古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

欲張りにピッタリ! GPU BOXでゲーム用になる13.3型ノートPCが優秀だった

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/14
欲張りにピッタリ! GPU BOXでゲーム用になる13.3型ノートPCが優秀だった © KADOKAWA CORPORATION 提供 欲張りにピッタリ! GPU BOXでゲーム用になる13.3型ノートPCが優秀だった

LEVEL-13FH052-i7-RNSVI LEVEL-13FH052-i7-RNSVI  仕事で使うパソコンと家でゲームをプレーするためのパソコンは、スペックや重さの関係もあり普通は別だ。ゲーミングパソコンは性能高めの製品が多く、価格も仕事向きの製品より高い。  モバイルノートとゲーミングパソコンをどちらもほしいけど、2台購入する余裕はない。そんな人にオススメしたいのが、iiyama PC LEVEL∞の外付けGPU BOXがセットになった13.3型ノート「LEVEL-13FH052-i7-RNSVI」だ。普段は仕事用として、自宅では外付けGPU BOXに接続してゲーミングパソコンとして使用できる。 モバイル単体でも優秀 ノートパソコン単体ではモバイルとして使用できる ノートパソコン単体ではモバイルとして使用できる  LEVEL-13FH052-i7-RNSVIの最大の特徴は付属の外付けGPU BOXだが、まずはノートパソコン側から紹介していこう。筐体は、アルミフレームを採用し、カラーはシルバーホワイト。そこまで派手ではないので、仕事で使っていてもあまり違和感はない。 メタリックな筐体 メタリックな筐体  サイズはおよそ幅330×奥行226×高さ19mmで、重さは約1.53kg。軽量ノートパソコンは1kg以下のモデルも多くなってきたので、13.3型としては軽い方ではないが、カバンに入れて持ち運ぶのは可能だろう。250GB SSD(NVMe対応 M.2)と1TB HDDを搭載していることを考えると、むしろ軽いと思える。 厚さはおよそ19mmで、カバンに入れてもかさばらないサイズ感 厚さはおよそ19mmで、カバンに入れてもかさばらないサイズ感  インターフェースは、USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C、Thundebolt 3)端子、Mini-DisplayPort、HDMI端子、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、メディアスロットなど。仕事で作業するには十分だ。 筐体右側にUSB 3.0端子、USB 3.0(Type-C、Thundebolt 3)端子、HDMI端子、Mini-DispalyPort、有線LAN端子を配置 筐体右側にUSB 3.0端子、USB 3.0(Type-C、Thundebolt 3)端子、HDMI端子、Mini-DispalyPort、有線LAN端子を配置 筐体左側はUSB 3.0端子、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、電源ボタンを配置 筐体左側はUSB 3.0端子、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、電源ボタンを配置  ディスプレーの解像度は1920×1080ドットで、視野角が広く色も鮮やかだ。13.3型なのでMMORPGなどは問題なくプレーできるが、FPS系のゲームだと隠れている敵が見つけづらいなと感じるタイトルもあった。自宅でFPSをプレーする場合は、外付けGPU BOXに搭載しているGPUの外部出力端子にテレビやディスプレーを接続してプレーするといいかもしれない。  キーボードはストローク深めでしっかりと押した感があり、ゲームも遊びやすかった。ただ、さすがにゲーミングキーボードのほうが使いやすいので、入力が多かったり複雑だったりするタイトルは別途キーボードを用意したほうがいい。 キーボードはスタンダードだが深く押した感がある キーボードはスタンダードだが深く押した感がある 試用機の主なスペック(ノートパソコンのみ) 機種名 LEVEL-13FH052-i7-RNSVI CPU Core i7-7500U(2.7GHz) グラフィックス インテル HD グラフィックス 620 メモリー 16GBメモリー ストレージ 250GB SSD(NVMe対応 M.2 SSD)、1TB HDD ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア 通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2 内蔵ドライブ ー インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C、Thundebolt 3)端子、Mini-DisplayPort、HDMI端子、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子 サイズ/重量 およそ幅330×奥行226×高さ19mm/約1.53kg OS Windows 10 Home(64bit) 外付けGPU BOXはGeForce GTX 1080 Tiも搭載可能!モバイルノートパソコンと接続したら電源オン 外付けGPU BOX 外付けGPU BOX  LEVEL-13FH052-i7-RNSVIの外付けGPU BOXは、最大40Gbpsを実現するThunderbolt 3経由でノートパソコンと接続すれば、グラフィックス性能を拡張できる。GPUは、標準でGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)を搭載しており、BTOでGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)、GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)が選択可能だ。  また、2.5インチのHDD/SSDが追加できるシャドウベイもある。80PLUS GOLD認証を取得した500W電源も内蔵している。 標準ではGeForce GTX 1060(3GB GDDR5) 標準ではGeForce GTX 1060(3GB GDDR5) GeForce GTX 1080 Tiまで搭載できる GeForce GTX 1080 Tiまで搭載できる  サイズはおよそ幅172×奥行400×高さ242mmで、LEVEL∞のMini-ITXケースと同じくらいの大きさだ。ディスプレーが別途必要ないので、スペースに余裕ができるのがうれしい。もちろん、ノートパソコンと接続する必要はあるが、外部出力で大画面ディスプレーとつなぐことも可能だ。  この外付けGPU BOXで一番すごいのは、即起動する点だ。会社から持ち帰ったノートパソコンを自宅で接続するとすぐ外付けGPU BOXが起動し、ゲームができる。ノートパソコンを起動して、外付けGPU BOXを起動して、接続して……という作業手間が省けるのはありがたい。 付属のThunderbolt 3ケーブルが短めなので、ノートパソコンの後ろか、右側からでないと接続しづらい 付属のThunderbolt 3ケーブルが短めなので、ノートパソコンの後ろか、右側からでないと接続しづらい  ただ、付属のThunderbolt 3ケーブルが短めなのが気になるところ。ノートパソコン側のThunderbolt 3端子は右側についており、外付けGPU BOXは右側か後ろに置かないと接続できない。せっかくすぐ起動して便利なので、もう少しケーブルが長ければ使いまわしやすいのではと感じた。ノートパソコンのディスプレーでゲームをプレーするのであれば付属のケーブルの長さで十分だが、自宅ではテレビやディスプレーの横などに据え置いて使いたいのであれば、長めのケーブルを用意するといい。  外付けGPU BOXのインターフェースは、前面にUSB 3.0端子、背面にUSB 3.0端子×3、USB 3.0(Type-C)端子、Thunderbolt 3など。外部出力は、搭載したGPUによる。 インターフェースは背面にUSB 3.0端子×3、USB 3.0(Type-C)端子、Thunderbolt 3を搭載。外部出力端子は搭載するGPUによる インターフェースは背面にUSB 3.0端子×3、USB 3.0(Type-C)端子、Thunderbolt 3を搭載。外部出力端子は搭載するGPUによる  そのほか、正面に吸気用の120mmファンと、上部に排気用の90mmファンを備えている。このファンのおかげで筐体が熱々になることはないが、その分動作音が大きい。集中するゲームの場合は、ヘッドフォンを装着してプレーするのがオススメだ。 正面に吸気用の120mmファンを搭載 正面に吸気用の120mmファンを搭載 ケース内上部に排気用の90mmファンを搭載 ケース内上部に排気用の90mmファンを搭載 外付けGPU BOXの性能はしっかり機能!  外付けGPU BOXが付属し、自宅では大作ゲームもプレー遊べるLEVEL-13FH052-i7-RNSVI。では、実際にノートパソコンのゲーミング性能や、外付けGPU BOXはしっかりと実力を発揮するのかなどを、ベンチマークで検証した。  まずは、ノートパソコン側から。LEVEL-13FH052-i7-RNSVIは、Core i7-7500U(2.7GHz)、16GBメモリー、250GB SSD(M.2接続)、1TB HDDという構成だ。  3DMarkのFire Strikeは1001、Sky Diverは4105という結果に。CPU内蔵グラフィックスを使用しているので、そこまで結果は高くはないが、妥当なところ。外付けGPU BOXを接続していなければ、負荷の高い大作ゲームをプレーするのは厳しいだろう。 ノートパソコンのみでFire Strikeを計測 ノートパソコンのみでFire Strikeを計測 ノートパソコンのみでSky Diverを計測 ノートパソコンのみでSky Diverを計測  ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは、標準品質、フルスクリーン、1920×1080ドットという設定で5323(快適)、最高品質、フルスクリーン、1920×1080ドットで4183(普通)という結果だった。設定次第では外出先ではノートパソコンだけで遊んで、自宅では外付けGPU BOXを接続してガッツリプレーするという使い方もできる。  「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」は、標準品質(ノートPC)、1920×1080ドットという構成で2274(普通)、標準品質(ノートPC)、1280×720ドットという構成で3761(快適)という結果だった。こちらもガッツリプレーできるわけではないが、設定を調整すれば外出先でもレベル上げ程度は楽しめるだろう。 ノートパソコンのみでファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを計測 ノートパソコンのみでファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを計測 解像度を1280×720に下げて計測 解像度を1280×720に下げて計測  続いて、LEVEL-13FH052-i7-RNSVIの外付けGPU BOXに標準で搭載するGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)に加え、BTOでカスタマイズできるGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X1)に差し替えて比較してみた。最上位のモデルで大作ゲームもバリバリ遊びたい人はGeForce GTX 1080 Ti、なるべく低価格に抑えたいという人はGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)の結果を参考にするといいだろう。 外付けGPU BOXに標準搭載のGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)と、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)を比較 外付けGPU BOXに標準搭載のGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)と、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)を比較  3DMarkのTime SpyとFire Strikeの結果は、以下の通り。CPUがノートパソコン向けのCore i7-7700Uな分、デスクトップCPUを搭載するマシンと比べると若干低めだが、十分快適にゲームができそうな数値だ。 3DMarkのGPUごとの結果 搭載GPU GeForce GTX 1060(3GB GDDR5) GeForce GTX 1060(6GB GDDR5) GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X) Time Spy 2992 3126 5043 Fire Strike 6967 7192 9194  ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークは、1920×1080ドット、最高品質という設定でGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)が8195(非常に快適)、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)が8436(非常に快適)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)が9990(非常に快適)だった。いずれのGPUでも非常に快適という結果だったので、ファイナルファンタジーXIVは問題ないだろう。  ゲーム系のベンチマークの結果をみていると、ノートパソコンのみでも設定次第ではプレーできるゲームがあるほか、外付けGPU BOXを接続すれば、ある程度のゲームは快適にできそうだ。負荷が高い海外の大作ゲームを快適にプレーしたい、FPS系のゲームを高fpsで遊びたいという人は、BTOで上位のGPUを選択するといい。 話題のPUGBは快適か試した! 話題のPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSをプレーしてみた 話題のPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSをプレーしてみた  LEVEL-13FH052-i7-RNSVIでベンチマークを計測し、ある程度のゲームが快適そうだったので、今回は話題の「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下、PUBG)をプレーしてみた。  PUBGは8×8kmの孤島を舞台に最大100人のプレイヤーが最後の1人になるまで戦うゲーム。飛行機からパラシュートで降りて、武器や装備は現地調達。時間がたつにつれてエリアが絞られていき、エリア外にいると体力が削られていってしまう。攻撃されたり、エリア内に入れずに体力が0になってしまうとゲームオーバーで、再度復帰することはできない。コンティニューがない分、1ゲームの緊張感が特徴のひとつとなっている。 飛行機からパラシュートで降りる 飛行機からパラシュートで降りる なるべく武器や装備がありそうな建物がある場所で降りたほうがいい なるべく武器や装備がありそうな建物がある場所で降りたほうがいい 武器をゲットして外に飛び出して戦うもよし、屋内にこもって敵が来るのを待つのもよし 武器をゲットして外に飛び出して戦うもよし、屋内にこもって敵が来るのを待つのもよし ただし、ゲームが進むにつれてエリアが絞られていき、範囲外にいるとダメージを受け続ける ただし、ゲームが進むにつれてエリアが絞られていき、範囲外にいるとダメージを受け続ける  風の噂で「PUBGは負荷が高い」と聞いていたので、とりあえず外付けGPU BOXにGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)をセットして試した。 設定は1920×1080ドットのフルスクリーン 設定は1920×1080ドットのフルスクリーン  PUBGは、戦いが始まる前に待合場所のようなところに集められる。ゲームがスタートするとプレーヤーは散り散りになるので、必然的に待合場所がディスプレーに一番人が映し出される場所となる。そのせいもあってか、fpsをみると30~50程度で推移しており、ときどきカクつきも感じた。 待合場所では人数が多いためにfpsも低め 待合場所では人数が多いためにfpsも低め  ゲームがスタートして孤島に降りると、屋内は50~80fps、木や建物などオブジェクトが多い屋外は40~60fps程度で推移していた。若干カクつくこともあったが、特に問題なくプレーできた。何度か試してみたが、フィールドが広いためにそこまで人が集まることもなくガクッとfpsが下がったりすることもなかった。  続いてGeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5)に差し替えてプレーしてみた。待合場所は、GeForce GTX 1060と変わらず30~50程度で推移していたが、GeForce GTX 1060と比べるとカクつきが少ない感じがした。ゲームをスタートすると、屋内は70~100、屋外は50~70程度だった。GeForce GTX 1060と比べると、だいたい20~30程度fps値が高く、動きもなめらかだった。  GeForce GTX 1080 Tiを搭載していれば、60fpsを下回ることはないだろうと思っていたが、車に乗って走ったりするとさらっと60fps以下になっていたのが意外だった。ただ、PUBGは現在早期アクセス版なので、GeForceがしっかりと最適化されていない可能性がある。またCPUがノートパソコンのCore i7-7500Uのため、CPUのパワー不足の可能性もあるかもしれない。 プレーしたいゲームの推奨スペックや価格に合わせて自分にピッタリなGPUを選択しよう!  今回は、BTOで選択できるGeForce GTX 1060とGeForce GTX 1080 Tiで試遊してみた。ファイナルファンタジーXIVなどのMMORPGを快適にプレーしたいという人はGeForce GTX 1060を、Steamで配信されている大作ゲームを快適に遊びたいというひとはGeForce GTX 1070やGeForce GTX 1080 Tiを選択するといいだろう。ゲームの推奨スペックや価格に合わせて、BTOでぴったりのGPUを選んでほしい。 モバイルノートもゲーミングパソコンもほしい人に最適! LEVEL-13FH052-i7-RNSVIは、外ではモバイルノートパソコンとして、自宅では外付けGPU BOXと接続してゲーミングパソコンとして使用できる、なかなか珍しいマシンだ。価格はGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)搭載モデルで21万5978円から購入できる。それなりに性能高めのモバイルノートパソコンとゲーミングパソコンをどちらも購入するよりかは安く済む。モバイルノートとゲーミングパソコン、どちらもほしいと考えている人は、LEVEL-13FH052-i7-RNSVIを検討してみてはいかがだろうか。©2017 BLUEHOLE INC. ALL RIGHTS RESERVED.PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS is a registered trademark, trademark or service mark of Bluehole, Inc. and its affiliates ■関連サイト製品情報パソコン工房(提供:ユニットコム)

欲張りにピッタリ! GPU BOXでゲーム用になる13.3型ノートPCが優秀だった

欲張りにピッタリ! GPU BOXでゲーム用になる13.3型ノートPCが優秀だった
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon