古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

消費者物価指数、7月は0.5%上昇 電気代押し上げプラス幅拡大

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/25

[東京 25日 ロイター] - 総務省が25日公表した7月の全国消費者物価指数は、指標とされる生鮮食品を除いたコアCPIが前年比0.5%上昇し、プラス幅が6月の0.4%から0.1ポイント拡大した。

前年比ベースで原油価格が高水準だったため電気代やガス代が上昇し、指数を押し上げた。物価のより基調的な動きを示す生鮮・エネルギーを除く指数も前年比0.1%上昇した。

消費者物価指数、7月は0.5%上昇 電気代押し上げプラス幅拡大 © REUTERS 消費者物価指数、7月は0.5%上昇 電気代押し上げプラス幅拡大

先行指標とされる東京都区部の8月コアCPIも前年比0.4%上昇し、7月の0.2%から0.2ポイント拡大した。

もっとも価格が上昇しているのはエネルギーが中心。KDDIによる携帯電話料金の値下げの影響などが今後は響きそうだ。政府・日銀が掲げる物価目標の2%までの道のりが遠い状態が続いている。

<KDDI値下げで8月通信料マイナス5.4%>

7月の全国では、エネルギー全体の価格が前年比で5.8%上昇し指数を押し上げた。前月との比較では電気代とガス代の押し上げが大きかった。エネルギー以外では6月に値上げしたビールや、コメ、牛肉などが上昇した。携帯電話機は下落した。

生鮮食品ではイカが前年比17.3%上昇など魚介類が上昇した。

8月の東京都区部もエネルギーが主に指数を押し上げた。このほか診療代や宿泊料も指数を押し上げた。

一方、下落したのは家賃や通信料。KDDIの格安料金プラン導入で8月の通信料は前年比5.4%下落。7月の2.3%からマイナス幅が拡大した。

生鮮食品は前年比0.1%下落した。調査期間が長雨で生鮮野菜の価格が上昇する前の時期だったことが影響しているようだ。

*内容を追加しました。

(竹本能文)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon