古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

武井咲、ヤンキー説を裏付けるヤバい写真やイケメンSとの関係…!「武井伝説5」を関係者が暴露!

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/09/05 株式会社サイゾー
© TOCANA 提供

 女優・武井咲とEXILEの人気メンバー・TAKAHIROの結婚――。テレビや御用新聞は大々的に報じ、歯の浮くようなセリフで2人を祝福している。とりわけ武井は「清純派」「家庭的」「仕事熱心」と盛大にヨイショされているが、彼女を知る人物からは「そんな子じゃないのに…」と疑問の声も。これまで報じてこなかった「武井伝説」を一挙公開する。

1、強気な性格 そもそも今回のデキ婚において、武井は確信犯だといわれている。2人の熱愛が初めて報じられたのは2015年4月。当時、武井は絶賛売り出し中で、所属プロ「オスカープロモーション」の“25歳までは恋愛NG”の不文律にも抵触する。

「撮られた直後、武井は事務所幹部に呼び出され、TAKAHIROと別れるように迫られたそうです。事務所側も御用マスコミに『もう終わっています』『2度と会うことはありません』と言って回り、必死に火消ししていた。それでも彼女は『何が悪いの?』と言わんばかりに交際を続行。最後は妊娠という武器を使って、TAKAHIROとの結婚を強行した」とはスポーツ紙記者。

2、ヤンキー説 都市伝説のように言われているのが、武井のヤンキー説だ。芸能界デビュー前は金髪でうんこ座りするようなヤンキーだったとのウワサも流れているが…。事情をよく知る関係者が断言する。「何をもってヤンキーというかはわかりませんが、少なくとも清純派ではありません。どちらかというと、ギャルに近いかな。オスカーはデビュー前のヤンチャ写真が流出することを恐れていて、極秘裏に『ヤバイ写真を入手したら、うちが買い取る』とお達しを出していた時期もあります」我の強さはヤンチャ時代に育まれたモノなのか――。

3、恋愛体質 TAKAHIROと2年の極秘交際を実らせて…と書かれているが、業界で武井は肉食系で有名。イケメンがタイプで、若手俳優のSやMに猛アプローチをかけていた時期も。映画関係者が明かす。

「Sとは共演映画の現場でイチャイチャ。隙を見計らって2人で消えていく瞬間を複数のスタッフに目撃され『あ、これは…』となった。Mとも共演作品を通じて知り合い、メールで猛アタック。ただ、あまりの熱量にMが『この子、やばい』となって距離を置かれてしまった」。SもMも女性に大人気のイケメン俳優で、知名度もTAKAHIROクラス。“旬な男”を狙うのが武井流だ。

4、楽屋閉じこもり事件 イケメンには弱いが、事務所スタッフや番組ADには強いのが武井だ。過去には虫の居所が悪かったのか、あるCMの撮影で2時間にわたり楽屋に閉じこもり、周囲を困らせたこともあるという。

「過密スケジュールでメンタルが限界に達してしまったようで、楽屋でワンワン泣いていたそうだ。彼女はマネジャーやADに対して、きつく当たることもある。しかしその半面、プロフェッショナルな部分も持ち合わせており、役作りには余念がない。マネジャーが寝坊しても、自分だけで現場入りしたこともあった」(ドラマ関係者)

5、5つ子宣言 かねて言っていたのは「大家族を作りたい」。23歳の若さで結婚したのも、その夢を叶えるためで、来春に第1子を出産したあとは、間髪入れず第2子、第3子と産んでいきたいという。武井を知る関係者によれば「最終的に子供は5人くらいほしい」と話していたとか。となると、産休後は仕事復帰どころではない。ある意味、TAKAHIROとデキ婚を果たした時点で、事実上の“寿引退”なのかもしれない!?

※イメージ画像は、『武井咲フォトブック bloom』(KADOKAWA/角川書店 )

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon