古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

柚月裕子原作ベストセラー小説『孤狼の血』、東映により映画化決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/07 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 柚月裕子原作のベストセラー小説『孤狼の血』が映画化されることが決定した。 参考:菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね  原作の『孤狼の血』は、『臨床真理』『検事の本懐』などの作品で知られる柚月裕子が2015年に発表した警察小説。暴対法成立以前の昭和63年の広島・呉原市を舞台に、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を担当することになった所轄署捜査二課の新人・日岡が、仁義なき極道の男たちに挑む模様を描く。「第69回日本推理作家協会賞」受賞、「本の雑誌が選ぶ2015年度ベスト10」第2位、「このミステリーがすごい!」(2016年度版)第3位、「第154回直木賞」ノミネートなど、数々の賞やランキングに輝いている。  暴力団組織間の激しい抗争を描いている故、“警察小説×『仁義なき戦い』”と評されており、原作者の柚月は「『仁義なき戦い』なくしては生まれなかった作品。女が入ろうとしても入れない世界だからこそ格好いいというか、憧れました」と語っている。なお、映画化権は各社との争奪戦の末、『仁義なき戦い』の配給を行った東映が勝ち取っている。  撮影は呉原市のモデルとなった広島・呉市で行われる予定で、スタッフやキャストなどは後日発表される。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon