古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新社会人お待ちかね! 失敗しない賢い初ボーナスの使い道

マイクロソフト のロゴマイクロソフト 2015/06/22

新社会人の多くの方が楽しみに待っている「初ボーナス」。業種や職種で差はありますが、 5 万円 ~ 10 万円が平均額のよう。気が付いたら、「全部、生活費に消えていた!」なんてことにならないよう、しっかりと考えて使い道を決めたいものです。そこで今回は、初ボーナスのおすすめの使い方を紹介していきます。

●初ボーナスは感謝を込めてプレゼント派

これまでの感謝を込めて、初ボーナスは両親へプレゼントを贈りたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか? お酒や、グラスなど記念になるものや、食事や旅行に連れて行くなどが定番のプレゼントですが、いざ、自分が贈り物をするとなると一体何をあげたら喜んでもらえるのか悩んでしまう・・・という方におすすめなのが、両親に欲しいものを選んでもらえるカタログギフトです。最近では、“モノ” だけでなく ”体験” を商品としてプレゼントできるものなど様々な種類のカタログが登場していますが、ここで是非チャレンジして欲しいのがひと手間加えたオリジナルカタログの制作。既に売られているカタログをプレゼントするのもいいですが、両親の好きそうなものや、プレゼントしたいものの画像を集めて自作のオリジナルカタログを作ってみましょう。両親のためにチョイスした商品と合わせて、「1 日親孝行券」などプライスレスなオリジナル商品も盛り込んでみれば、喜ばれること間違いなし。いつもはなかなか伝えられない感謝の気持ちと合わせて素敵な贈りものをプレゼントしてみてください!

⇒オリジナルカタログも楽々作れる Office 搭載の PC はこちら

●将来のためにコツコツ貯金したい派

ボーナスの使い道ランキングなどで、どの世代でも常に上位に位置するのが「貯蓄」。特に社会人 1 年目は、貯金までほとんど手が回らず、せめてまとまったお金が入るボーナスは ”これからに備えて蓄えておきたい!“ と考えている人も多くいるはず。とは言っても、本当はボーナスだけでなく日頃からコツコツとうまく貯蓄ができたらいいな・・・というのが本音ではないでしょうか? 今回はそんな方々の救世主になるかもしれない画期的な貯金アイテムをご紹介します。

現在は US 版でのリリースですが、日本でも注目を集めている「Digit」という貯金アプリ。このアプリのすごいところは、独自に開発されたアルゴリズム。それによって口座の残高、翌月の収入や支出の傾向などから貯蓄額を自動で割り出し、普段使っている銀行口座から、2 ~ 3 日おきに日常生活に支障がない程度の金額を “こっそり” 自動で貯金用の口座に移動させてくれるというもの。このシステムのおかげで知らない間にお金が貯められていくのです。これなら貯金が苦手な人でも、気がついたら “海外旅行の資金が手元に!” なんてことになっているかもしれません。日本版のリリースが待ち遠しいですね!

●次のボーナス UP を狙うしたたか自己投資派

初ボーナスを貯金するのもいいですが、スキルアップのために資格取得やセミナー受講を考えている方もいるのではないでしょうか? 平均年収が約 1000 万の 30 代の社会人の方に行ったとある調査 (※) では、20 代のお金の使い方は “貯金よりも将来のために自己投資に使うべき” と答えている人が 85 % にも。デキる先輩社員は、新しい人脈作りのためにお金を使ったり、仕事を効率的にこなすために最新のツールや持ち物へ投資したりすると ”結果的に稼げる人になれる“ と考える人が多いようです。同期のライバルたちに差をつけて、次のボーナスや 2 年目の給料アップを狙っているならば、1 日でも早く ”見習い“ から卒業しなくてはなりません。ずばり、ビジネスパーソンとして一人前になるためのキーワードは「生産性」。限られた時間の中で「生産性」を高めるための自己投資が最新の PC の導入です。

最近発売された Surface 3 はタブレットにもノート PC にもなる 2 in 1 タイプで、持ち運びもしやすいサイズ。また、LTE 内臓モデルなので、これがあれば、メールのチェックや簡単な作業がいつでもどこでもでき仕事の生産性を上げてくれます。自然な書き心地を実現してくれる専用のペンも合わせて使えば、付箋にバラバラと書いていたメモなどもすべてデータ化でき仕事がグッと早くなります。周りよりも稼げる人になれるかどうかは、初ボーナスの使い方次第で大きく変わりそうですね!

(※) 株式会社ビズリーチ調べ 2015.03.12
http://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2015/0312.html

⇒Surface 3 製品詳細はこちら

⇒イケてるビジネスマンが使っているノート PC はこちら


<< Surface トップへ戻る



image beaconimage beaconimage beacon