古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

海底に眠る「伊58」らしき潜水艦、調査へ ニコ生でライブ配信

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/08/10
海底に眠る「伊58」らしき潜水艦、調査へ ニコ生でライブ配信: 伊58の外観 © ITmedia NEWS 提供 伊58の外観

 長崎県五島列島沖に沈んでいる潜水艦は、旧日本海軍の「伊58」なのか――ドワンゴは8月9日、その正体を突き止める潜水調査の模様を、ニコニコ生放送で8月22〜26日(予定)に放送すると発表した。

 五島列島沖の水深200メートルには、第二次大戦後に米軍が処分した旧日本海軍の潜水艦24隻が眠っている。沈んだ場所は判明しているが、23隻は艦名が特定できておらず、ラ・プロンジェ深海工学会(福岡県北九州市)が調査を進めている。

 番組では、このうち「伊58」と思われる1隻にターゲットを絞り、調査する様子を放送する。水中ロボットが捉える映像をライブ配信し、調査船に乗っている研究者が視聴者のコメントを閲覧・返答するという。同学会は伊58の調査に向け、クラウドファンディングサイト「academist」で資金を募っていた。

 放送用の衛星通信システムは、情報通信研究機構(NICT)が提供する。超高速インターネット衛星「きずな」を経由して、五島列島沖の調査船とNICT鹿島宇宙技術センター(茨城県)との間で伝送速度10Mbpsの通信回線を構築するという。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon