古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

混雑時にYouTubeを快適に視聴できる格安SIMは? 12サービスを比較(6月編)

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/07/27 13:50
昼のMVNOは全て0〜1Mbps台に 「格安SIM」17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線6月編): 【その他の画像】 © ITmedia Mobile 提供 【その他の画像】

 MVNOが提供する「格安SIM」サービスを選ぶにあたって気になる通信の「実効速度」。ITmedia Mobileの「通信速度定点観測」では、スピードテストアプリを使った速度テストに加え、2017年4月にYouTube動画の再生テストを開始した。今回は6月に実施したテストの結果をお伝えする。

 今回、テストを行ったのは以下の12サービス。

・IIJmio(タイプD)

・OCN モバイル ONE

・BIGLOBE SIM

・LINEモバイル

・楽天モバイル

・NifMo

・FREETEL SIM

・DMM mobile

・U-mobile LTE使い放題

・イオンモバイル

・mineo(Aプラン)

・UQ mobile

●YouTube動画を3分間にわたり再生

 調査条件は以下の通り。

・計測端末:ZenFone 3×4台

・計測内容:YouTubeの動画(720p)を3分ずつ再生する

・計測日時:6月28日(水)12時20分〜、6月28日(水)18時19分〜

・計測場所:アイティメディア社内(東京都千代田区紀尾井町)

・動画再生中の速度計測アプリ:通信速度モニター

・動画再生後の速度計測アプリ:RBB SPEED TEST

 特に通信が混雑しやすいランチタイムと、退勤する人が多い夕方という、2つの時間帯で計測した。重視したのは「動画の再生時間」。通信が混み合っていると動画が再生できず止まることがあるため、より長く再生できれば、このテストでは「優秀」となる。そこで、3分で動画をどれだけ再生できたかによって、以下の通り5段階で評価する。

・15秒未満……×

・15秒以上1分未満……△

・1分以上2分未満……▲

・2分以上2分半未満……○

・2分半以上……◎

 動画の再生開始と同時にストップウォッチで計測し、3分ちょうどのタイミングで動画を一時停止。手作業なので1〜2秒ほど誤差の可能性があることをご了承いただきたい。

 YouTubeで再生した動画は、カメラ(iPhone 7 Plus)を固定して、静止したぬいぐるみや小物を録画したもの。

 また、YouTubeの動画再生中の実効速度を確認すべく、参考データとして「通信速度モニター」アプリが表示した数字も記録した。このアプリを立ち上げて「モニター」にチェックを入れると、通信中の速度が、画面上部にリアルタイムに表示される。

 YouTubeの動画を再生してから、「30秒」「1分」「3分」が経過するタイミングで、カメラで再生画面を3回連続で撮影し、3回の中で最も高い数値を記録した。ただし30秒、1分、3分のタイミングは精密ではなく(1〜2秒のずれがある)、通信速度モニターの速度も激しく変化するため、あくまで参考値として見てほしい。

 そして「スピードテストの結果とどれだけ違うのか?」を把握するため、RBB SPEED TESTで計測した下りの速度もあわせて記録する。ただし短時間でテストを終わらせるために、RBB SPEED TESTでは1回しか計測していない。

 4台のZenFone 3を使用し、3グループに分けて測定しているため、グループごとに計測時間にズレがある。次のグループで計測をする前に、YouTubeアプリのキャッシュはクリアしている。

●平日昼:これまで好調だったLINEモバイルがやや不調に

 まずは6月28日(水)12時20分からのテスト結果を見ていこう。この時間帯は特に通信が混雑し、普段計測しているスピードテストアプリでは、下り1Mbps台か1Mbps未満になるサービスが多い。今回もサービスによって再生時間が大きく異なるという結果になった。

 3分間ほぼ途切れなく再生できたのは、「NifMo」「U-mobile LTE使い放題」「mineo(Aプラン)」「UQ mobile」だった。5月に3分間再生できたのはUQ mobileと「LINEモバイル」のみだったことを考えると、全体的に改善された。

 UQ mobileは通信速度モニターで1〜7Mbps台、RBB SPEED TESTも10Mbps超えで、どちらも好結果だった。一方、NifMo、U-mobile LTE使い放題、mineo(Aプラン)は通信速度モニターでは数Mbps出ていたが、RBB SPEED TESTでは1Mbps未満とギャップが出た。ただ通信速度モニターはの数字はあくまで30秒、1分、3分時点の速度を切り取ったもので、テスト数回の平均値を出すRBB SPEED TESTとギャップがあるのは仕方のない面もある。

 4〜5月に好調だったLINEモバイルの再生時間は約85秒。2つの速度テストでは1〜3Mbps出ていたが、少しその勢いに陰りが見えてきたか? そのLINEモバイルに近い結果だったのは、「IIJmio」(約90秒)、「楽天モバイル」(約95秒)だった。

 ワーストは「FREETEL SIM」の約10秒で、速度テストは2つとも1Mbps未満と振るわなかった。

評価

・IIJmio(タイプD)……▲

・OCN モバイル ONE……△

・BIGLOBE SIM……△

・LINEモバイル……▲

・楽天モバイル……▲

・NifMo……◎

・FREETEL SIM……×

・DMM mobile……△

・U-mobile LTE使い放題……◎

・イオンモバイル……△

・mineo(Aプラン)……◎

・UQ mobile……◎

●平日夕方:全体的に昼よりは改善

 続いて、6月28日(水)18時19分からのテスト結果を見ていこう。昼よりは帯域がすいていることもあり、全体的に昼から改善している。

 3分間ほぼ途切れなく再生できたのは、昼と同じNifMo、U-mobile LTE使い放題、mineo(Aプラン)、UQ mobileに、LINEモバイルを加えた5サービスだった。

 UQ mobileは30秒、1分、3分のタイミングでは通信速度モニターの計測がほぼ0だったが、RBB SPEED TESTは26.22Mbpsと最も速かった。他の4サービスも、通信速度モニターかRBB SPEED TESTのいずれかの計測で数Mbpsの速度は出ていた。

 今回もワーストはFREETEL SIMだったが、再生時間は約65秒なので昼よりは改善している。

評価

・IIJmio(タイプD)……▲

・OCN モバイル ONE……▲

・BIGLOBE SIM……▲

・LINEモバイル……◎

・楽天モバイル……▲

・NifMo……◎

・FREETEL SIM……▲

・DMM mobile……▲

・U-mobile LTE使い放題……◎

・イオンモバイル……▲

・mineo(Aプラン)……◎

・UQ mobile……◎

●まとめ:NifMo、U-mobile、mineo(Aプラン)、UQ mobileが好調

 昼のテスト結果が5月から大きく変わったのが興味深い。

 mineo(Aプラン)は同じau系サービスのUQ mobileから、通信速度の結果では大きく水をあけられていたが、YouTube再生についてはほぼ同じ結果となった。U-mobileはスピードテストの結果は振るわないが、今回のYouTube再生は好結果。LTE使い放題プランのSIMなので、YouTubeを制限なしで、かつ途切れなく見られるのはありがたい。

 UQ mobileは常に安定しているので、通信品質は変わらず「高い」といえる。

 ただし通信状況は刻一刻と変化するため、この状況が来月も続くかは分からない。今後も定期的にテストを実施していく予定だ。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon