古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

水を「仮想レモネード」に、シンガポールの大学が試作品

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/25

[シンガポール 21日 ロイター] - シンガポール国立大学の研究チームが、電極とセンサーを利用して、水をレモネードそっくりに変えるプロジェクトに取り組んでいる。

まず、センサーを本物のレモネードに浸し、そのPH値データを離れたところにある水が入ったコップに取り付けた電極ストリップに転送する。また、RGBカラーセンサーがレモネードの色を読み取り、コップのLEDライトがその色を再現する。コップの水を飲む人は、舌を電極ストリップに当てながら少しずつ飲む。そうすると、レモネードの味が再現されるという。

水を「仮想レモネード」に、シンガポールの大学が試作品 © REUTERS 水を「仮想レモネード」に、シンガポールの大学が試作品

研究チームを率いるNimesha Ranasingheさんは、この技術を使えば、飲み物の味をインターネットを使って友人に送ることができるという。また、実際にその飲み物を飲まずに味を体験できるので、カロリーを摂取したくない人にも役立つ、と付け加えた。

「どうしてもレモネードを飲みたければ、仮想レモネードを飲めば同じ経験ができてカロリーはゼロだ」と話す。

Ranasingheさんは、レモネードは最初の試作品だが、将来は「仮想レモネード」を人々が楽しむようになると確信している、と話した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon