古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

流れ星 “当代一のギャガ―”ちゅうえいが生み出す「ギャグのための漫才」とは

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/06/16 Cyzo
© Cyzo 提供

 突然だが、これを読んでいるあなたは「ギャグ」というものに対して、どういうイメージを持っているだろうか? ギャグと言われて、何を思い浮かべるだろうか――? 実は、ギャグに対するイメージは、お笑い業界の内と外で180度異なる。

 一般的には、ギャグというのは「お手軽に笑いを取るための手段の1つ」ぐらいに思われているのではないだろうか? だが、プロの芸人の多くは、そうは思っていないはずだ。むしろ、数あるお笑いのジャンルの中で、ギャグほど難しいものはない、というのが業界内での定説だ。

 ギャグ(一発ギャグ)とは、瞬間的に特定のポーズを取ったり動作を見せたりしながら特定の言葉を発して、その動きや言い方の面白さで受け手を笑わせるというもの。ギャグのフレーズはときに流行語となり、爆発的な人気を博すこともある。お笑いの歴史の中では、ビートたけしの「コマネチ」、小島よしおの「そんなの関係ねえ」など、数々の名作ギャグが生まれている。

 最近の若手お笑い界では、「ギャグ」は「大喜利」「フリートーク」「モノボケ」と同じような、1つのお笑いのジャンルとして認識されている。お笑いライブやバラエティ番組などで「何かギャグをやってみて」と言われたら、芸人はギャグで返すしかない。芸人の中には、ギャグが得意な人もいれば、苦手な人もいる。それでも、芸人を名乗るならギャグの1つや2つくらいできて当然だ、という風潮がある。

 だが、そもそも、ギャグというのは単体で見ると決して面白いものではない。というより、そこで面白さを生み出すのが難しい構造になっている。いまギャグと呼ばれているものは本来、喜劇やコントや漫才の流れの中で繰り出されるものだ。長いネタの中に組み込まれているので、ギャグの前には十分な前振りがあり、ギャグの後にはそれを受けるツッコミやリアクションがある。だからこそ、ギャグの箇所で笑いが起きるのだ。ギャグだけを単体で切り出しても、それが笑いにつながることはめったにない。

 「何かギャグをやってみて」というのは、地獄への片道切符だ。前振りなしでギャグをやっても、まずウケることはない。ウケないと分かっていても、振られたらやるしかない。芸人たちは、崖のてっぺんから谷底に飛び込むように、決死の覚悟でギャグに挑んでいくのだ。

 だから、芸人がギャグをやるときには、スベることを想定して保険をかけておくことが多い。ギャグ自体で笑いが起こらなくても、スベッたときの周りからのツッコミやフォローで笑いが起これば問題なし。いわば、体に命綱をくくりつけて、バンジージャンプのように崖から飛び降りるのが一般的なギャグへの対処法なのだ。

 だが、中にはあえてそれをしない豪傑もいる。命を懸けてギャグに挑む彼らは、敬意を込めて「ギャガー」と呼ばれる。そして、東京お笑い界を代表するギャガーこそが、流れ星のちゅうえいだ。彼は、テレビやライブでギャグを求められると、即座に披露する。そして、大抵の場合、彼はそのギャグできっちり笑いを取ってみせるのだ。これは並み大抵のことではない。 ちゅうえいはギャグを堂々とやりきる。スベッたときに備えるような打算が一切感じられない。それでいて、ギャグそのもののクオリティは高く、洗練されている。ギャグの型がパターン化されていないため、何本見ても次に何が飛び出すか分からない期待感が秘められている。

 しかも、彼のギャグは持ちネタの漫才にも存分に生かされている。流れ星の漫才には、ほかの芸人と違う特色がある。それは、ギャグを生かすための漫才だということ。漫才としての基本的な流れはあるが、要所要所でちゅうえいの鋭いギャグが挟み込まれる。そして、漫才自体が、そのギャグを際立たせるために存在しているようなところがある。

 ギャグが漫才の流れに乗って自然に組み込まれている。いわば、漫才のためにギャグがあるのではなく、ギャグのために漫才がある。こういう漫才ができる芸人はほかにいない。彼らにとっては、漫才すらギャグを表現するための手段にすぎないのかもしれない。

 いまテレビの第一線で活躍している芸人でさえ、ギャグできっちり笑いが取れる人はほとんどいない。お笑い界屈指の実力派ギャガーを擁する流れ星は、「ギャグで人を笑わせる」という多くの芸人が果たせなかった“願いごと”を叶えることに成功したのだ。(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

※画像は『流れ星ベストネタライブ「回帰」』(ポニーキャニオン)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon