古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

消費支出、8月は前年比+0.6% 2カ月ぶり増加=総務省

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/28

[東京 29日 ロイター] - (内容を追加しました)

[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した8月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万0320円となり、前年に比べて実質で0.6%増加した。増加は2カ月ぶり。総務省は消費の基調判断を「持ち直してきている」に据え置いた。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.0%増が予想されていたが、結果はこれを下回った。

8月全世帯の実質消費支出は前年比+0.6%、2カ月ぶり増加=総務省 © REUTERS 8月全世帯の実質消費支出は前年比+0.6%、2カ月ぶり増加=総務省

8月は関東地方を中心に長雨や日照不足という天候不順が個人消費に与える影響が懸念されたが、総務省によると、全体の消費行動に大きな影響はみられなかった、という。

自動車等購入を中心に「交通・通信」が前年比で実質7.1%増となったほか、「食料」や「住居」「家具・家事用品」などが増加に寄与した。一方、「保健医療」や「教育」「光熱・水道」などは前年に比べて減少した。

8月の勤労者世帯の実収入は1世帯当たり48万5099円となり、前年比で実質0.2%増と3カ月連続で増加した。名目は同1.0%増だった。

*総務省の発表資料は以下のURLでご覧になれます。

http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.htm

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon