古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

星野源、恋に翻弄される“先輩”を熱演 『夜は短し歩けよ乙女』予告&アフレコ風景公開へ

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/23 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 星野源主演アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の予告映像と星野源のアフレコ風景が公開された。

 本作は、作家・森見登美彦の同名小説を、湯浅政明監督がアニメ化した青春映画。クラブの後輩である“黒髮の乙女”に想いを寄せる先輩が、恋を成就させようと、個性的な仲間たちと共に京都の街を奔走する模様が描かれる。

『夜は短し歩けよ乙女』予告映像

 この度公開された予告映像では、“先輩”が“黒髮の乙女”に“ナカメ作戦”(なるべく彼女の目にとまる作戦)を実行する模様が映し出されていく。先輩役の星野源、黒髪の乙女役の花澤香菜、学園祭事務局長役の神谷浩史、パンツ総番長役のロバート・秋山など、個性溢れるキャラクターたちが次々と登場する。また、色鮮やかな京都の街を舞台にした先輩の大奮闘と共に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの主題歌「荒野を歩け」も聞くことができる。

 あわせて、星野源のアフレコ風景も公開。アフレコは2月某日に数日にわたり都内で行われ、監督と積極的に意見を交わしながら、身振り手振りを交え臨場感たっぷりに演じたという。早口で話すシーンや独特の言い回しも多い本作。星野は長時間のアフレコにもかかわらず全力で“先輩”を演じ、監督も「まさに先輩がいました」とコメントしている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon