古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

李相日、荻上直子、山戸結希……全11作品上映へ 台湾・高雄でPFF特集開催

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/04/07 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 4月8日から5月14日までの約1ヶ月間にわたり、台湾・高雄市にて、PFF(ぴあ・フィルム・フェスティバル)の特集《日本爆裂。獨立時代- PIA影展映畫大賞》が行われることが発表された。  PFFとは、“映画の新しい才能の発見と育成”をテーマに1977年にスタートした映画祭で、黒沢清や塚本晋也、李相日といった第一線で活躍する監督を輩出するなど、日本映画界の登竜門となっている。本イベントでは、台湾で最も映画に力を入れている高雄市が運営する映画の総合施設・高雄市電影館の企画により、PFFアワード入選作品&PFFスカラシップ作品などのPFF関連作11本を特集する。   会場の高雄市電影館は、台湾のフィルムセンターともいえる、映画の総合施設。約6,700本の映画がアーカイブされ、年間に約300本の映画を上映、約3万人の一般市民が来場する、文化拠点となっている。  また、PFF&ベルリン国際映画祭&香港国際映画祭の共同プロジェクトとして昨年から世界巡回を行っている、8ミリ映画特集「8ミリ・マッドネス!!」は、各地で盛況が続いている。10月の高雄映画祭で上映された同企画でも、大きな反響が起こり、自主映画の歴史が長い日本映画に注目が集まった。この「8ミリ・マッドネス!!」企画の成功を機に、過去には今村昌平監督、大島渚監督らのフィルム上映特集を行ってきた高雄市電影館で、今回の企画が実現することとなった。  上映される作品は、PFFの2000年以降の作品の中から、高雄市電影館が11作品を5つのカテゴリに分けて選出したもの。PFFアワード2016準グランプリほか3賞に輝いた『花に嵐』は、今回が台湾プレミア上映。監督を務めた岩切一空監督とヒロインのりりかが共に会場入りし、舞台挨拶を行う予定。 《PFF特集「日本爆裂。獨立時代- PIA影展映畫大賞」上映作品》 ■「近年最もアクティブな映画監督のデビュー作」 ●第12回PFFスカラシップ作品

『BORDER LINE』(監督:李 相日/2002年) BORDER LINE

・バンクーバー国際映画祭 スペシャルメンション ほか

●第13回PFFスカラシップ作品

『バーバー吉野』(監督:荻上直子/2003年) YOSHINO'S BARBER SHOP

・ベルリン国際映画祭 キンダーフィルムフェスティバル スペシャルメンション ほか

●第14回PFFスカラシップ作品

『運命じゃない人』(監督:内田けんじ/2004年) A STRANGER OF MINE

・カンヌ国際映画祭 批評家週間 4冠 ほか

■「負け犬世代の人々に焦点を当てた作品」 ●第19回PFFスカラシップ作品

『川の底からこんにちは』(監督:石井裕也/2009年) Sawako Decides

・モントリオール ファンタジア映画祭 最優秀作品賞&最優秀女優賞 ほか

●第21回PFFスカラシップ作品

『恋に至る病』(監督:木村承子/2011年) The End of Puberty

・香港国際映画祭 審査員特別賞 ほか

■「成長の甘酸っぱさを描いた作品」 ●PFFアワード2015 観客賞、日本映画ペンクラブ賞

『いさなとり』(監督:藤川史人/2015年) The Name of the Whale

・リマ・インディペンデント映画祭 グランプリ ほか

●PFFアワード2012 入選

『Her Res~出会いをめぐる三分間の試問3本立て~』

(監督:山戸結希/2012年) Her Res - 3 cases in which you will find me in 3 minutes

・ソウル国際女性映画祭出品 ほか

●特別上映

『おとぎ話みたい』(監督:山戸結希/2014年) Like a Fairy Tale

・日本映画プロフェッショナル大賞 新人監督賞 ほか

■「不思議な世界を構築した作品」 ●PFFアワード2013 審査員特別賞

『山守クリップ工場の辺り』(監督:池田 暁/2013年) ANATOMY OF A PAPER CLIP

・バンクーバー国際映画祭 グランプリ、ロッテルダム国際映画祭 グランプリ ほか

●PFFアワード2012 エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)

『かしこい狗は、吠えずに笑う』(監督:渡部亮平/2012年) SHADY

・ニッポンコネクション出品、カメラ・ジャパン・フェスティバル出品 ほか

■「昨年のPFFからの、最も大胆でオリジナルな作品」 ●PFFアワード2016 準グランプリ、ジェムストーン賞(日活賞)、日本映画ペンクラブ賞

『花に嵐』(監督:岩切一空/2016年) The Blooming

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon