古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

本日放送『Love music』でスカパラ特集 尾崎世界観、さかなクン、10-FEET TAKUMAとコラボ

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/10 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 本日3月10日放送の『Love music』(フジテレビ系)にて「東京スカパラダイスオーケストラ・スペシャル」と題した特別コラボステージがオンエアされる。 (関連:スカパラ、ユニコーン、ピロウズ、ノーナ、the GazettE……キャリアバンドの充実示す新作)  東京スカパラダイスオーケストラは、3月8日に約3年ぶりのオリジナルアルバム『Paradise Has No Border』をリリース。番組では、同アルバム収録の楽曲3曲を携え、尾崎世界観(クリープハイプ)、さかなクン、TAKUMA(10-FEET)と共演する。  尾崎と演奏するのは、2015年にシングルとして先行リリースした「爆音ラヴソングfeat.尾崎世界観(クリープハイプ)」。同曲は谷中敦と尾崎が詞を共作し、尾崎の高音ボイスに合わせスカパラ史上一番高い音域で作られたという。  さかなクンとは、アルバム表題曲の「Paradise Has No Border feat.さかなクン」を披露する。さらに、トークコーナーにもさかなクンが登場。学生時代は吹奏楽部に所属し、音楽ルーツは全てスカパラだというさかなクンが、スカパラ談議に花を咲かせるとのこと。  また、TAKUMAとは「Samurai Dreamers〈サビレルナ和ヨ〉feat.TAKUMA(10-FEET)」を披露。同曲はTAKUMAと共にボーカルを務める谷中は初めてラップに挑戦したという。なお、東京スカパラダイスオーケストラとTAKUMAの共演は「閃光 feat.10-FEET」以来2度目となるが、TAKUMAが地上波放送で歌唱するのは13年ぶりとなる。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon