古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松本人志、吉本が制御不能状態に…宮迫不倫「火消し」を邪魔、続報もみ消し発言が波紋

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/08/30
© Cyzo 提供

「今日は捨て回ですから。裏は『24時間テレビ』やってますから。ただ今回の『24時間テレビ』のテーマが『告白 勇気を持って伝えよう』みたいなんでしょ? どの面下げて宮迫は出ているのかと思ってね。勇気を持って伝えてないもんね」

27日、『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)が続くなかで放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)の冒頭で、ダウンタウンの松本人志はカウンターパンチを繰り出した。 

雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫疑惑が「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたのは今月9日。11日にはレギュラー出演している『バイキング』(同)に生出演し、「一線は超えていない」と不倫を否定、報道を受けて妻には激怒されたものの、同時に励まされたなどと発言していた。 

しかし、22日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)への出演が見送られると、スペシャルサポーターとして出演予定だった『24時間』も降板するのではないか? との噂が流れ、このまま「テレビ界から姿を消す可能性もある」(芸能界関係者)と囁かれていた。

「松本さんは、『バイキング』での生謝罪を受けて、13日放送の『ワイドナショー』でも中途半端に不倫を否定した宮迫さんを追い込む発言をしていました。日テレとしても、今もっとも避けたい“不倫”の疑惑を問い質された宮迫さんを使うのは危険だろうと判断し、『火曜サプライズ』の出演は見送っていたんです。当然、『24時間』も降板の方向で動いたのですが、宮迫の所属事務所である吉本興業との関係から、降ろすに降ろせなかったようですよ」(テレビ局関係者) 

27日、『24時間』放送直後に生放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し、「こんな状態の僕を出させていただいて感謝。最初は出ないほうがいいのかなと思ったけど、出していただいたことによって、いろんな面でほんまに反省できたし、背中も押された」と発言していた宮迫。松本は冒頭の発言のあと、「僕のところに入って来ている情報としては、『文春』の第2弾はなんとかもみ消したらしいですよ」と続け、東野幸治が必死に「情報が間違っています。何にもなかったんです」と否定するなど、それぞれの発言がさまざまな憶測を呼ぶことになっている。

「吉本が『文春』の記事のもみ消しや、『24時間』出演交渉に躍起になっていたのは事実のようです。ただ、吉本の誤算は、松本さんが火消しを邪魔していること。松本さんについては吉本も抑えられないようで、『ワイドナショー』の発言も制御不能。逆に火に油を注ぐようなことになってしまったようです」(同)

『24時間』への宮迫の出演に対し、ネット上では、「宮迫も勇気をもって告白しろ」「宮迫出演させてる時点で萎えるわ 吉本こえー」 「ワイプの宮迫ですら腹立たしい」といった反応が見られた。「単純に、もうポスターも撮って準備も進めていたなか、スケジュール的にも金銭的にも降ろす余裕がなかっただけですよ」(別のテレビ局関係者)といった声も聞こえてくるが、果たして宮迫の『24時間』への出演は吉と出るか凶と出るか――。本当の試練はこれからだろう。(文=編集部)※画像はダウンタウンの松本人志

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon