古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

星野源と藤井隆の共通点は? おげんさんといっしょ、ANNなど共演続く2人の関係を探る

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/06/22 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 ギャラクシー賞5月度月間賞を受賞した、星野源による冠番組『おげんさんといっしょ』(NHK総合)。同番組には父親役の高畑充希、おげんさんちのねずみの声を担当した宮野真守、長男役・細野晴臣のほか、『真田丸』(NHK総合)や『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で星野と共演した藤井隆が娘・隆子として出演したことでも話題になった。番組中、視聴者のくしゃみ動画を募集する「くしゃみを見よう」や、美味しそうな食事の画像・動画を募集する「これ、うまそ~~~!」といった深夜番組のようなゆるいコーナーでニコニコと笑う星野に、藤井は出演者で唯一「全くゴールが見えないわ! 私、こわいわ」と鋭いツッコミを入れるなど、仲睦まじい様子を見せていた。(関連:星野源のダンスを“踊りたくなる”理由 「恋」「SUN」「化物」「夢の外へ」の共通点を考察) 『逃げ恥』の収録中も古田新太とともにアドリブで星野を笑わせたり、とにかく星野と距離感が近かった、というエピソードもある藤井。(参考:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/report/d20160930.html)2人は単なる共演者という域にとどまらず、親友とも呼べるような近い関係を見せている。 例えば、6月13日放送の『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では「源と隆と友近の初夏2時間ぶっ通しカラオケパーティー!」と題して、星野、藤井、友近の3人でカラオケパーティーを開催。藤井はお酒も交え、「恋」や「LOVEマシーン」では服を脱いで加湿器と踊るなど、星野とともに大いに盛り上がっている様子が伺えた。 実は星野と藤井によるカラオケパーティーは、12月にオンエアされた『星野源のオールナイトニッポン』の「源と隆のクリスマス!2時間ぶっとおしカラオケパーティー!」に続き2度目。どちらの回でも藤井と星野は下ネタで盛り上がりながら、「恋」「ナンダカンダ」といった互いの代表曲を歌い踊り、素直にカラオケパーティーを楽しむ様子を見せた。リスナーを星野と藤井のプライベートなカラオケパーティーをこっそりと覗き見ているような気分にさせる、2人の素顔が見える試みだったと言える。 そんな親密な2人に共通するのは“踊る”シンガーであり、俳優としても活躍するマルチな才能を持っているということ。星野も藤井も普段はおどけながら、ステージ上ではキレのあるパフォーマンスを見せるなど、プロ意識の高さを感じさせる。星野は『真田丸』共演時に初めて藤井と話した際を振り返り「すんごい楽しかった」と語り、藤井は星野を「父性本能をくすぐる人」と表現していたのが印象的だった。 選ぶ言葉の端々に豊かな才能を感じながらも2人が何事も自然体で楽しんでいる姿が見えた、『おげんさんといっしょ』と『ANN』。親友であり、よき先輩後輩、そして時に親子のようにも思える近しい関係性を楽しみながら、2人が新たな化学反応を起こすことに期待したい。(村上夏菜)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon