古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

東芝、子会社売却完了前にWDに通知へ 米裁判所が両社の合意承認

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/29
東芝、子会社売却完了前にWDに通知へ 米裁判所が両社の合意承認 © REUTERS 東芝、子会社売却完了前にWDに通知へ 米裁判所が両社の合意承認

[28日 ロイター] - 東芝(6502.T)は、半導体子会社の売却が完了する2週間前に米ウエスタンデジタル(WD)(WDC.O)に事前通知することでWDと合意した。

WDは米カリフォルニア州の上級裁判所に同子会社売却の暫定差し止めを請求していたが、同裁判所のカーン担当判事は28日開いた審問で両社の合意を承認した。

東芝からWDへの事前通知により、WDには再度裁判所に異議を申し立てるなど、対抗措置を講じる余地が与えられる。

合意によって、裁判所の管轄権を巡る最終判断も棚上げされた。

WDは6月中旬、東芝は半導体合弁事業の売却についてWDの同意を得る必要があるとして、加州の裁判所に売却の暫定差し止めを申し立てていた。

28日の合意には、東芝が合弁事業売却につながる最終契約を締結する場合、契約締結後24時間以内に公表することや売却完了の2週間前にWDに通知することが含まれる。

合意は、WDが売却差し止めを申し立てている国際仲裁裁判所の仲裁廷開始後60日間有効。

東芝の成毛康雄代表執行役副社長は声明で「実際問題として、今回裁判所が言及した期間に事業売却が完了することは予定していない」と指摘した上で、「今後1─2カ月で構成される見通しの仲裁廷で当社の主張が認められるよう準備を進めている」と述べた。

一方、WDも「われわれは東芝や利害関係者と建設的な協議を進めている。すべての当事者にとって最善の利益となるような解決を引き続き求めていく」との声明を発表した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon