古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

日立、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を発売

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2016/10/26
日立、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を発売: ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「Hitachi Virtual Storage Platform F1500」 © ITmedia エンタープライズ 提供 ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「Hitachi Virtual Storage Platform F1500」

 日立製作所は10月26日、ミッションクリティカルシステム向けのオールフラッシュストレージアレイ「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP) F1500」を発売した。

 新製品は、2015年11月に販売開始したオールフラッシュアレイ「VSP Fシリーズ」(「VSP F400」「VSP F600」「VSP F800」)の最上位モデル。大容量(14TB)の独自開発のフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash DC2(HAF DC2)」を採用しており、システムの導入や運用に掛かるコストを抑えながら、高い信頼性とデータアクセス性能を提供するとしている。

 また、複数のストレージを仮想的に1台のストレージとして扱える。複数拠点をまたがる二重化されたシステム環境などでも、ストレージにあるデータへのアクセスがスムーズにできるとし、万一の災害時に正副システムのストレージの切り替えも瞬時なため、ITサービスの継続性を向上できるという。機種が複数のストレージも仮想化技術でVSP F1500のリソースとして使用でき、先に導入した既存のストレージ資産を有効活用できる。

 同社は、ストレージOSの「Hitachi Storage Virtualization Operating System(SVOS)」の機能も強化し、新たにデータの重複排除機能とHDD/SSD向けのデータ圧縮機能を搭載した。HAF DC2も独自に圧縮機能を持つため、SVOSの重複排除機能と併用すれば、データ容量を以前に比べて5分の1以下にでき、データ保管領域を節約できるという。

 VSP F1500と合わせて、HDDとフラッシュ媒体の混在構成が可能な「VSP G1500」も発売された。運用支援するサービスやソフトウェアも提供し、サービスでは、ストレージ導入前のアセスメントで既存ストレージからフラッシュストレージへの最適な移行方法や投資効果を算定する。システム導入後には問題発生を未然に防ぐようにする「プロアクティブ稼働診断」サービスを提供する。

 同時に、ITインフラ運用自動化ソフトウェア「Hitachi Automation Director(HAD)」も機能強化さえ、REST APIを利用した運用の自動化を支援する。インフラ性能監視・分析ソフトウェア「Hitachi Infrastructure Analytics Advisor(HIAA)」を併せて利用することで、システム運用における構築、運用・監視の各フェーズでの運用コストを低減するとしている。

 新製品のラインアップと価格、出荷時期は下記の通り。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon