古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新SMAP「新しい地図」が完全勝利か? 飯島VSメリジュリの行方を関係者が予想!

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/09/29 株式会社サイゾー
© TOCANA 提供

 まさに電光石火の一言だろう。9月8日にジャニーズ事務所を退所したばかりの元SMAP・香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎が、3人の公式ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた。“仕掛け人”は元SMAPのチーフマネジャーでジャニーズを石もて追われた飯島三智氏だ。彼女はまだまだ二の矢、三の矢を隠し持っており、一気に大攻勢を仕掛けそうだ。

 ジャニーズ退所後は芸能界の慣習からしばらくは3人が合流することはないとみられていた。だがちょうど2週間経ったところで、「新しい地図」のサイトを公開。3人は飯島氏が代表を務める「CULEN(カレン)」という会社とタッグを組むと発表した。サイト内で発表した動画には、ジャニーズにケンカを売ってるととられてもおかしくないメッセージが並んだ。

 さらにインターネットテレビ局「AbemaTV」で11月2日から5日にかけて72時間生放送特番「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」を放送することも発表。番組に合わせて、3人はそれぞれSNSを開設した。ネット戦略はジャニーズが忌み嫌っていたものであり、それを駆使した戦略というのはジャニーズへのアンチテーゼだ。

「AbemaTVはテレビ朝日とサイバーエージェントが出資する会社。今回はっきりしたのは、飯島氏のバックにはサイバー社の藤田晋社長が付いているということ。飯島氏がジャニーズを辞めた時には、サイバー社への就職情報が流れるほど、かねてから両者の関係は緊密だった。今後も様々な形でバックアップすることになるだろう」とテレビ局関係者。

 CULENには一時、中国のラオックスの資本が入っており、現在も協力関係にあることから、3人は「中国に活路を見出すのではないか?」などとみられてきた。もちろん中国進出の可能性は十分にあるのだが、日本での活動も予想以上に見込めそうだ。

「飯島氏は藤田社長だけではなく、芸能プロダクションの重鎮や映画やテレビに大きな影響力を持つ関係者などに、かなり慎重かつ丁寧に根回ししてきた。そのおかげでジャニーズを退所したら仕事が無くなると思われていたが、まったくそんなことはなさそうだ。3人がそれぞれ持っているテレビのレギュラー番組はジャニーズが取ってきた仕事であり、それこそいつ終わってもおかしくないが、新規のオファーはどんどん舞い込んでいる」と芸能プロ幹部。

 現時点でジャニーズ事務所は飯島氏らの動きをまったく把握できておらず、焦りの色も出ているという。ジャニーズのメリー喜多川副社長に、娘で後継者の藤島ジュリー景子副社長の邪魔になる存在として追い出された飯島氏は、さっそくその剛腕を振るっている。今後の展開が楽しみだ。

※画像は、「AbemaTV」より引用

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon