古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/08/21 11:23
楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資: セルフ検査キット「GeneLife」(ジェネシスヘルスケアの公式サイトより) © ITmedia NEWS 提供 セルフ検査キット「GeneLife」(ジェネシスヘルスケアの公式サイトより)

  楽天は8月21日、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケア(東京都渋谷区)に約14億円出資したと発表した。「遺伝子分野の技術向上や、ユーザーの理解促進を後押しする」(楽天)としている。

 ジェネシスヘルスケアは、肥満タイプや病気リスクなどのセルフ検査キット「GeneLife」(ジーンライフ)を一般向けに約2〜3万円で提供。国内最大規模の遺伝情報データベース(17年8月時点、アジア地域含む約52万人分)を保有しているという。医療機関や研究機関向けサービスも開発し、20年までに100万人分のデータ取得を目指している。

 楽天は、ジェネシスヘルスケアから約14億円の第三者割当増資を引き受けた。出資比率は明らかにしていない。楽天の三木谷浩史社長がジェネシスヘルスケアの社外取締役に就く。

 三木谷氏は、医療費削減や健康意識向上といった日本の社会課題に対しては、遺伝子検査キットなどを用いた「セルフメディケーション」の浸透が必要とし、「日本における遺伝子検査サービスに対する理解と普及において、ジェネシスヘルスケアが中心的な役割を果たす一助となることを期待する」としている。

 遺伝子検査サービスは、ディー・エヌ・エー(DeNA)の「MYCODE」、ヤフーの「HealthData Lab」など、IT・ネット企業による参入が増えている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon