古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/08
業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate © KADOKAWA CORPORATION 提供 業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate

 前回のBorland Internationalでも名前が出てきたAshton-tate。実はこの会社に関してはわりとその経営方針が「悪い意味で」有名である。 Ashton-tateの代表作「dBASE II」 Ashton-tateの代表作「dBASE II」  Merrill R. Chapman氏の著書“In Search of Stupidity: Over Twenty Years of High Tech Marketing Disasters”の第5章では、なぜ同社が凋落したのかを事細かに説明してあり、「この本読んでください」で説明が終わってしまうのだが、それだと編集部から石が飛んできそうなので、きちんと説明したい。  ちなみにこの本、邦訳(「アホでマヌケな米国ハイテク企業―エクセレント・カンパニーを崩壊に導いた、トホホなマーケティング20年史」)も出版されている。 スポーツくじの賭け率計算のために私用で開発したデータベースソフト  Ashton-Tate Corporationの元になるSoftware Plusという会社は1980年に設立された。創業者はGeorge Tate氏とHal Lashlee氏の2人であるが、彼らはすでにDiscount Softwareというソフトウェア小売メーカーと、Software Distributorsというソフトウェアの卸売メーカーを立ち上げ、それぞれうまくいっていた。  この2社があるにも関わらず3社目を作った理由は、新規のソフトウェアを製造・販売するためである。今でこそ、コンビニで自社ブランド製品が派手に売られているが、1980年当時はまだ流通・小売業とメーカーは明確に分かれているのが普通だったので、改めて3社目を興した形だ。  このSoftware Plusを興した理由は、当時マーチン・マリエッタと契約してJPL(Jet Propulsion Laboratory:ジェット推進研究所)で勤務していたWayne Ratliff氏が開発したVulcan、というデータベースソフトを販売するためである。  もともとのVulcanの目的はスポーツくじの賭け率の計算のため(これは本人がスポーツくじが大好きだったらしい)だが、完成させてみたら「市販できるんじゃないか?」と思ったらしい。かくしてBYTEの1979年10月号に、490ドルという価格をつけて広告を出した。 ちなみに“In Search of Stupidity”によればこれは50ドルで販売されたとなっているが、これを見る限り1桁間違えている模様 ちなみに“In Search of Stupidity”によればこれは50ドルで販売されたとなっているが、これを見る限り1桁間違えている模様 画像の出典は、“Internet AchiveのByte Magazine Volume 04 Number 10”  このVulcanは、実際に販売してみるとそれなりに評判が良かったらしいが、Ratliff氏は突如として受注や出荷、サポートといった業務に忙殺されることになった。画像にあるSCDP(Software Consulation Design and Production)なる会社の実体はRatliff氏個人であって、しかもJPLの仕事をしながらの片手間では到底手が回らない。  そこでRatliff氏はTate氏に話を持ちかける。Tete氏とLashlee氏はVulcanに可能性を見出し、ただちに独占販売契約を結ぶ。当時すでにSoftware Plusは存在しており、ここでの販売を考えていたが、問題はSoftware Plusそのものはあまり成功していなかったことで、そこでこのVulcanを大々的に売り上げるべく社名をAshton-tateに、製品名もdBASE IIに変更する。  ちなみにAshton-tateの“tate”はTate氏から取ったものだが、Ashtonの方は架空の名前である。これは、イギリス風の響きがあるということらしい。また、Lashlee氏が名前を出すのを嫌がった、という事情もあるようだ。  またVulcanの方はStar-Trekから取られたらしいのだが、問題は当時Harris Corporationが自社のシステム向けのOSにVulcanという名前を使っていることで、名前の混同を避けるために別の名前が必要になった。  当時Software Plusを担当する広告会社にいたHal Pawluk氏がdBASEという名前を提案、さらに「あたかもSecond Versionで安定性が増し機能が増えたかのように思わせる」目的でIIをつけることも提唱、結果dBASE IIという名前になった。  ちなみにVulcanそのものは、元々JPLで利用されていたJPLDIS(JPL Data Information System)というソフトウェアにヒントを得たものだ。ただJPLDISはUnivac 1108という大型のシステムで動いていたが、Ratliff氏はこれをCP/Mが動く8080/Z80マシン向けにアセンブラで移植した。 データベースソフトdBASE IIの販売で大成功を収める  dBASE IIは1981年に695ドルで発売され、たちまち飛ぶように売れ始めた。dBASE IIそのものは、強いて言えばカード型に分類される単なるデータベースシステムであったが、当時同等のものは他になかったため、たちまちWordStarやVisicalcと並ぶ、ビジネス用必須アプリケーションの座にのし上がる。  さらに同社はRatliff氏に加えてもともとJPLDISを開発(ちなみにJPLDISはFortranで記述されていたそうだ)した上級プログラマーのJeb Long氏も雇い入れ、dBASE IIの開発とIBM-PCへの移植を行なう。  このIBM-PCへの移植は大成功を収めた。IBM-PC版は1982年9月に発売されたが、前年(1982年1月締め)の決算は370万ドルの売上に対して31万3000ドルの営業損失だったのが、1983年1月〆の決算では110万ドルの利益がでており、さらにこの後急速に売上と利益を増やしていく。  その一方で経営陣にもいろいろ変化があった。まず会社組織であるが、Software PlusがSPI Holdingという持ち株会社となり、この下にDiscount SoftwareとSoftware Distributors、それとAshton-tateの3社が子会社のようにぶら下がる構造になった。  そのAshton-tateの取締役会議長兼CEOとして、1981年にDavid C. Cole氏が就任する。Cole氏は1982年、Rod TurnerをOEMセールス部門(後に全世界の営業のトップ)として招き、彼の下で売上は急速に伸びた。特にIBM-PC版の発売後の売上は目覚しく、1982年には英国拠点を設立してヨーロッパ全体に販売する。  なんでもTurner氏はこの英国拠点に対して毎月15%の売上げ増のノルマを課したらしいが、設立後18ヵ月に渡りこのノルマは達成できたというから恐ろしい。同社はこれに続き、ドイツおよびオランダにも販売拠点を設けている。  こうした順調な売上げ増加のおかげで、同社は1983年11月には株式上場も行ない、この時点での従業員数は228人に達している(ちなみにRod Turner氏は12番目の社員である)。  これに先立ち、SPI Holdingが名前をAshton-tateに改め、持ち株会社兼dBASEの開発販売会社となり、その傘下にDiscount SoftwareとSoftware Distributorsを抱えるようになったのは、株式公開のためであろう。1984年1月の決算では、売上が4300万ドル、営業利益も530万ドルに達している。 後継のdBASE IIIに批判が殺到するも神対応で逆に売上を伸ばす  さて、話がおかしくなるのはこのあたりからだ。1984年8月、Tate氏はわずか39歳の若さで、心筋梗塞で逝去する。このため、SPI HoldingがAshton-tateになった段階でいったんはCEOを降りていたCole氏が暫定CEOとなるが、彼も1984年10月に辞任。後任としてCole氏が指名したのは、VisiCalcでマーケティングを担当していたEd Esber氏であった。  これに先立つ1984年5月に発表され、7月に出荷を開始したのがdBASE III Version 1.0である。ただこのdBASE III Version 1.0は非常に多くのバグを抱え、かつ性能はdBASE IIに劣るということで、非常に多くの批判を浴びることになった。  理由の1つは、このdBASE IIIがアセンブラの代わりにC言語で記述されたということだったらしいが、幸いにもバグの主なものを改修したVersion 1.1が11月に投入されることで、性能はともかくして批判の大半はおさまった。  性能の方はというと、この時期はPCの性能が急速に上がっていった時期でもあるため、すぐにそれほど問題にならなかった。  これに続き社内の開発陣はdBASE III Version 2.0の開発に取りかかり、これは1986年初めにdBASE III+として発表されるものの、リリース直前にリコール騒ぎとなった。理由はdBASE III+本体ではなく、フロッピーに施された不正コピー防止用のソフトの誤動作、というあたりがやや情けないところだ。  ただ、リコールへの対処やその後リリースされたdBASE III+のバグ修正などで、むしろ同社の対応が良いと評判になり、この結果としてdBASE III+はdBASE IIに負けないほどのヒット作となり、1987年1月決算では3億1800万ドルもの売上がたつことになる。 dBASE III+ dBASE III+ サードパーティーを締め出し多角経営も失敗するなど社内が大混乱  ただし社内は大変なことになっていた。まずdBASE III+の開発が始まる直前にRatliff氏はAshton-Tateを辞めている。これはEsber氏が社内パーティーなどでRatliff氏に会った際に「彼(Ratliff氏)は、会社の警備員と同じくらい会社にとっては重要である」と、面と向かって言ったそうだ。  一応真意としては、会社は開発チーム全体を尊重するのであって、特定のだれかを尊重するわけではない、ということらしい(これもずいぶん好意的な解釈である)が、面と向かってこんなことを言われて喜ぶエンジニアはいない。  Ratliff氏はセールスやマーケティングの一群を引き連れて辞任し、自身でMigent Corporationを設立。ここでEmerald Bayと呼ばれる新しいデータベースエンジンの開発を手がけるが、これは上手くいかず、1988年1月には60人いた従業員のうち20人を解雇することになる。  これに先んじて1987年にはAshton-tateから秘密情報を持ち出したという訴えを起こされており、その後程なくして消滅に至る。ちなみに一度Ratliff氏はAshton-tateに戻ろうとしたようだが、戻れたかどうかは定かではない。  第2の問題は、同社がこれまで築いてきたサードパーティーのエコシステムをEsber氏がブチ壊したことだ。彼はdBASE言語を“Proprietary”(Ashton-tateが権利を持つ独自のもの)と宣言し、サードパーティーを寄生虫呼ばわりした。  dBASE IIの時代には、dBASEを利用したり拡張したりするさまざまなソフトウェアを多くのメーカーがリリース、これを利用することでユーザーが広がるという好循環が形成されていた。  ところがEsber氏は、こうしたサードパーティーはむしろAshton-tateの利益を損なうものという見方をしており、結果としてサードパーティーはdBASEを見放し、独自の標準規格“standard xBASE”を策定する方向に走り、これは当然長期的には同社の利益を損なうことになった。  第3の問題は、またしても多角化である。Ashton-tateの売上げと利益はほぼdBASEに頼っており、これは財務上健全とは言えないというのは理解できるし、そのために製品の多角化を図ろうというのも、大筋では間違っていない。  同社はWangの70年代のワープロを移植したMultiMate、グラフの描画を行なうChart Masterファミリー(Chart MasterのほかにSign MasterとDiagram Masterがあったらしい)、Framework(統合ソフト)、Byline(DTPソフト)、Friday!(dBASE IIをベースにした個人スケジュール管理ソフト)などいくつかの製品を手がけることになり、これらはことごとく失敗した。  失敗して当然、というのはMultiMateはWangの仕様そのままなので、一度に表示できる画面は1ページのみで、装飾機能なども最低限、おまけにコードはアセンブラで記述されたスパゲッティー状態だったらしい。  もっとも同じスパゲッティーでも、BASICで記述されてさらに性能が低かったChart Masterシリーズよりはマシだったのかもしれないが、手の入れようがないあたりは大して変わらない。  どちらのソフトも、これを開発していた会社を買収して(MultiMateはMultiMate International、MasterシリーズはMaster Graphics, Inc.)ラインナップに加えたが、案の定雑誌などのレビューでは最低スコアを記録していたそうで、最終的にChartMasterシリーズはイチから作り直している。  こうしたソフトウェアの開発やメンテナンスにもそれなりのエンジニアリングコストを要していたわけで、外から見えていたよりもずっと内部はドタバタしていた。 dBASE IVのバグ修正を遅らせた経営判断が致命傷に  そしてとどめを刺したのがdBASE IVであった。もともとdBASE IIやdBASE IIIはスタンドアローンでの利用を前提にしていたソフトウェアであるが、1980年代も後半に入るとネットワークでPCがつながるようになってきており、これに対応するというニーズが出てきた。  こうした状況を踏まえて、クライアント・サーバー方式に対応すべく開発していたのがdBASE IVであったが、1988年2月に発表されたものの、7月に発売予定とされたdBASE IVの出荷は10月に延び、しかも性能が低くバグも多かった。  特にバグに関しては、メモリー管理に重大な欠点を抱えていたほか、内蔵するコンパイラの生成するコードにも問題があり、おまけに生成されたコードが単体では動作しないという欠点もあった。またデータベース本体にもいろいろ問題が多く、一言で言えば「使い物にならない」レベルであった。 dBASE IV dBASE IV  おもしろいのは、この時点でのdBASEのユーザーは「良く訓練されていた」。ほとんどのユーザーは、dBASE IV 1.0が使い物にならないことを理解しており、半年以内にはバグを修正したdBASE IV 1.1がリリースされることを期待して、そこまで待とうとしていた。Ashton-tateがこれを実行していれば、また事態は違ったかもしれない。  実際には同社の経営陣はdBASE IV 1.0のバグを直す代わりに、Diamondという開発コードで知られていた次世代製品を急ぐ、という明らかに間違った決断をくだした。ところがDiamondの製品化には、まだ年単位の時間がかかることが明らかになり、あわててdBASE IVのバグ修正に取りかかることにした。  結局修正版となるdBASE IV 1.1は9ヵ月後の1990年7月にリリースされるが、ほんの3ヵ月だけ遅かった。dBASE IVの修正版が6ヵ月経っても出ないことで、「良く訓練された」ユーザーはdBASEに見切りをつける。この頃には競合製品としてdBASEクローンであるFoxBaseやClipperなどが出ており、ユーザーはこうした競合製品に流れてしまった。  Ashton-tateは1988年にPCのデータベース市場で63%のシェアを獲得していたが、1989年には43%に急落する。1989年のdBASE IVの出荷は事実上ストップしており、同年度には40万ドルの営業損失を計上、1800人まで膨れ上がっていた従業員の40%を解雇することになる。  1985年頃からAshton-tateは、多くの会社との合併交渉を繰り返しているが、いずれも成立しなかった。ところが1990年にBorlandからの買収交渉が持ちかけられた時、Esber氏はこれを推進しようとし、1991年2月の取締役会でCEOから解任されている。  後任のCEOとなったWilliam P. Lyons氏にとってもあまり選択肢はなかった。FoxBaseを特許侵害で訴えた裁判は、事実上Ashton-tateが門前払いを喰らう形で敗訴しており、dBASE IVを待っていたはずのユーザーは互換ソフトに流れてしまった。  おまけにクライアントサーバー機能の目玉となる、マイクロソフトのSQLサーバーのフロントエンドに関しては、dBASE IVにしびれを切らしたマイクロソフト自身がAccessを投入。  さらにマイクロソフトはFoxBASEを開発していたFox Softwareを買収してFox ProというxBASE互換製品を投入するに至り、もうAshton-tateが生き残る手段はBorlandに買収してもらうしかなかった、とも言える。  なんというか、間違った経営やマーケティングの見本とも言うべき運命を辿ることになった形だが、最大の問題はdBASE IVがひどかったことである。  通常ならこれはエンジニアリング部門の責任という気もするが、同社に関してはそのエンジニアリング部門を振り回したEsber氏が全部悪い、という気もしなくはない。  ここでは直接は掲載しないが、“In Search of Stupidity”も暗に同じことを言っていると思う。 ※お詫びと訂正:記事初出時、dBASEの製品名に誤りがありました。記事を訂正してお詫びします。(2017年5月8日)

業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate

業界に痕跡を残して消えたメーカー データベースソフトdBASE IIで成功し会社経営に失敗したAshton-tate
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon