古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

日本の見通し「安定的」に変更、格付け「A」確認=フィッチ

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/27

[27日 ロイター] - フィッチ・レーティングスは、日本の格付け見通しを「弱含み(ネガティブ)」から「安定的」に変更、長期の現地通貨建て無担保シニア債の格付け「A」を確認したことを明らかにした。

短期の現地通貨建て無担保債の格付け「F1」も確認したとしている。

フィッチは、日本の景気見通し改善で、公的債務の道筋を巡るリスクが低下したと指摘。ただ、債務水準が高いことなどが、格付けを制約していると分析した。

また、外需が予想を上回り、純輸出が前向きな形で成長に寄与し続けるとの見方を示した。

さらに、日銀が将来的に異例の緩和的金融環境から出口政策を講じれば、中期的なリスクになるとも指摘した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon