古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

格安SIMで自宅ネット回線がまかなえるWi-Fiルーター「Aterm HT100LN」を試してみた

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/08/31 06:00
格安SIMで自宅ネット回線がまかなえるWi-Fiルーター「Aterm HT100LN」を試してみた: NECプラットフォームズ「Aterm HT100LN」 © ITmedia PC USER 提供 NECプラットフォームズ「Aterm HT100LN」

 自宅や事務所からインターネットに接続していて、光回線やCATV回線の工事、あるいはトラブルなどで、一時的にインターネットに接続できなくなることがある。予告もなく急に接続ができなくなった場合、また予告があっても回線ダウンの時間が長引けば、作業に支障が及ぶことが必至だ。自宅で仕事をしているフリーランスや、SOHOの事業者にとっては死活問題と言っていいだろう。

 だからといって日ごろからメインとサブ、2つの回線を契約しておき、いざというときに対応できるようにしておくのは、コスト的にかなり厳しい。もちろん、手持ちのスマートフォンやタブレットでテザリングを行ったり、LTE搭載ノートPCを使ったりすれば、簡単な作業はこなせるだろうが、デスクトップPCやNAS、さらには増えつつあるIoTデバイスなど、複数の機器がインターネットへのアクセスを必要としている場合は困りものだ。

 こうした場合の1つの解になりそうなのが、NECプラットフォームズから2017年8月に発売されたSIMロックフリーのWi-Fiルーター「Aterm HT100LN」だ。今回はこの製品の概要と使い方を紹介していこう。

●SIMカードと組み合わせて工事不要のサブ回線を実現

 Aterm HT100LNを分かりやすく紹介するならば、SIMカードと組み合わせて使うWi-Fiルーターということになる。一般的な家庭用Wi-Fiルーターは光回線やCATV回線を経由してインターネットに接続するが、この製品はSIMカードを使ってLTE経由でインターネットに接続する。

 つまり本製品を手元に用意しておけば、自宅の回線がダウンしたときに、手持ちのスマホから格安SIMのSIMカードを抜いて本製品に差し替え、インターネットに接続できるというわけだ。それならテザリングと変わらないのでは? と思うかもしれないが、本製品は有線ポートも搭載しているので、現在使用中のネットワークを丸ごとつなぎ替えて使用できるのが大きなメリットだ。

 回線ダウン時のサブ回線としての用途だけでなく、工事が不要なことから、転居などによる契約の切り替えで一時的に回線が利用できない場合の代替回線としても重宝する。またウイルス感染が疑われるネットワークから一部の機器だけを分離して運用したり、業務用のネットワークとは別に小規模なグループを作って外部とのファイルのやりとりはそちらで行ったりと、アイデア1つでさまざまな用途に使える。

 本体はCDやDVDディスクほどのフットプリントで、背面にはWPSボタンの他、有線LANが1ポート搭載されている。壁掛け用の穴も用意されており、小振りな家庭用無線ルーターといった外観だ。

●初期設定の方法は一般的な家庭用ルーターと同様

 初期設定の方法をざっと紹介しよう。詳細なフローはスクリーンショットを参照いただきたいが、一般的な家庭用ルーターの初期設定方法とそれほど大きな違いはない。相違点は、プロバイダーの設定を行う代わりに、格安SIMの事業者とプランを選択するくらいだが、格安SIMを使っている人はスマホ側で同様の設定を行ったことがあるはずなので、そう問題にはならないだろう。

 以下はiPhoneから設定を行っているが、PCからの設定ももちろん可能だ。

 本製品を緊急用途に使うのであれば、光回線やCATV回線がダウンした時点で、まずは手持ちのネットワーク機器を本製品につなぎ替える。続いて手持ちのスマホで使用している格安SIMカードを抜き、本製品と接続する。これにより、接続先を丸ごとLTE回線に切り替えられる。

 もちろん、本製品専用にSIMカードを新しく契約し、常時装着したままにしておいても構わないが、緊急用途で使うのであれば、手持ちのスマホに装着しているSIMカードをそのときだけ移し替える方が現実的だろう。

 ちなみに本製品はMVNO事業者が販売するケースもあるようなので、その場合はプリセットされている通信事業者およびプランを選択するだけでよい。

●どんなふうに機器をつなぐのが望ましい?

 このクラスの家庭用ルーターとしての標準的な機能は、見た限りではざっとそろっているようで、筆者の用途では特に不足は感じなかった。ただしローカルIPアドレスの変更など一部操作については前述のスマホ向けインタフェースでは行えず、PCで行う必要がある。ないと思った機能が実際には搭載されている場合があるので、初期設定完了後の詳細な設定はPCから行うことをおすすめする。

 手持ちのネットワーク機器を本製品につなぎ替える場合、機器の構成や台数によっても、適したつなぎ方は変わってくる。ノートPCやスマホ、タブレットなど2〜3台程度しか接続していないのであれば、Wi-Fiの設定を開き、本製品のSSIDを探して接続先を変更すればよい。機器の数が少なければこれが最も手軽だ。

 機器の中に有線クライアントが含まれている場合はどうすればよいだろうか。本製品の有線ポートは1基のみなので、そのままだと1台の有線クライアントしか接続できないが、ハブを1台用意し、そこに前もって全てのクライアントを接続しておけば、ハブごとネットワークをつなぎ替えられる。そもそも本製品に有線LANポートが1基しかないのは、こうした使い方を想定していると推測される。

 多数のノートPCやスマホ、タブレットをWi-Fi接続している場合も考え方は同じで、別途アクセスポイントを用意してクライアントは全てそこにぶら下がる形にしておき、アクセスポイントごと本製品につなぎ替えたほうがスムーズだ。この方法だと本製品のWi-Fi機能が使われないままになってしまうが、機器の側でWi-Fiの設定を一切変更することなく、まとめて経路を切り替えるのであれば、こちらの方が圧倒的にスピーディーだ。

 なお、どのケースにおいても気を付けたいのが、固定IPアドレスの扱いだ。DHCP機能で割り当てられたIPアドレスを使っている場合、もとの環境から本製品につなぎ替えた時点で本製品から新しいIPアドレスが発行されるが、もとの環境を固定IPアドレスで運用していた場合、セグメントが異なることからうまくつながらなくなることが予想される。

 本製品のIPアドレスは初期値では「192.168.179.1」という、かなり特殊なセグメントなので、もとの環境で使っていたIPアドレス(例えば192.168.0.*)と同じセグメントへと変更しておき、つなぎ替えた後もそのままのIPアドレスが使えるようにしておくとよい。ちなみにIPアドレスの変更はスマホの設定画面からは行えず、PC向けの設定画面から行う必要がある。

●さまざまな用途で活躍できる1台(2.4GHz/5GHz切り替えはネック)

 以上のように、万が一の回線トラブルをはじめとして、転居や事務所移転にあたっての一時利用、機器の故障が疑われる場合の原因の切り分けなど、さまざまな用途に活躍しうる製品だ。

 中でも、ネットにつながらないと業務が継続できないフリーランスやSOHO事業者にとっては、保険という意味で手元に1台あると心強いだろう。実売価格も1万円台半ばから後半と、一般的なWi-Fiルーターと大差なく、常時利用しない場合であっても十分に許容できるコストだ。

 本製品で残念なのは、Wi-Fiが2.4GHz帯と5GHz帯の切り替え式となっているため、クライアントの中に2.4GHz帯しか対応しない機器があれば、全て2.4GHz帯で統一するしかなくなってしまうことだ。恐らくコストとの兼ね合いだろうが、今回のように既存のネットワークを丸ごとつなぎ替える目的で使う場合、この仕様は少々ネックになる。

 場合によっては、有線ポートに別のアクセスポイントを追加し、2.4GHz帯と5GHz帯を内蔵のWi-Fiとで分担させる方法もありだろう。

 余談だが、個人的に欲しいのは、今回のようにSIMカードのみに対応した製品ではなく、従来のWi-Fiルーターの機能をそのまま備えつつ、さらにSIMカードにも対応した2WAY製品だ。

 国内の製品では、過去にバッファローからUSB接続のデータカードを挿せるWi-Fiルーター「DWR-HP-G300NH」が販売されていたことがあるが、今回紹介したようなニーズが多ければ、そのような2つの回線方式をサポートする製品のニーズもあるはずで、将来的にはそうした製品展開も期待したいところだ。

[山口真弘,ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon