古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

清水富美加と松井玲奈が漫才コンビに! 『笑う招き猫』映画公開&TVシリーズ放送決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/29 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 清水富美加と松井玲奈が漫才コンビ役に初挑戦した映画『笑う招き猫』が、4月29日に公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと場面写真が公開された。  本作は、第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を映画化した青春ドラマ。高城ヒトミと本田アカコによる、結成5年目の売れない若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」が、お笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情のもと夢を追いかける模様を描き出す。『荒川アンダーザブリッジ』『大人ドロップ』の飯塚健が監督・脚本を手がけた。  ティザービジュアルは、清水演じるヒトミと松井演じるアカコの、SNS用自撮り写真風に仕上がっている。また、場面写真には、2人の仲睦まじい様子や、真剣な表情で遠くを見つめるそれぞれの姿が捉えられている。  なお、映画の公開に先駆け、MBS/TBSのドラマイズム枠にて、本作のTVドラマシリーズ(全4話)が3月から放送されることが決定している。  清水と松井、飯塚監督、原作者の山本からはコメントが寄せられている。 ■清水富美加 コメント

1つの夢に向かっていく事はとても輝かしいですが、現実はそんなに甘くない、悩みも不安も絶えない。そ んな中でどうするのか見つけてゆく、選んでゆく。ただワイワイしてるだけではない人生を描いている所 がこの映画の魅力の1つだと思います。「わー、大変そう、撮影前からもう辛い」というの

が、台本を読んだ時の正直な感想です。漫才をやるということ、体を張ったり色んな顔を見せなきゃいけないこと、セリフのあまりないシーンで淡々と過ごすという苦手なシーンも沢山だったからです。でも飯塚監督と松井玲奈ちゃんがいてくれて本当に良かったです。

■松井玲奈 コメント

まさか自分が漫才師を演じるなんて、お話を聞いた時は不安しかありませんでした。でも、最初の台本を読んだ時には爆笑していました。撮影が始まるかなり前から漫才稽古を始めて、相方の清水さんと漫才ができたことは、とても貴重な経験です。毎日ワイワイとした現場で、学生時代に暗い思い出しかない私にとっては、個性的なキャストさんに囲まれて遅れて来た青春みたいでした。ドラマから映画まで続けて見て、笑って泣いていただきたいです。

■飯塚健(監督) コメント

とあるナイター撮影時、思い詰めた様子で清水さんが近寄ってきました。けれど、じっと僕の顔を見つめるばかりで、なかなか口を開きません。こりゃ何か芝居の相談に違いない、と思い促してみても、押し黙ったまま ......と次の瞬間、いきなり鼻に触れられました。「監督、ゴミ付いてたんで」と。......ええ。彼女は鼻●●を取ってくれたのです。その時、「この映画いける」と思いました。また、松井さんとは昨年春のドラマに続き、二度目の仕事となるのですが、髪を切り、金色に染めてくれ、眉毛の一部を失い、ごく近くで爆破され、時には鮮魚も抱きしめてくれました。......ええ。それはもう、相当に体を張ってくれたのです。その時、「この映画いける」と思えました。映画の題材として最も手を出してはいけないものの一つ、それが漫才だと思います。が、そんな不安も二人と共に芝居を作っていくにつれ、払拭されました。また、原作から異常に飛び出ることを深く広い懐でお許し頂いた山本さんにも感謝しております。毛色のまったく違うドラマ版と合わせて、楽しんで貰えたら嬉しいです。

■山本幸久(原作) コメント

驚いた。自分が書いた小説の主人公ふたりが、銀幕の中で漫才をしているのだ、驚かないほうがどうかしている。見た目はずっと可愛いしスマートだ。漫才もうまくておもしろい。でも松井玲奈さんと清水富美加さんは紛れもなくアカコとヒトミだ。原作者冥利に尽きる。監督をはじめキャストおよびスタッフの方々にひたすら感謝。

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon