古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

混雑時でも動画ダウンロードは快適? 3キャリアとMVNO5社を比較

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/09/06
混雑時でも動画ダウンロードは快適? 3キャリアとMVNO5社を比較: 画像:ITmedia © ITmedia Mobile 提供 画像:ITmedia

 ICT総研は9月6日、混雑環境でのスマートフォン動画視聴品質調査の結果を発表した。

 今回の調査はネットワーク混雑状況での動画視聴品質、通信速度の実態把握を目的に実施している。東京、名古屋、大阪の主要な待ち合わせ場所30地点を測定地点とし、測定時間は昼の混雑時間帯(11時30分〜13時30分)、夕方の混雑時間帯(17時〜19時)に限定。測定の際は、1事業者あたり10台の端末を同時に接続している。

 調査対象はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリア、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、IIJmio、mineo、BIGLOBE SIMのMVNO(5社)。各社のSIMをiPhone 7に挿し、同社が調査用に作成した4K解像度/120秒間の動画を再生。通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」で速度を計測した。調査期間は8月3日から17日まで。

 動画視聴品質の実態は、以下4つの指標でまとめている

・動画を再生できたかどうかの「動画再生可否割合」

・動画再生ボタンを押してから再生が開始されるまでの待機時間と動画再生中に停止していた時間を合わせた「動画再生停止時間割合」

・動画再生ボタンを押してから再生開始するまでの所要秒数「動画再生開始待機時間」

・動画再生の開始後にダウンロードバーが完了の位置へ移動するまでの所要秒数「動画ダウンロード所要時間」

 動画再生可否割合は、3キャリアは全ての地点・端末での動画再生に成功。MVNOはmineoが成功率100%を記録したものの、OCN モバイル ONEが成功率83%にとどまったことなどから平均は96.0%となった。動画再生停止時間は、3キャリア間はほとんど差がなく平均2.0%、MVNOはOCN モバイル ONEが8.4%、BIGLOBEが5.4%、IIJmioが5.1%など差がみられ、平均5.2%となった。

 動画再生開始待機時間はMNO事業者の平均2.4秒に対し、MVNOは平均5.7秒でmineo(3.8秒)、IIJmio(4.6秒)が比較的良好なスコアを記録。動画ダウンロード所要時間は3キャリアの平均が6.2秒、MVNOの平均は33.5秒と大きな差が見られた。なかでもBIGLOBEの56.4秒、OCN モバイル ONEが49.7秒と目立っている。

 通信速度の測定は、下り(ダウンロード)の通信速度では3キャリアが平均12.5Mbps、MVNOの平均は2.3Mbps。エリア別に見ると東京エリアと大阪エリアはソフトバンク、名古屋エリアではNTTドコモが優位となり、MVNOではBIGLOBEが大阪エリアで6.6Mbpsと比較的良好だった。上りの通信速度は3キャリアが平均5.3Mbps、MVNOが平均6.3MbpsとMVNOが上回った。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon