古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

東芝、フラッシュメモリ事業の分社検討 「Western Digitalと合弁交渉」報道にコメント

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/01/18
東芝、フラッシュメモリ事業の分社検討 「Western Digitalと合弁交渉」報道にコメント: 東芝の開示より © ITmedia ニュース 提供 東芝の開示より

 東芝は1月18日、フラッシュメモリ事業の分社化を検討していると発表した。手法や時期など具体的な内容については「決定した事実はない」としている。

 同日付の日本経済新聞が、東芝がフラッシュメモリを含む半導体事業を分社し、米Western Digitalから出資を受ける交渉に入ったと伝えた。財務への懸念を払拭し、半導体への投資余力を確保する狙いで、将来の新規株式公開も検討する――などと報じている。

 東芝は同日、この報道に対するコメントを発表。「当社から公表したものではない」とした上で、「メモリ事業の分社化について検討を進めていることは事実」と認めた。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon