古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

熱烈なファンに応える期待の1台――「Galaxy Note8」の魅力をひもとく

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/26
熱烈なファンに応える期待の1台――「Galaxy Note8」の魅力をひもとく: 米ニューヨークで発表された「Galaxy Note8」 © ITmedia Mobile 提供 米ニューヨークで発表された「Galaxy Note8」

 去年起こったことは、私も、皆さんも決して忘れない――8月23日(現地時間)に米ニューヨークで開催されたSamsung Electronics(以下「Samsung」)のイベント「Samsung Galaxy UNPACKED 2017」の冒頭で、同社モバイル部門のDJ・コー社長が語った言葉だ。もはや説明は不要かもしれないが、これは2016年に発生した「Galaxy Note7」の発火・焼損事故や、それに伴う大規模なリコールのことだ。このリコールで、SamsungはGalaxy Note7の販売を中止し、業績にも大きなダメージを受けた。一時は、シェア世界1位から転落してしまったほどだ。

 これらを受けて、同社は2017年1月に抜本的な安全対策の強化を発表。翌2月にスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2017」に合わせて行う予定だった「Galaxy S8」「Galaxy S8+」のお披露目を後ろ倒しにしてまで、バッテリーの安全対策には万全を期した。

 そして8月23日、リコールされたNote7の直接的な後継機である「Galaxy Note8」の発表イベントを迎えた。

●異例となるファンへの感謝で始まった「Galaxy Note8」の発表会

 事故からまだ1年ということもあり、Samsungが慎重になるのは当然のことだ。ただ、Note7のリコールについて、今回のイベントでもあえて触れたのは「安全であることを改めてアピールするため」というわけではない。むしろ、発表の内容を見ると、Samsungが「ファンとの強固なつながり」がGalaxy Noteシリーズの特徴であると捉えているために触れたのだと分かる。

 イベントは、コー氏が苦境にあえぐSamsungを見捨てなかったファンに対し感謝の意を示すところから始まった。コー氏によると、大規模なリコールに発展しながらも「Noteのロイヤリティユーザー(忠誠度の高いユーザー)は我々のもとに残ってくれた」という。実際、Samsung関係者によると、Galaxy Noteシリーズのリピート率は他の商品よりも高いという。

 イベントで紹介されたアンケートの結果も、Noteシリーズユーザーのロイヤリティの高さを示している。このアンケートによると、約74%のユーザーがGalaxy Noteを「最高の1台」だと思っており、85%のユーザーが友人や知人などに勧めたいほど満足しているという。コー氏が「Noteが他のスマホとは違うだけでなく、Noteユーザーも他のスマホのユーザーと決定的に違う」と述べたのはそのためだ。

 元々、Galaxy Noteシリーズは熱心なファンに支えられてきた。初代「GALAXY Note」が2011年に発表された際は「ペンの力と大画面のメリットを理解できない人もいた」(コー氏)一方で、「何百万もの人が、Noteを単なるスマホ以上の存在だと認識した」(同)。その後、各社のスマホが軒並み大画面化したことを考えると、GALAXY Noteには先見の明があったといえる。マーケティング用語でいう、いわゆる「アーリーアダプター」に支えられてきたともいえる。

 うがった見方をすると、ファンへの感謝、新製品を盛り上げるための「演出」のように思えるかもしれない。実際、Samsung側にも、そうした狙いがまったくなかったわけではないだろう。ただ、会場からは通常のUNPACKED以上の熱気を感じたのも事実だ。プレゼンテーションが終わった際には大きな拍手が飛び、製品の展示コーナーには、我先にと多くの報道陣やパートナーが詰めかけた。メディアとパートナーを合わせた参加者が、過去最高の1764人にのぼったことも、この熱気を数字で裏付ける。

●最先端の技術を盛り込み、ユーザーの期待に応えた「Galaxy Note8」

 このような忠誠心の高いユーザーがターゲットになっていることもあり、イベントで発表された「Galaxy Note8」は、最先端の技術を結集させた製品に仕上がっていた。

 大きな特徴は、3つある。

 1つ目が、アスペクト比9対18.5の6.3型「Infinity Display」。Galaxy S8/S8+と同様に、ギリギリまで細くしたサイドの額縁と左右が湾曲したエッジスクリーンが相まって、あたかも映像が浮かんでいるかのように見えるディスプレイは健在だ。S8/S8+と同様にホームボタンを廃したこともあって、上下のベゼルも細い。しかも前面のカラーを黒に統一して存在感を薄くしているため、ほぼ全面がディスプレイのように見える。

 ディスプレイの表示領域が広がったことで、Galaxy S8/S8+にはなかった、Noteシリーズならではのメリットも生まれる。映像が見やすくなったり、マルチウィンドウで2つのアプリを同時に表示させやすくなったりする点は共通だが、「Sペン」で文字や絵を書けるのはGalaxy Noteならではの機能。従来モデルよりも縦に広いので、書き込める範囲がより増えた格好になる。

 発表会に登壇した製品戦略担当シニアヴァイスプレジデントのジャスティン・デニス氏は「Infinity Displayはゲームチェンジャーだ」と語っていたが、この点こそが他のスマホとGalaxyシリーズを大きく分ける特徴になった。しかも、Galaxy Note8では「Infinity DisplayにSペンの技術が融合された」(同)のだ。

 そのSペンが、2つ目の特徴だ。Sペンのスペックそのものは、「廃盤」したGalaxy Note 7と同じだが、市場で販売され続けてきた「Galaxy Note5」と比較すると、スキャンレートが360Hzに上がり、応答速度などを含めた書き味は大きく向上している。Bluetoothでのペアリングや充電をする必要がない上、ペン先が0.7mmと細くて書きやすいのもSペンのメリット。タッチパネル側に特殊な仕組みを入れることで、4096段階で筆圧を検知することもできる。

 「対Galaxy Note7」という観点で見ると、強化された部分はソフトウェアになる。ディスプレイを消灯した状態からすぐにメモが取れる機能は、ノートを100ページまで追加できるように進化。有機ELディスプレイの省電力性能を生かして時計やカレンダーなどを常時表示できる「Always On Display」と組み合わせて、ToDoなどのメモを画面上に張りつけておけるのも便利な機能だ。

 Sペンの用途を単なるメモ以上に広げていこうとする意思も感じられた。新たに搭載された「Live Message」という機能を使うと、文字や絵を書くプロセスをアニメーションにして、スタンプのように友人や知人に送信することができる。写真の上に文字を重ねてもいい。キーボードから直接呼び出してメッセンジャーのいち機能のように使える工夫もある。スマホの本質がコミュニケーションツールであることを考えると、メモ以上に人気が出る機能になるかもしれない。

●ついに「デュアルカメラ」搭載に踏み切ったSamsung 日本ではどうなる?

 そして3つ目の特徴が「デュアルカメラ」である。Galaxy Note8には、2つのアウトカメラが搭載されている。1つはGalaxy S8/S8+などと同じ「1200万画素・F1.7」のカメラ。元々明るく撮れると定評のあったGalaxyシリーズのカメラだが、Galaxy Note8でも、これは踏襲されている。ここに、もう1つ、2倍相当の望遠カメラを加えたというのがNote8のデュアルカメラだ。

 2つ目のカメラが搭載された結果、ワンタッチで光学2倍ズーム相当まで被写体に寄ることが可能になった。デジタルズームではつぶれてしまっていたディテールも、この方法なら鮮明に残せる。また、2つのカメラで被写体と背景を見分けて深度の情報を記録し、ボケ味を強調した写真が撮れるようになった。撮った写真のボケの強弱を、後から変更することもできる。

 とはいえ、デュアルカメラを使って光学ズームを実現するという技術は約1年前にAppleが「iPhone 7 Plus」で実現している。その後ASUSもこれに追随し、8月に発表された「ZenFone 4 Pro」にも同様の機能が搭載されている。デュアルカメラは業界のトレンドとして、フラッグシップモデルには必要不可欠な要素になりつつある。しかし、それ自体は目新しいものではない。Samsungもそれを分かっているのか、iPhone 7 Plusと比較しながら「両方のカメラに光学手ブレ補正が搭載されているのはGalaxy Note8だけ」とアピールしていた。

 ここまで見てきたように、Galaxy Note8は熱狂的なファンの期待に応える端末として、最新の機能を盛り込み、高い完成度を実現した。米国では9月15日に発売される予定で、すでに大手キャリアが続々と取り扱いを表明し、予約を受け付けている。Galaxy Note7を購入したユーザーに割引を提供するなど、手厚いキャンペーンも展開される見通しだ。Galaxy Note8の売れ行きがよければ、事故のイメージを完全に払拭(ふっしょく)できるだけに、Samsungとしては否が応でも気合が入るというわけだ。

 翻って日本ではどうか。現時点ではどのキャリアも取り扱いを表明していないが、例年通りであれば、NTTドコモとau(KDDI)から発売される可能性が高い。グローバルと異なり、日本ではGalaxy Note 7の先代前に当たるGalaxy Note5が発売されなかったという特殊な事情もある。2年ぶりの登場が期待されていたGalaxy Note7も、冒頭に上げたリコールに伴い発売を予定していたドコモ、auともに市場への投入を断念せざるを得なくしまった。結果として、もしGalaxy Note8が日本で発売されれば“3年ぶりのGalaxy Note”ということになる。

 確かに日本でもGalaxy Noteのユーザーはリピート率が高く、「Galaxy Note Edge」ユーザーの受け皿になることは期待できそうだ。一方で、2世代分のブランクが、売れ行きにどう影響するのかは未知数だ。スマホに大画面のみを求めるユーザーは、すでにGalaxy S8+や他社の大画面スマートフォンに機種変更してしまっている可能性もある。平均的なスマホの利用期間が2年から3年に伸びていることを考えても、徐々にユーザーは減りだしてしまっている。ここにどう歯止めをかけるのかは、キャリアやSamsungにとって腕の見せ所といえるだろう。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon