古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

無敗対決に敗れた井岡 遠かった3階級制覇

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/07 毎日新聞

 国際ボクシング連盟(IBF)のダブルタイトルマッチ各12回戦が7日、大阪・ボディメーカーコロシアムで行われた。フライ級8位、井岡一翔(25)=井岡=は同級王者、アムナト・ルエンロン(34)=タイ=に1−2の判定で敗れ、亀田興毅(亀田)に続く日本選手2人目の世界3階級制覇を逃した。

 井岡家にとり、世界3階級制覇は壁なのか。井岡が無敗対決に敗れ、プロ初黒星。叔父で元世界2階級制覇王者の弘樹・西日本ボクシング協会会長が4度挑んで果たせなかった偉業に、井岡も手が届かなかった。

 「様子を見た」という一回、手数が少なかった。アムナトは足を使いながら、長いリーチを生かして左ジャブや右ストレートを繰り出す技巧派。井岡は東農大時代の08年のキングスカップで敗れているだけに、強引な攻めは危険だが、慎重過ぎた。陣営では中盤以降に34歳の王者が疲労から失速した時に仕掛ける戦略だったが、序盤から手数が少なすぎては相手の体力を消耗させられない。

 距離を詰めようとしても、相手の鋭い左右アッパーや左フックに出はなをくじかれ、三回には右アッパーでぐらつかされた。中盤以降は右ボディーストレートなどが決まる時もあったが、単発。井岡は「2ポイント差で勝ったと思った。ブロックの上からでも(当てられて)ポイントを取られていたのかな」と首をかしげたが、見栄えは悪かった。

 ボクシング界のサラブレッドの25歳は「まだ終わるつもりもないし、終われない。世界3階級制覇を必ずできる日が来ると信じて頑張りたい」と巻き返しを期す。プロ入り後は「記録狙い」のため「促成栽培」で育てられた面もあったが、この敗戦を機に体作りを含めてじっくり鍛え直したい。【安田光高】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon