古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

栃ノ心、痛恨の反則負けで3敗目 阿炎のまげを引っ張る

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2019/09/11 17:54 デイリースポーツ
反則負けを喫した栃ノ心=両国国技館(撮影・中田匡峻) © デイリースポーツ 反則負けを喫した栃ノ心=両国国技館(撮影・中田匡峻)

 「大相撲秋場所・4日目」(11日、両国国技館)

 大関栃ノ心(春日野)が、阿炎(錣山)と対戦。反則負けで3敗目を喫した。

 土俵際で相手の頭を押さえるようにはたき込み、阿炎は土俵外へ。軍配も栃ノ心に上がった。だが、すぐに物言いがつき、審判団が協議。その後、「行司軍配は栃ノ心に上がりましたが、曲げをひっぱっており反則で阿炎の勝ちとします」と説明されると、場内が騒然となった。

東京五輪2020特集はコチラ

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon