古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

次世代「Windows 10」は 1 年以内に登場見込み!?

マイクロソフト のロゴマイクロソフト 2015/02/09

2015 年 1 月に行なわれたスペシャルイベントで、遂に次世代 Windows の詳細が発表されました。気になる名称は「Windows 10」。「8」から「9」を飛ばして「10」になった理由は公式に語られていませんが、内容的に一気にジャンプアップしたものを目指しているのは間違いないでしょう。

その根拠とも言えるのが、新発表された販売プラン。最新のデバイスと OS をそろえるのがベストですが、現在 Windows 7 以降の OS を使っている人には無償で Windows 10 へのアップデートが提供されると言うのです (ただし、Windows 10 発売日から 1 年間限定) 。これはユーザーの Windows 10 移行を大いに促しそうなナイスアイディアですよね。

もちろん、どんなに安くても使いにくくては意味がありませんが、その点でも Windows 10 は期待できそうです。

まず、Windows 8.1 Update で形だけは復活したスタートボタンが、本当の意味でも帰ってきます。また、現在は「デスクトップ」と切り替えるかたちで利用している「Windows ストアアプリ」を、デスクトップのウィンドウ上で利用できるように。全体的な見た目も人気の「Windows 7」に近しい、ある意味で「原点回帰」的な OS に仕上がりそうです。

一方で斬新な進化も遂げています。中でも注目したいのは、大定番「Internet Explorer」に加えて搭載されるもう 1 つの新型 Web ブラウザ「Spartan」 (スパルタン) 。また、声で PC を操作できる音声アシスタント「Cortana」 (コルタナ) など、気になる機能が搭載されています。

肝心の発売日については未だ明らかになっていませんが、すでに開発者向けプレビュー版が配布されていることなどから年内の発売はほぼ確実と言われています。早ければ秋頃には Windows 10 搭載 PC が店頭に並んでいるかもしれません。

<<パソコン&タブレット トップへ戻る

image beaconimage beaconimage beacon