古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

星野源が『MTV VMAJ 2017』で3冠達成 授賞イベントに欅坂46、MONDO GROSSOら出演

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/09/28 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 『MTV VMAJ 2017 -THE LIVE-』が9月27日に新木場STUDIO COASTで開催された。 同イベントは、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード『MTV VMAJ』の授賞式及びスペシャルイベント。各部門の受賞者がそれぞれステージを披露したほか、受賞作品の中から最も投票を集めた作品に贈られる「最優秀ビデオ賞」の発表も行われた。 イベントのトップバッターには、「最優秀ダンスビデオ賞」を受賞したMONDO GROSSOが登場。満島ひかりをボーカルに招いた受賞作「ラビリンス」を、アコースティックアレンジで披露した。続いては今年4度目の受賞を果たした三浦大知。「最優秀R&Bビデオ賞」の受賞について「4 年連続ということで光栄です! いただいたばかりですが、来年もしっかり面白いと思ってもらえるように頑張ります。」とコメントを寄せた。 「みんな元気してるかー!? MTV 出たかったよー」とハイテンションでステージに現れたWANIMAは「最優秀ロックビデオ賞」を受賞。受賞作「CHARM」で会場の温度を上昇させると、続く「Hey Lady」で観客を一気に盛り上げた。さらに今年14年ぶりの新作『KICK!』をリリースしたKICK THE CAN CREWが登場。コール&レスポンスで大合唱が巻き起こった「マルシェ」や新曲「千%」を披露すると、KREVAは「僕らも大人になってキャパが広がったと思います」と語った。 続いて登場したのは、「最優秀邦楽グループビデオ賞」に輝いたももいろクローバーZ。受賞した「BLAST!」について百田夏菜子は、「この曲はスポーツとアイドルの融合ということで、たくさんのアスリートの方が参加してくださいました。皆さまに感謝しています」とコメント。次にステージに登場したのは、特別賞である「Inspiration Award Japan」を獲得したBUCK-TICK。今年デビュー30周年となるキャリアを存分に生かしたパフォーマンスを披露した。さらに、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEがフォーメーションダンスを交えて、「GO ON THE RAMPAGE」、「Lightning」の2曲を歌唱した。 後半はガールズグループのアクトが続々と登場。楽器を持たないパンクバンド・BiSHが「オーケストラ」を声量たっぷりのボーカルとエモーショナルなダンスで届けると、日本デビューを果たした韓国のガールズグループ・BLACKPINKがステージへ。代表曲「BOOMBAYAH」や「As If It’s Your Last」を披露した。 イベントの終盤には、「最優秀ビデオ賞」が発表され、星野源の「Family Song」が受賞した。星野源は同作で「最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞」を獲得、さらに昨年リリースした「恋」で「最優秀振付け賞」に輝き、最多3冠を達成した。星野は会場には現れなかったものの、ビデオメッセージで「めちゃくちゃふざけてて、でもしっかり音楽が伝わってくるという自分の理想のバランスのビデオが作れたのが『Family Song』でした。これからも星野 源のミュージックビデオをよろしくお願いします」と語った。 そしてイベントの最後を飾ったのは欅坂46。「Best Buzz Award」の受賞に対して、リーダーの菅井友香は「まだまだ未熟ですが、たくさんの方に支えていただいて、このような賞をいただけて幸せです」と笑顔を見せながらコメントした。「エキセントリック」「不協和音」の2曲でステージを盛り上げ、イベントのフィナーレを飾った。なお、このイベントの模様はMTVにて10月1日よりリピート放送される予定だ。■星野 源 コメントこの度は『Best Video of the Year』に選んでいただき本当にありがとうございます! 僕は小さい頃からミュージックビデオが大好きで、よく集めて観ていました。思春期の頃、面白いビデオがたくさんあって、いつかこんなビデオを作りたいな、もし音楽家になるんだったらいろんなビデオを作りたいと思っていました。 この『Family Song』で自分が理想としたバランスのミュージックビデオがやっとできたと思ったんです。めちゃくちゃふざけてて、でもめちゃくちゃ音楽が伝わってくるという、自分の理想のバランスで、そして自分の思いやメッセージもしっかりと入っている作品です。そのビデオが『Best Video of the Year』に輝く事ができて、本当に本当にうれしいです。かさねがさね投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。今日は会場に行けないのが悔しいのですが、これからも星野 源、そして星野 源のミュージックビデオを何卒宜しくお願いします。本当にありがとうございました。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon