古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

業界に痕跡を残して消えたメーカー 優秀なマシンを輩出するも業績に悩まされたApollo Computer

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/18
業界に痕跡を残して消えたメーカー 優秀なマシンを輩出するも業績に悩まされたApollo Computer © KADOKAWA CORPORATION 提供 業界に痕跡を残して消えたメーカー 優秀なマシンを輩出するも業績に悩まされたApollo Computer

 今回の業界に痕跡を残して消えたメーカーは、毛色を変えてワークステーションメーカーである。先日筆者のTwitterのタイムラインで、“HPにApolloがあるんだ。これでDomainがあれば完璧なのに”といったメンションを見かけて笑ってしまったのだが、よく考えたらこれを笑えるのは筆者と同年代だなと気が付いたので、そのApolloの話をしたい。 当時としては小型だったワークステーション「DN100」  Apollo Computer Inc.は1980年にマサチューセッツ州チェルムズフォードで創業した。ボストンから北北西に20マイルほどいった場所である。創業者はJohn William Poduska Sr.博士であるが、彼はApolloの前にはPrime Computerの創業者の1人で研究開発担当副社長を、Apolloの後にはStellar Computerを創業して取締役会議長兼CEOを勤めている。いわば起業家体質の人だった。  1980年というのはSun Microsystemsの創業よりも2年早い。1981年には、最初の製品であるDN100ワークステーションをリリースする。8MHz駆動のMC68000×2に縦型モノクロモニターを組み合わせ、この上でAegisという独自OSが動作していた。 「DN100」。今の感覚からすると、ワークステーションというよりはデスクサイドコンピューターというか机という感じだが、当時としてはこれでも十分小さかった 「DN100」。今の感覚からすると、ワークステーションというよりはデスクサイドコンピューターというか机という感じだが、当時としてはこれでも十分小さかった 画像の出典は、“Computer History Museum”  DN100に続き、1984年にはプロセッサーを8MHzの68010に載せ換えたDN300がリリースされる。DN300は「VAX/11-780の性能を4分の1の価格で提供」がうたい文句であり、OSの使いやすさもあってたちまち普及した。ちなみにDN300の後に登場したDN330は、プロセッサーを12MHz駆動のMC68020に変更し、さらに性能を引き上げたことでより人気を博している。 人気を博した「DN330」 人気を博した「DN330」 画像の出典は、“Wikipedia”  この当時はまだOSはAegisのままだった。このAegisはモノリシックカーネルの構成ではあるが、当初からネットワークを意識した構成で、ネットワーク経由で複数のワークステーションで連動して作業したり、ネットワーク上のリソースを共有することが容易にできた。  今でこそ普通ではあるが、1980年当時にこれを実現したのは画期的なことである。また、独自ではあるがGUIを利用してオペレーションが可能だったのもやはり画期的であった。 AegisがDomain/OSに名称変更  AegisがDomain/OSに名前を変えるのは1988年のことだ。最大の違いはカーネルの構造である。Aegis・Domain/OSの場合はSR(System Release)という番号で区別するが、最後のAegisはSR9.7、最初のDomain/OSはSR10.0となっている。このSR10から、OSの構造をマイクロカーネルに改めている。  マイクロカーネルの上に、AegisとBSD 4.3、Unix SysyemV R3という3種類のOS(これがいわばミドルウェアのような形で動く)が搭載され、さらにその上にディスプレーマネージャーが動くという仕組みだ。  これにより、(まだこの当時は人気があった)BSD系を使うこともできたし、もちろんAegisもそのまま利用できるようになった。これが1台のマシン上で同時に動作するというのがミソで、このおかげで既存のApollo利用者はさらにDomain/OSを愛好することになった。またSR10.2からはX Window Systemも利用できるようになっている。  この間にハードウェアも次第に進化していったのだが、問題はプロセッサーである。DN300に続き、同じ68010ながら12MHz駆動にして、さらにVME600というグラフィックカードを追加したDN550や、これの派生型で68020に切り替えてカラーグラフィックを搭載したDN5xxシリーズで人気を博したあとは、より性能を改善したDN2/3/4xxxシリーズを順次投入する。不思議なのは、必ずしも型番が大きければ高速とは限らないことだ。 型番と搭載プロセッサー 型番 プロセッサー 周波数 DN2500 MC68030 25MHz DN3000 MC68030 12MHz DN3500 MC68030 25MHz DN4000 MC68020 25MHz DN4500 MC68030 33MHz プロセッサー開発でライバルに遅れをとる  DN2/3/4xxxシリーズの投入あたりから次第にApolloはジリ貧に陥った。1980年代中旬、ワークステーションの市場はApolloとHP、Sun Microsystemの3社がそれぞれ20%ほどのシェアを握るという3強状態になっていったが、ここからSun Microsystemsが抜け出すことになる。  理由は簡単で、SPARCチップを採用して、性能を大幅に引き上げたことだ。HPはPA-RISC 1.0を1986年に発表したものの、現実的な構成となるPA-RISC 1.1に準拠するPA-7000の発表は1991年までずれ込んでおり、やはりこれが理由でシェアを落としている。  一方のApolloはというと、68030に続く弾をすぐに用意できなかった。MotorolaはMC68040の開発に難航しており、製品がリリースされたのは1990年のことである。  Sun Microsysyemsは1987年に20MHz駆動のSPARCを搭載したSPARCstation 1をリリースしており、性能は0.67 DMIPS/MHzほどだったらしいのでおよそ13.4 DMIPS。対するApolloの側はDN4500であっても0.36 DMIPS/MHzほどなので12 DMIPS弱である。Sunの方はこのあと急速に性能を上げていくが、Apolloの側は68Kに頼っている限り頭打ちは明白だった。  これもあってApolloは、後継となる製品向けのプロセッサーを自社で開発する。開発コード名はA88K、製品名がPrismというのは非常に誤解を招きやすいが、これは88K(MotorolaのMC88000)とも、DECでAlphaの元となったPrismとも無関係である。 Prismを実装したプロセッサボード。AがInteger Processor、BがFPU用Register File、CがFloating Point ALU、DがFloating Point Multiplier、EがCache、FがMemory Management Unitである Prismを実装したプロセッサボード。AがInteger Processor、BがFPU用Register File、CがFloating Point ALU、DがFloating Point Multiplier、EがCache、FがMemory Management Unitである 画像の出典は、Apolloの“The Series 10000 Personal Supercomputer -Inside a New Architecture-”  中身は、RISC風の命令セットをVLIW式に実行するという、RISCとVLIWの中間的な構造だった。おそらく今なら、例えばALU命令とロード/ストアー命令をスーパースカラーの形で実装するわけだが、当時はスーパースカラーの実装がまだ困難だった。  代わりにVLIWにしてALUとロード/ストアーを別スロットとすれば、(命令長が大きくなるのは別として)スーパースカラーと同じように並列実行できて性能も上がる、という仕組みだ。ただ、なにせ1980年代のことであるから、すべてをワンチップ化は到底不可能である。したがって上の画像のようにマルチチップ構成となった。  まず下の画像が全体の構成である。理論上1サイクルでInteger ALUとFloating Point AUL/MULが同時に動くので、3命令同時実行可能なプロセッサーということになる。 Prismの構成。VILWなので、命令の解釈はIPU/MUL/ALUがそれぞれ行なえばよく、全体としてのデコード段は存在しない Prismの構成。VILWなので、命令の解釈はIPU/MUL/ALUがそれぞれ行なえばよく、全体としてのデコード段は存在しない 画像の出典は、Apolloの“The Series 10000 Personal Supercomputer -Inside a New Architecture-”  Integer ALUそのものはシンプルな構成であり、これはFPU(Photo05)も同じだ。ただIntegerに関しては32個の32bitレジスターをチップ内部に納められたが、フローティングポイント用の32個の64bitレジスターはさすがにチップに納まらず、外付けとなっている。 Integer ALUの構成。ALU命令は基本1サイクルで実行できた、というあたりはRISC風である。パイプラインはあまり長くなかったらしい Integer ALUの構成。ALU命令は基本1サイクルで実行できた、というあたりはRISC風である。パイプラインはあまり長くなかったらしい FPUの構成。理論上はMAC演算をスループット1サイクルで実施できるはずだが、データの整合性を取りながら連続的に演算する機能はRegister File UnitにもFloating Point Controlにもなかったそうで、相当アセンブラで頑張らないとスループット1サイクルは無理だったもよう FPUの構成。理論上はMAC演算をスループット1サイクルで実施できるはずだが、データの整合性を取りながら連続的に演算する機能はRegister File UnitにもFloating Point Controlにもなかったそうで、相当アセンブラで頑張らないとスループット1サイクルは無理だったもよう 画像の出典は、Apolloの“The Series 10000 Personal Supercomputer -Inside a New Architecture-”  さらに、これ全体を管理する別チップも用意されるという仕組みだ。こんなにチップ数が多いと動作周波数があげられるか心配になるのだが、それでも18MHzで動作したそうだから、悪い数字ではないかもしれない。 経営危機に窮したところをHPが買収Prism搭載マシンをなんとか出荷  Apolloは1988年にPrismをなんとか完成させ、Domain/OS SR10.0にあわせて投入されたDN10000に搭載する。DN10000はPrismチップを最大4つ搭載できた。実は初代のDN100は2プロセッサー構成ながら、実際は非対称マルチプロセッサー構成で、実質的なプロセッサーは1つだった。 Prismを搭載する「DN10000」 Prismを搭載する「DN10000」  これはAegisが基本的にシングルプロセッサー向けのOSだったことに起因しており、マイクロカーネルベースのDomain/OSになったことで、初めて同社はマルチプロセッサー対応を実現する。  Apolloはこれに続き、倍速となるPrism 2プロセッサーの開発を予定していたが、それ以前の問題によりこれはキャンセルされ、DN10000はPrismを搭載する唯一の製品ということになってしまった。  ではその「それ以前の問題」とはなにかというと、赤字問題である。1987年10月8日付けのBoston Globeは「昨日Apollo Computerは、不正な外為取引の結果、第3四半期は100万ドルほどの損失が出ると思われると述べた」という記事を出している。  実はPoduska氏は1984年に同社を去っており、冒頭に書いた通りStellar Computerを1985年に立ち上げている。Poduska氏の代わりに、GTE CorporationのCEOだったThomas A. Vanderslice氏が1985年よりApolloのCEOの座についている。  悪いことにこの1985年、同社の業績は急速に悪化した。有価証券報告書が全然見つからないので正確さにはやや欠けるのだが、1984年に同社は2億1500万ドルを売り上げている。1983年は1億ドルほどなので、1年で倍増した形だ。1983年3月には無事新規株式公開も果たしている。  ところが1985年の第3四半期には1850万ドルほどの損失を出したことを発表(1984年の第3四半期は630万ドルの利益を出している)、株価は発表直前の15.50ドルから9.25ドルまで下落した。  これが一時的な動きであれば問題はなかったのだが、この後も同社の業績は低調から脱することなく、そこにきて外為の損失といった問題も出てきたことで、Apolloは1988年頃から本格的な経営危機に陥る。  そんなさなかによくPrismやDN10000を開発できたものだという気もするが、1989年に入るともうにっちもさっちも行かなくなる。結局1989年4月、HPがApollo Corporationを買収した。買収金額は1株あたり13.125ドルの現金で、買収総額は4億7600万ドルとなっている。  そんなわけでDN10000に関しては、発表こそ1988年ながら、実際の出荷はHPによるApolloの買収後となった。またこの買収にあわせてPrism 2の開発はキャンセルになってしまった。  HPはなにを考えていたかといえば、HP自身のワークステーションHP9000シリーズとDNシリーズのシェアを合わせれば、Sunを上回ることが「計算上は」可能になる。シェア拡大には手ごろな手段であった。  また、HPのPA-RISCの開発もやや遅れ気味だったため、ApolloのPrismを手にするのは悪いことではないと考えたようだ。結果から言えば、この目論見はどちらも外れた。  まず売上については、Apollo部門は1989年の5億5000万ドルから1991年には3億6000万ドルに下がり、HPのワークステーションやテクニカルデスクトップまで含めた全体の売上も、1988年の9億ドルが1991年には7億2500万ドルに下がっている。  なんのことはない、1+1が0.8位になった計算である。またPrismも、それをHPの製品ラインに導入するということもなく、結局PrismベースのDN10000を1000台ほど生産して終了することになる。  強いて言えば、Prismのメカニズムのいくつかは、HP-PAアーキテクチャーに影響を与えることになったが、その行き着いた先がItaniumなことを考えると、これも果たして役に立ったというべきなのかどうか怪しい。  HPは買収した企業の製品をわりと大事にする文化があり、実際買収後もDNシリーズのワークステーションは引き続き販売されていた。とはいえ、確か2000年になる前に製品提供は終了したはずだが、その際には既存のユーザーがあわてて最後の機会とばかりに買い足していた記憶がある。  そういう意味では、「既存のユーザー」には非常に愛された製品ではあったのは間違いないのだが、価格性能比の壁は高かったというべきだろう。

業界に痕跡を残して消えたメーカー 優秀なマシンを輩出するも業績に悩まされたApollo Computer

業界に痕跡を残して消えたメーカー 優秀なマシンを輩出するも業績に悩まされたApollo Computer
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon