古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

独テレビ討論、世論調査でメルケル首相がリード保つ

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/04

[ベルリン 3日 ロイター] - ドイツで3日、24日の連邦議会選挙を控えて最初で最後のテレビ討論が行われた。対立候補である社会民主党(SPD)のシュルツ党首が4選を目指すメルケル首相の難民政策や対トルコ関係、トランプ米大統領への対応などを批判したが、世論調査の結果によると、メルケル首相は優位を維持したもようだ。

独テレビ討論、世論調査でメルケル首相がリード保つ © REUTERS 独テレビ討論、世論調査でメルケル首相がリード保つ

討論会前の支持率はメルケル首相がシュルツ党首を14ポイント程度リードしていた。

インフラテスト・ディマップがARDテレビの委託で実施した調査によると、首相の方が説得力があるとの回答が55%、シュルツ党首との回答が35%だった。

メルケル首相は信頼性でも49%と、シュルツ氏の29%を大きくリードした。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon