古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

民進党、衆院選で希望の党と合流 前原代表「決断に理解を」

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/28

[東京 28日 ロイター] - 民進党の前原誠司代表は28日午後、党本部で開いた両院議員総会で、来月の衆議院選挙で、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」と合流することを提案した。

立候補予定者は希望の党に公認を申請、民進党は候補者を擁立せず「希望の党を全力で支援する」としている。

前原代表は総会で今回の決断について「もう一度政権交代を実現し、安倍政権を退場に追い込みたいというのが根本にある」とし、「理想の社会を作るため名を捨てて実を取る、その決断をぜひ理解いただきたい」と訴えた。

民進党、衆院選で希望の党と合流 前原代表「決断に理解を」 © REUTERS 民進党、衆院選で希望の党と合流 前原代表「決断に理解を」

民進党の議員は、総会と懇談会でこの提案について議論を行っている。

(宮崎亜巳)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon