古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

海外でも写メールOK! ボーダフォンの3Gケータイ「V801SA」(懐かしのケータイ)

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/09/24 10:00
海外でも写メールOK! ボーダフォンの3Gケータイ「V801SA」(懐かしのケータイ) © ITmedia Mobile 提供 V801SA

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ボーダフォン(現・ソフトバンク)の三洋電機(現・京セラ)製ケータイ「V801SA」です。

 V801SAは、当時のボーダフォンでは珍しいスライドボディーを採用した、ボーダフォンの3Gサービス「Vodafone Global Standard(VGS)」対応ケータイです。

 VGSのサービス自体のは2002年12月に開始していましたが、サービスイン当初は音声通話とSMSが利用できる程度で、Eメール(MMS)もWebには非対応という「試験サービス」の色合いが濃厚なものでした。

 サービスインから1年が絶ち、EメールやWebも利用できるようになった“本格的な”スタートを飾った初号機が、このV801SAです。

 写メールはもちろん、「ムービー写メール」やテレビ電話が利用でき、ボーダフォンとして初めて「着うた」にも対応しました。海外ではGSMを使ったローミングに対応し、国外でも写メールやムービー写メールの送受信、Webアクセスなどが利用できました。

「V801SA」の主な仕様

・発売日:2003年12月1日

・キャリア:ボーダフォン

・メーカー:三洋電機

・サイズ:約51(幅)×108(高さ)×26(奥行き)mm

・重量:約146g

・メインディスプレイ:2.2型(240×ピクセル)TFT液晶 26万色

・アウトカメラ:有効約31万画素CCD

・インカメラ:有効約31万画素CCD

・ボディーカラー:コズミックネイビー、ギャラクシーシルバー

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon