GHz帯のWi-Fiだけ対応している製品が多い傾向にあります。モバイルルーターの場合、現在のところ2.4GHz帯と5GHz帯が例外なく排他となっているので、このようなデバイスを使うとなると2.4GHz帯で使わざるを得ません。

 この点、L01は2.4GHz帯と5GHz帯を同時に有効にできるため、ネットワークカメラなどを2.4GHz帯で使いつつ、スマホやノートPCはより安定して通信できる5GHz帯で使う、といった芸当が可能です。この点は、目立たないながらも固定回線代わりに使う際には重要なポイントです。

 さらに、2つの有線LAN(1000BASE-T/100BASE-T/10BASE-T)ポートを備えているコトもポイントです。デジタルテレビなど、有線LANポートしか備えていない機器の接続に使えます。

●再度結論:「直近3日間で10GB」を超えなければ問題なし

 L01は、「直近3日間で10GB」に抵触しなければ十分に自宅の固定インターネット回線代わりに使えます。ただし、「直近3日間で10GB」を頻繁に超え、かつ18時頃から翌日2時頃までにデータ通信を良く使う人には不向きです。

 UQの説明によると、WiMAX 2+のトラフィック(データ通信量)のピークは夜時間帯にあります。そのことと「インフラ投資と料金のバランス」などを考慮すると、短期的にこの制限を緩和することは難しいでしょう。しかし、トラフィックが増える一方であることも事実です。インフラの増強を行いつつ、長期的には速度制限が緩やかになっていくことに期待したいです。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon