古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

日本-スコットランド戦などは当日13日朝に判断

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2019/10/10 12:40 日刊スポーツ新聞社
リーチ(手前)とラブスカフニ(2019年10月8日撮影) © 日刊スポーツ新聞社 リーチ(手前)とラブスカフニ(2019年10月8日撮影)

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は10日、都内で会見し、台風19号の接近により、12日に予定されている1次リーグC組のイングランド-フランス、B組のニュージーランド-イタリアの2試合を中止にすると発表した。

この会見で、大会組織委の嶋津昭事務総長は「13日の4試合に関しては、それぞれの会場で詳細に検討した上、台風通過後の安全性を考え、日曜日の朝に判断したい」とした。

13日には日本の1次リーグ突破のかかる可能性が高い大一番、日本-スコットランド戦(横浜)などが予定されている。

出場チーム紹介

初心者のためのルール解説

ラグビーW杯特集はコチラ

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon