古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松居一代が主張「私は病気じゃない」! 夫・船越英一郎は“パワハラ妻”に悩む夫に呑気に助言

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/30
© Cyzo 提供

 女優の松居一代が30日にブログを更新し、「私は病気にはなっておりません 頭も、お陰様で脳みそは入っています」(原文ママ、以下同)と綴った。

 27日に「1年5ヶ月も尾行され続けているの」と告白し、夜でも電気を消して生活していると明かした松居。30日には、2枚の電気料金の領収証の画像を投稿し、逃避生活を始めてからは電気代が3分の1にまで激減したことを証明。

「この1年5か月 一夜も、電気をつけたことはありません」と改めて説明し、「悪は必ず滅びますね 神様が許すはずがありません」と締めている。「尾行されていることを世間に信じてもらおうと必死の松居ですが、肝心なことは何も綴られていない。読者に助けを求めている印象もなく、行動の意図がまったく見えない。私たちはなぜ、船越家の電気代を見せられているのでしょうか……」(芸能記者)

 不可解なブログの内容はさておき、騒動に伴い、松居のブログはアクセス数が急増。アメブロ芸能人ブログの総合ランキングでは、トップの市川海老蔵と、故・小林麻央さんのブログ「KOKORO.」に挟まれ2位にランクインした(29日時点)。

 一方、夫の船越英一郎は27日、自身がMCを務める帯番組『ごごナマ』(NHK)で、「妻のパワハラ」に悩んでいるという視聴者に対し、「ご主人以外にフラストレーションをぶつける相手がいない。あるいはそれを発散できるものを持っていないと、こういうことになりがちかも」とアドバイス。さらに、「気をつけなければいけないのは、それ(夫からの反論)が奥さんも心地よくて、それを言われたくて、どんどんやったりとかするようになっていく」というパターンもあると指摘した。

「妻の暴走について、いまだダンマリを続ける船越ですが、テレビでは他人の夫婦関係に対し呑気に助言している。それもそのはず、船越と松居の夫婦生活はすでに破綻しており、船越には新しいパートナーといわれる美女の陰も。さらに、松居の連れ子も松居から遠ざかり、船越に懐いている。松居は今、見えざる敵とたったひとりで戦っているのでしょう」(同)

 一向に核心が見えてこない松居のブログ。松居の身に、危険が及ばないことを願うばかりだ。

※画像=『松居一代の開運お財布ふとん』(学研パブリッシング)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon