古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新MacBook Proで「Touch Bar対応Office」を試してみた

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/02/21
新MacBook Proで「Touch Bar対応Office」を試してみた: Office for Mac 2016のアップデートにより、新MacBook Proの「Touch Bar」でOfficeのさまざまな機能が利用可能になった © ITmedia PC USER 提供 Office for Mac 2016のアップデートにより、新MacBook Proの「Touch Bar」でOfficeのさまざまな機能が利用可能になった

【連載】鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:

 Appleが2016年10月に発表した新型「MacBook Pro」は、キーボード最上段を状況に応じて表示内容が変化する「Touch Bar」に入れ替えて話題を集めた。

 現状ではApple純正アプリケーションを中心に対応が限られているTouch Barだが、サードパーティーも準備を進めており、徐々に活用できるシーンが増えつつある。WindowsだけでなくmacOSの世界でも重要な生産性向上ツールとして認知されている「Office for Mac 2016」についても、2月16日のアップデートで正式対応となった。

 Microsoftが行っているユーザー参加型の開発協力プログラム「Office Insider Program」に登録している方は既に事前配布されているバージョンで試したかもしれないが、一般ユーザーはこのタイミングで正式に利用できるようになったわけだ。

●Touch BarでOfficeはもっと便利になる?

 実際に新MacBook Proで今回のアップデートを適用すると、Office起動後にメッセージが表示され、Touch Barに対応したことが分かる。

 基本的にはWord、Excel、PowerPointがTouch Barに対応している。Neowinによれば、Outlook向けのアップデートは後ほど行われる予定という。

 WordではリボンやコマンドをTouch Barだけに表示させて、メインのディスプレイには作業中のドキュメントを映し出す「Word Focus Mode」という機能が利用可能だ。Excelでは直前に利用した関数がTouch Barに表示され、ここから関数を選択して手軽に計算が行える。PowerPointではグラフィックス要素の操作にTouch Barを用いることができ、指のスライドでオブジェクトの回転など可能だ。

 3つのアプリケーションを通じてTouch Barの表示は、主に装飾関係の編集機能を呼び出すためのショートカットとなっており、アプリケーション内にあるツールバーの機能を抜き出したものが多い。

 実際に試してみると、Officeでの作業中にあえてTouch Barを使う場面は少ないのだが、Touch Barの操作を慣れていけば作業効率にも影響を与えるかもしれない。

 例えばExcelで編集作業をしていると、カラム追加などのメニューがTouch Barに一発で表示されるため、通常のマウス操作ではいちいちメニューを切り替えたり、深い階層のメニューを呼び出したりするのが面倒なのに比べて、少しは便利という印象を受けた。

 Touch Barでの操作体系はまだまだ過渡期だが、今後はより改良して使いやすい形に進化していってほしいものだ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon