古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

春休み興行を制するのは『モアナと伝説の海』? 『ズートピア』4割増しの驚異的スタートダッシュ

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/16 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 本格的な春休み興行を前に、全国のシネコンが活気づいている。2月末に公開された『ラ・ラ・ランド』は3週目にして興収25億突破を確実に。その翌週に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』も前作を上回るペースで興収を積み上げている。そして、先週末は春休み興行の本命と目されていたディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『モアナと伝説の海』が公開。公開初日の金曜日からの3日間で動員56万9000人、興収7億1500万円という数字を叩き出した。 参考:映画の地上波放送はどう変化? 『日曜洋画劇場』終了とフジテレビ『アナ雪』批判から考える  今年は(昨年12月に公開された)正月映画の伸びがどの作品も今ひとつで、2月の半ばに『相棒-劇場版IV-』が公開されるまで例年に比べて低い水準の興行が続いてきたが、ここにきて、初動だけでなくロングランが見込める作品の公開が3週連続(『ラ・ラ・ランド』『ドラえもん』『モアナと伝説の海』)で続いたことになる。今週末には『SING/シング』、来週末には『キングコング:髑髏島の巨神』と大ヒットが期待できる作品の公開もまだまだ控えていて、興行関係者はほっと一息といったところだろう。  ディズニー・アニメーション・スタジオ、及びピクサー・アニメーション・スタジオの作品の日本での興行は、これまで初動ではそこまで爆発しなくても、二週目、三週目以降に前週比を更新するような数字を上げて、最終的には大きなヒットになるという傾向があった。昨年4月に公開された『ズートピア』も、初週の土日2日間の興収は4億4580万4900円で、公開2週目の『名探偵コナン 純黒の悪夢』に大きく差をつけられての初登場2位だった。しかし、結果的に『ズートピア』は累計興収76.3億円で年間4位。年間ランキングで2つ下の『名探偵コナン』に約13億円もの差をつけることとなった。  そういう意味では、今回スタートダッシュ(動員比で『ズートピア』の142%)をきった『モアナと伝説の海』には、それ以上のヒット・ポテンシャルがあると見てもいいだろう。また、放送後に悪い意味で話題になってしまったフジテレビでの『アナと雪の女王』の地上波初放送、そしてちょうど『モアナと伝説の海』公開日と重なったその翌週の日本テレビでの『塔の上のラプンツェル』といったディズニー作品の地上波放送も、公開タイミングで『モアナと伝説の海』に広く注目が集まることに貢献したに違いない。  局は違うが、ちょうど先日、テレビ朝日の日曜洋画劇場の終了が発表されたばかり。近年の放送頻度や放送作品を見るともはや「洋画劇場」の体をなしていなかったとはいえ、「年に一度か二度しか映画館に行かない層」にはいまだ大きな影響力を持っていたプライムタイムでの洋画の地上派放送。高視聴率が見込めるジブリ作品やディズニー作品の放送は今後も機会がなくなることはないだろうが、各テレビ局が自局製作映画の宣伝に躍起になる状況が続く一方で、それによって失われてきたものに改めて思いを馳せずにはいられない。(宇野維正)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon